【ドスパラ】GALLERIA Gamemaster GXの実機&性能レビュー

公開日: :

Pocket

kt_13

ドスパラさんからGTX1080搭載の『ガレリア ゲームマスターGX』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。

ゲームマスターシリーズはサポートに力を入れたシリーズで、特に初心者の方や初めてゲームPCを購入するという方におすすめのシリーズになっています。

ゲームマスターとは?

実機性能や製品レビューに入る前にこのゲームマスターについて解説していきます。2016年8月17日にガレリアの新シリーズとして「GALLERIA Gamemaster」というシリーズが発表されました。

  • 40タイトル以上のゲームの動作をサポート
  • サポート受付時間の延長:通常は午前9時~午後21時ですが、4時間延長して午前1時まで対応
  • BTOカスタマイズには対応していない

以上のような特徴があります。サポートの内容ですが、一般的なサポートに加えて、ダウンロード、インストール、チュートリアル、ログインに関するサポートなどを行ってくれるそうです。

PCゲーム初心者の方には非常に助かるサービスだと思います。一番最初にPCゲームをプレイした時にオンラインゲームだとクライアントをダウンロードしたりやる事が多くて大変だと感じた事を記憶していますが、経験者にとってはどうって事も無い作業も初心者だと大変だと思うので周りにPCゲームについて聞ける人がいないという場合にはゲームマスターのPCを購入してPCゲームにまず慣れるという意味では非常におすすめだと思います。

サポートの時間延長も、例えば土日休みで金曜日の夜10時くらいにオンラインゲームなどをやろうと思っていざダウンロードしよう!と思ったけど「つまずいてしまった!」という場合に深夜1時まで対応してくれるのは心強いですね。

そしてもう一つの特徴としてBTO(カスタマイズ)には対応していないので、そのままの構成をそのまま購入するという感じです。いわゆる即日お持ち帰り商品のようなスタンスです。逆にPC初心者からしたらあらゆる選択肢の中から自分に合ったカスタマイズをしなくちゃいけないというプレッシャーからは開放されて、純粋にプロが選定したゲームに最適化してある商品を購入するだけというのは心理的負担も少なくていいのでは無いかとも思います。

価格面でのデメリットは?

当然サービスが手厚くなると価格も高くなるのは仕方無いと思いますが、どの程度の差があるのか?というのも気になると思うのでまとめました。

商品名 Gamemaster GX ガレリア ZG
CPU Core i7-6700 Core i7-6700K
GPU GTX1080 GTX1080
メモリ 16GB(DDR4) 16GB(DDR4)
マザー H170 Z170
電源 800W  (80PLUS TITANIUM) 800W  (80PLUS GOLD)
ストレージ 480GB SSD+2TB HDD 240GB SSD(NVMe)+2TB HDD
価格 214,980円(+税) 209,980 円(+税)

記事執筆時(2016/11/21)の情報です。CPU、マザー、電源、ストレージなどの違いがありますが、正直この程度なら納得出来るという方の方が多いのでは無いでしょうか?

友人にPCをすすめる場合、自分がその後全くアドバイスしないと仮定した場合はこのくらいの価格差と構成内容ならばGamemaster GXをおすすめすると思います。

GALLERIA Gamemaster GX

kt_410

CPU:Core i7-6700
メモリ:16GB
GPU:GeForce GTX1080(8GB)

ケース外観

それではケース外観を見ていきましょう。

前面

img_2432_111316_120041_pm_r

前面の上部に光学ドライブが搭載されています。真ん中あたりにインターフェースが集中しており、USB3.0×2、SDカードリーダー、オーディオ端子、電源ボタンと並んでいます。

さらっとした質感でほこりがたまってもさっと払ってしまえば気になりませんし、指紋もそこまで気にならないかと思います。

左側面

img_2430_r

左側側面はグラフィックボードとCPUの所がメッシュになっており、外気を取り込んで吸気し、冷却性能がアップしております。グラフィックボードが光るタイプだとここからLED等が搭載されていれば光っているのが見えます。

右側面

img_2437_r

右側側面には右上に外気を吸気するメッシュが付いています。これはマザーボードを冷却する効果があります。

背面

img_2491_r_112116_031252_pm

背面はこのような感じです。マザーボードの端子に加えて、外部出力にディスプレイポート×3、HDMI端子、DVI端子になっています。80PLUS TITANIUMのブラックの電源がカッコイイと思います。

天板

img_2431_r

天板には排気のファンが取り付けられています。

ガレリア Gamemaster GXの内部

img_2492_r

内部はこのような構成内容になっています。

img_2497_r

CPUファンには標準で静音パックまんぞくコースのCPUファンが取り付けられています。グリスにはナノダイヤモンドサーマルグリスが仕様されていて、同梱物にもグリスが同梱されていました。

img_2501_r

グラフィックボードにはPalitのGTX1080が搭載されています。

img_2495_r

電源は大容量の800W電源が採用されており、80PLUS TITANIUMなので電力効率が良く電気代の節約にもなります。

同梱物

img_2502_r

同梱物には取扱説明書やドライバのCDなどが同梱されています。マウスとキーボードも入っているのですぐにゲームをプレイする事が可能です。

スペック

OS Windows10
CPU Core i7-6700
GPU GeForce GTX 1080(8GB)
メモリ 16GB
マザーボード H170
HDD SSD 480GB、HDD 2TB
電源 800W  (80PLUS TITANIUM)

※情報は記事執筆時のものになります。最新の詳細は公式ページでご確認下さい。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド

2016-11-20_16h23_55_r

FF14の蒼天のイシュガルドのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。フルHD環境なら最高設定でも7,000は余裕で越えているので快適にプレイ可能です。

設定 画面サイズ DirectX スコア
最高品質 3840×2160 11 6772
高品質 3840×2160 11 7812
標準品質 3840×2160 11 13985
最高品質 3840×2160 9 8887
高品質 3840×2160 9 9090
標準品質 3840×2160 9 16674
最高品質 1920×1080 11 17150
高品質 1920×1080 11 17563
標準品質 1920×1080 11 21163
最高品質 1920×1080 9 17675
高品質 1920×1080 9 18001
標準品質 1920×1080 9 20898

ドラゴンクエストX

2016-11-20_14h34_38

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 3840×2160 17949
標準品質 3840×2160 18746
低品質 3840×2160 19615
最高品質 1920×1080 19503
標準品質 1920×1080 19663
低品質 1920×1080 20290

ドラゴンズドグマオンライン

2016-11-20_17h54_12_r

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 10999
標準品質 1920×1080 11404
低品質 1920×1080 11380

モンスターハンター第三弾(大討伐)

2016-11-20_18h26_14_r

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは35586というスコアが出ています。High Grade Editionでも問題無く快適にプレイする事が可能なスペックです。

設定 画面サイズ スコア
最高設定 3840×2160 12409
最高設定 1920×1080 41615

PSO2ベンチマーク ver.4

pso20161120_191553_000_r

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6で73447というスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

設定 画面サイズ スコア
簡易設定6(最高設定) 1920×1080 48844
簡易設定5 1920×1080 58494

3DMark

2016-11-20_20h56_09_r

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。 Fire StrikeについてはゲーミングPC用のベンチマークになるのでゲーミングPCの場合は基本的にFire Strikeを参考にするといいでしょう。Fire Strike Ultraは4Kでの3Dゲームのパフォーマンスを計測しています。

2016-11-20_20h56_38_r

better than 91% of all resultと出ています。すべての結果の91%よりも良いですという事は上位9%に位置しています。

Dmark スコア Graphics score Physics score Combined score
Fire Strike 15591 20556 10866 7222
Fire Strike Ultra 4946 4982 10797 2650

Time Spy

2016-11-20_21h29_26_r

Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

スコア Graphics score CPU test
5724 5843 5136

SteamVRパフォーマンステスト

2016-11-20_22h20_37

SteamにあるSteam Performance testの結果ではVRレディとなっています。VRはGTX970が推奨要件になっているのでそれをGTX1080はスペックで大きく上回っています。

平均忠実度 テストされたフレーム 90fps以下のフレーム CPUバウンドフレーム
11(非常に高い) 15001 0 1

SSD&HDDの速度

SSD HDD
2016-11-20_18h32_18 2016-11-20_18h37_36

SSDはたっぷり480GBもあるのでたくさんゲームをインストールしたりしても十分足りる容量だと思います。HDDも2TBあるので頻繁に使わないファイルはHDDに入れてと使い分ける事が可能です。

まとめ

ゲームマスターに関しては冒頭で申し上げたとおり、初心者には非常に手厚いサービスとなっているのでおすすめです。またこのGXは最新のグラフィックボードの中でもハイスペックのGTX1080を搭載しているのでほぼどんなゲームも現状では余裕でプレイ可能です。

今までPCゲームには触れてこなかったけれど、PCのVRに興味が出たので「ゲームPC買ってみような」という方や、e-sports系のゲームの配信を見て自分もやってみたくなったので「ゲームPC買ってみような」という方などにはサポートが手厚いのはいい事だと思うのでそういう方には特におすすめです。

パーツも高品質なパーツが使われているので長時間プレイにも耐久性があるかと思います。

逆にPCに詳しい方にはサポートは使わないと思うので普通のドスパラで従来通り販売されているガレリアを選択する方が結果的にコストを下げられるのでおすすめです。

GALLERIA Gamemaster GX

kt_410

CPU:Core i7-6700
メモリ:16GB
GPU:GeForce GTX1080(8GB)

Pocket

🔺TOP