【FF15】グラフィック設定でどのくらいFPS値が変わるのか計測してみた

公開日: : 最終更新日:2018/04/14

Pocket

FF15の設定によってどのくらいFPS値が変わるのかをGTX1080Ti、GTX1080(推奨)をお借りしたので実機でベンチを取りましたので共有します。

詳しい詳細やスペックについては記事の方でご確認下さい。以下4枚の画像はいずれもレスタルムの街を特定のコースで一周した時のFPS値になります。ロードして繰り返しているので天候条件は同じになっています。

GTX1080Tiで4Kの画質設定(プリセット)によるFPS値の違いを検証

3840×2160(4K)NVIDIAあり

最も重いです。4KだとGTX1080Tiでも平均38FPSと低いので常用は厳しいかと思います。

3840×2160(4K)NVIDIAなし

4KだとNVIDIAの設定を全てオフにする事で最高設定でも常用できるギリギリのレベルは保ってくれます。60FPSには届きませんが、動作困難というほど重いという印象はありません。

GTX1080でFHDの画質設定(プリセット)によるFPS値の違いを検証

1920×1080(FHD)NVIDIAあり

GTX1080Tiだと軽すぎてFHDで計測する意味が無いレベルなのでGTX1080、GTX1070Ti辺りが無難なラインになります。それでもGTX1080辺りあればかなり安心してFF15を楽しめます。

1920×1080(FHD)NVIDIAなし

高リフレッシュレートのモニターを持っている方は活かせそうなレベルのFPS値が出ます。実際には120FPSが上限なのでちょっともったいない設定とも言えますが、とにかく軽さを重視したいという方はNVIDIAを全てオフれば軽く出来ます。

まとめ

プリセットだと低設定は非常に軽いですが、テクスチャ等も含めて考えるとかなり貧弱な画質になってしまうのでおすすめしません。

低設定と最高設定だとこのくらいの違いがあるので低設定だとPC版でやる意味が薄れてしまうと思うのでせっかくなら良い画質でプレイするのがおすすめです。

高か最高設定辺りでTurf Effectsをオンにしてプレイするのが個人的にはおすすめな設定になります。

Pocket

🔺TOP