4KゲーミングPCの選び方

公開日: : 最終更新日:2016/09/14

Pocket

SnapCrab_NoName_2016-8-18_19-43-44_No-00_R

4Kゲーミングは今までのゲームのプレイよりより高精細な画面でプレイする事が出来るので、ゲーム体験そのものが体感でアップする事が可能です。今までのゲームの正当進化という形です。2016年はVR元年と言われておりVRの分野も発展していますが、従来のゲーム体験をよりスペックをアップした形なので今までのゲーム体験の延長線上でプレイ出来ます。

4KモニターはPCゲーマーなら導入すべき?メリット・デメリット

4Kモニターについても解説しているので合わせて参考にしてみて下さい。

4K解像度とは

4Kは現在の一般的な解像度のフルHD画質の4倍に当たる画面解像度です。つまりフルHDのモニターを4枚並べた画質という事になります。それがギュッと凝縮されて同じインチのモニターに映るので非常に高精細な画面で見る事が可能になります。

Resolucions_4k

HD画質:1280×720px

FHD画質:1920×1080px

2K画質:2560×1440px

4K画質:3840×2160px(フルHDの4倍の画質)

4KのゲーミングPCにおける難点は?

これだけの画質でゲームを描画するにはスペックも当然跳ね上がります。パソコンでゲームをプレイした事がある人ならスペックが足りない時は解像度を落とすという行為をした事があるかと思いますが、4Kではその真逆なので当然スペックが必要という事が分かるかと思います。 更にモニターも4K画質に対応したモニターを用意する必要があります。ですが、最近では価格も前に比べると下がっているので入手の難易度は格段に下がっている印象です。

GTA5で4K

 

動画を見てみるとわかりますがGTX1080SLIでは4K画質のウルトラ設定でも60FPSを下回らずに快適にプレイ出来ています。さすがにこれはシングルのGPUでは厳しいので4Kでゲームを本気でプレイするのならGTX1080のSLIが現状最もベターです。シングルのGTX1080だと4Kでゲームをプレイすると最新のタイトルではカクついたりする事もあります。

4K画質を常用するならGTX1080SLIがベター

ガレリア ZG-SLI
grone_410 CPU core i7-6700K
メモリ 16GB
GPU GTX1080SLI
HDD SSD 525GB、HDD2TB
電源 800W (80PLUS GOLD / EPS-1780GA1)
マザー Z170
価格 299,980 円(+税)

4Kは要求されるスペックが高いですが、フルHDと比べて鮮明に見えます。4Kモニターで表示されるモニターを見て遠目から見た時はゲームのキャラクターが浮き上がって見えると感じたほどです。4Kでゲームをプレイしたいけどスペック不足は困るという方にはGTX1080SLI搭載のガレリア ZG-SLIをおすすめします。

Pocket

🔺TOP