モンハン風アクションゲーム《 Dauntless 》の推奨スペック

公開日: : 最終更新日:2018/05/29

Pocket

DauntlessはCo-op型アクションRPGでモンハンのように最大4人で一緒にモンスターを狩りに行けるゲームシステムです。ソロでもOK!基本プレイ無料で始められるので気になる方は是非プレイしてみて下さい。

みんなで一緒にモンスターを見つけて狩りをしている様子です。グラフィック自体はそこまでリアル路線という感じではなくどちらかというとカジュアルな雰囲気があります。

Dauntlessの始め方

Dauntless公式サイト

こちからアカウントを作成してダウンロードするだけで始められます。

Dauntlessの推奨スペック

Dauntlessの必要スペック

OS Windows 7 DX11 Support
CPU i5 SandyBridge
GPU NVidia 660Ti (DX11)
メモリ 4GB
ストレージ 15GB

必要スペックに関してはかなり低めな感じです。メモリ4GBやGTX660Ti、そしてCPUはSandy Bridge世代。久しぶりに聞いた気がします。第2世代のCPUですね。

執筆時現在だと第8世代のCoffee Lakeなのでポケモンで例えるとSandy Bridgeがゲームボーイのポケットモンスター青ならCoffee LakeはポケモンGOみたいなものですかね。

Dauntlessの推奨スペック

OS Windows 10
CPU i7 Haswell
GPU NVidia GTX 970 (DX11) or equivalent
メモリ 8GB
ストレージ 15GB

推奨スペックだとCPUは第4世代のHasewellという事でCore i7-4790/Kが相当します。ターボブースト時の動作クロックが4 GHzのCPUです。

GPUがGTX970という事で現在で言うとGTX1060に相当するグラフィックボードになります。

これから購入される方はとりあえずここを目星にするのがいいかと思います。

メモリに関しては8GBを推奨しています。

メモリは5GBくらいしか使っていないので8GBあれば余裕だと思います。インターネットのタブをよく開く方は16GBあると更に余裕です。

DauntlessのおすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im600SA1-C
OS Windows10 64bit
CPU Core i5-8500
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 240GB HDD 1TB
電源 500W

Core i5-8500なので4.1GHzで動作します。グラフィックはGTX1060を搭載しているので推奨スペックを上回り、メモリは実機で確認しましたが8GBあればOK!なので推奨を満たしています。

ガレリアXT
OS Windows10 64bit
CPU Core i7-8700
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 640GB HDD 1TB
電源 500W

更に予算があるのであればCore i7-8700を積んだガレリアXTがおすすめです。グラボにもGTX1060のVRAM6GB版が搭載されています。初心者の方だとVRAM6GBを選ぶ傾向が強いです。

Pocket

🔺TOP