安いゲーミングPCと高いゲーミングPCはどっちがお得なのか?

公開日: :

Pocket

本音で言えば安いゲーミングPCが欲しいけれど、安いゲーミングPCはコスパが悪いらしいから高いゲーミングPC買うかどうか迷ってるという方もいると思います。

推奨としては15〜20万円のゲーミングPCがおすすめな選び方ですが何でこのラインがおすすめなのかという部分の解説をしていきます。

PCゲームは自由に設定を変更する事が可能

PCゲームの場合にはほとんどのゲームでグラフィックの設定を調整する事が可能です。

プリセットと呼ばれる標準で搭載されている設定項目を変更するのが初心者さんにはおすすめな設定方法になります。

これで設定を調整してしまえばフレームレート、つまりどのくらいサクサク動かくのかの指標となる目安ですがこの数字がガクンと上がります。

なので設定を調整してしまえば基本的に15~20万円前後のゲーミングPCならどんなタイトルも動作する事が見込めます。

同じ価格でゲームを買ったのに環境依存なので画質やフレームレートで差がある

(Steamだとセールで安くゲームが買える場合も)

ゲーム1本の価格は安いのだと数百円から高いソフトなら1万円程度までありますが、そのお金でゲームを買っているのにスペック依存であるPCゲームの場合にはみんなが違う環境でゲームをプレイするのでより高画質で楽しむ人と設定で最低限まで落としてゲームをプレイする方や買ったけどゲームが起動しない、またはカクカクしてしまうという方までいます。

なのでゲームソフトのお金がもったいないという考え方が大前提としてあります。

7千円~8千円もお金出してゲームソフトを10本買ったとしたらそれだけで7万円~8万円です。長期的な目線でゲームをみると意外と出費しているという方も多いのではないでしょうか?

これはあくまでもSteamでのゲームの話なので無料オンラインゲームの場合には課金がある場合がほとんど!月2万円くらいならいいかーと課金している方は1年で回収できる金額です。

なのでゲーミングPCで15~20万円という価格を見ると高いと感じる方もいるとは思いますが、色んなゲームがプレイできる恩恵が得られるのでこの価格帯の方がコスパ良かったりするんですよね!

15〜20万円のゲーミングPCならフルHD環境ならほとんどのゲームで快適に動作する事が見込める

大抵その価格帯になるという事はグラフィックボードやCPUやメモリなど色んなパーツの構成的にその価格になっているのでほとんどのゲームで快適に動作をする事が見込めます。

この辺りは個人差が結構あるのですが、例えばFPS系のゲームで絶対に敵との戦いで妥協したくないから最高スペックしかあり得ないという方もいると思いますし、ゲーム配信や実況を想定しているから最高スペックでプロ級の実況環境を整えるぜ!みたいな場合もあるとは思います。

逆にそこそこのラインで無難に楽しめればいいから10万円~15万円で選びたいなどそれぞれ違うとは思いますが、より多くのゲームをプレイする場合にはこの辺りの価格帯というのが総合的に考えるとやっぱりおすすめにはなります。

後はカスタマイズに対応しているというのがBTOでゲーミングPCを買うメリットなのでデュアルモニターでYouTubeの動画を見たり動画配信サービスの動画を見ながらゲームのレベル上げをしたいという場合にはメモリのカスタマイズをしたり、いっぱいゲームを常時プレイしたいからSSDの容量を増やしてみるなどにはBTOでゲーミングPCを買う場合にはほとんど対応しているのでどういう使い方を想定するのかという部分を考えながらカスタマイズするとより満足感の高いゲーミングPC選びができると思います。

安いゲーミングPCのメリットとデメリット

(FF15の最高設定と最低設定)

安いゲーミングPC(10万円前後、またはそれ以下)のメリットはゲームとなると非力なイメージがあると思いますが一般的なパソコンと比較するとスペックが高く安いのがメリット!

そこまでガチガチにゲームをやらないのであれば一番性能の低いグラフィックボードでも設定を調整したりすれば、通用するゲームも意外と多いのがメリットです。画質設定を下げる事に抵抗が無いのであればコスパよくゲーミングPCを運用する事が可能です。

デメリットは場合によってはグラフィックボードやメモリやCPUなどどこかで破綻が見られてそこがボトルネックになってゲームが起動しない事やカクカクな動作になって不満がある方もいる可能性はあります。

なので高いゲーミングPCを無理やりおすすめしている訳では無いので予算が限られていたりゲームをそこそこ楽しめればOKという方は安いゲーミングPCを買ってもプレイするタイトル次第ですが、楽しめる場合もあると思います。

高いゲーミングPCのメリットとデメリット

20万円を超えるような高いゲーミングPCのメリットは最高設定でほとんどのゲームがプレイ出来たり解像度を上げてより美麗な画面でゲームを楽しんだり、ゲームをプレイする際の選択肢が増えるのが多きなメリットです。

フルHDの液晶を使っていても最高設定でプレイしたり、ゲーミングモニターを使ってヌルヌルな画面でPCゲームをプレイしたり、ウルトラワイドでゲームをプレイしたり、4Kでプレイしたり、VRやったり、MOD導入して快適にゲームをしたりと様々な選択肢があるのがPCゲームなのでそれに対応し得るスペックで考えるとより高いゲーミングPCには相応のグラフィック性能が備わっているのでメリットは多くあるという点は否定できないです。

逆にデメリットは価格が高いという点と人によっては持て余す性能を持っているという点です。将来性という意味でゲーミングPCを選びたいという方やVRやMODを存分に楽しみたいという方、または4Kでゲームをプレイしたいなど一般的なゲームに求める部分とは違う所でのスペックを求めると20万円以上が現実的な選択肢になってきます!

まとめ

ゲーミングPCの場合には基本的には価格=性能という図式が成り立つので高いゲーミングPCを買っても後になって後悔しない選択になる事が多いとは思いますが、人気の価格帯は15~20万円前後というのが相場なのでその辺りでゲーミングPCを選ぶと色んなゲームで快適に楽しめると思います。

画質設定を高くしたり解像度をより高くしたいという方は20万円以上のゲーミングPCを購入する事でより快適にゲームを楽しむ事が可能です。

予算を抑えてコスパよくゲーミングPCを選びたいという方は構成内容的に破綻が無いかという部分には注意が必要ですが、国産のオンラインゲームや推奨スペックが低めなゲームであれば十分楽しむ事が可能だと思います!

Pocket

🔺TOP