4KモニターはPCゲーマーなら導入すべき?メリット・デメリット

公開日: : 最終更新日:2016/08/19

Pocket

メリット

4Kモニターは画質が超美麗

SnapCrab_NoName_2016-8-18_19-43-44_No-00_R

最初にフルHD(1980×1080)の解像度で今までプレイしていたゲームから4K(3840×2160)モニターに移行した時に感じる高揚感は世界が変わったと実感するには十分な程の破壊力を持っています。

実際に解像度がフルHD4枚分の解像度なので文字はよりくっきりと見やすくなっていたり、全体的に細部までくっきりと見えるので今までプレイしていたゲームでも新鮮な気持ちでプレイする事が可能です。

4Kモニターを導入して実感出来るポイントがPCゲームでは大きい

4Kのコンテンツというのはテレビでも衛生放送が一部対応しているくらいで地上波ですし、Ultra HD Blu-rayなど4Kに対応した映画が発売されたりしていますが、まだまだ市場が成熟していないのでソフトの数も少ないです。ですが、ゲームの4Kは少し古めのゲームでも対応していたりしますし、最新ゲームならほぼほぼ対応しているので4Kモニターを導入したらすぐに実感する事が可能です。

SnapCrab_NoName_2016-8-18_19-43-2_No-00_R

具体的には管理人は4Kモニターを導入してすぐにBF4を起動してプレイしましたが、設定項目から解像度を変更するだけで適用されました。初めて4KPCゲームを体感した瞬間は自然と笑いが出るくらい美麗でした。

ovw

画像はクリックで拡大します。あくまでイメージですが、4Kでのスクショと2Kでのスクショを取って解像度が違うので等倍にした画像になります。解像度2000pxの画像なのでフルHDのモニターを使っている方でも何となく分かるかなと思います。トレーサーの文字のくっきり感が違います。あくまでイメージなのでこればっかりはプレイして実感しないと分からないポイントだと思いますが、そんな感じで細かい所が細部に渡って違うので全体で見た時の見え方が変わってきます。

 

デメリット

4Kディスプレイにはメリットだけでは無くデメリットも存在します。

スケーリングしないで使うには大画面4Kディスプレイが必要

SnapCrab_NoName_2016-8-19_16-12-55_No-00_R

4K解像度という事は逆にいうとフルHDと同じインチ数だとデスクトップに並んでいるアイコンは米粒のように小さくなってしまいますし、ブラウザで文字を読むにも小さすぎて虫眼鏡が必要になる位の文字の小ささです。確実に目が疲れるので対処法としては大画面の4Kディスプレイを導入するか、スケーリングという機能を使う方法があります。

大画面4Kディスプレイを導入する際のメリット・デメリット

大画面4Kだと視線移動が多くて疲れるという人もいますし、FPSなどのゲームだと常に中央の照準に焦点を当てて見るから問題無いという人もいると思うのでそこは個人の判断かと思います。問題は物理的に40インチを超えるディスプレイをPCデスクに置ける環境の方が限られるという方が問題かと思います。ここで諦めてしまって4Kを導入しないという選択を取る方もいるかと思いますが、個人的には27インチの4Kでもスケーリングを使えば問題無いと思っています。

スケーリングを活用してのメリット・デメリット

設定 2016_08_17 14_50_37

Windowsにはテキストなどのサイズを拡大する機能が付いているのですが、メリットは27インチ程度のインチサイズでも150%程度なら普通に米粒にはならずに文字が認識出来ます。ただ、このスケーリング機能は完璧では無く、ソフトが対応していない事も多いのでぼやけたような表示になります。

ただ、文字がぼやけるだけなので実用上は問題無いです。

screenshot.1

ぼやけを解消する方法としては大抵のソフトはプロパティの「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」にチェックを入れる事で普通に表示されるようになります。

4Kでの要求スペックは高い

4Kの場合は普通の画質でPCゲームをプレイするにもかなりの要求スペックが必要になりなります。単純に考えてフルHDを4枚分の解像度になるので、解像度を上げると要求スペックが高くなるというのはPCゲームの常識ですが、フルHDと4Kだと要求スペックが違うのである程度のスペックのゲーミングPCが必要になります。

オーバーウォッチ 最高設定(GTX1070)
フルHD 100FPS
4K 48FPS

計測は同環境でFrapsの平均FPSを使用しています。例としてオーバーウォッチのフルHDと4KのFPS値を計測すると約半分程度FPS値が落ち込んでいます。これらのFPSは個別タイトルで変わってきますし、グラフィックボードの最新の製品と古い製品でも変わってくるのですが、基本的にはかなり要求スペックが上がるので最新の高性能なグラフィックボードを搭載したゲーミングPCが必要になります。

4KのゲーミングPCの選び方

4KゲーミングPCの選び方 4Kは高性能なゲーミングPCが必要です。4Kに対応しうるゲーミングPCの選び方はこちらで解説しています。

Pocket

🔺TOP