【ドスパラ】ガレリア GKF1060GFの実機&性能レビュー

公開日: :

Pocket

ドスパラさんから販売されている「ガレリア GKF1060GF」をお借りしたので実機レビューしていきます。

GKF1060GFの特徴としてはノートPCとしては非常にスペックの高いGTX1060が搭載されているのでデスクトップのGTX1060搭載機と比較しても遜色の無いスペックを誇ります。

>> ガレリア ノートPCラインナップ一覧 <<

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはGTX1060が搭載されていて、CPUが第7世代のKaby Lake搭載のガレリアGKF1060GFというモデルになります。

GTX1060のラインナップには同じ15.6インチのGEFというモデルもありますが、こちらは薄型モデルとなっています。GKF1060GEFのレビューはこちらでしているので気になる方はそちらも併せて参考にしてみてください。

スペック

GALLERIA GKF1060GF
OS Windows10 Home 64bit
CPU Core i7 7700HQ
グラフィック GTX1060(6GB)
メモリ 8GB PC4-19200 (8GB×1)
SSD 250GB
HDD 1TB
液晶 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
重量 約 2.35kg
スペックに関しての注意点

※情報は記事執筆時点のものになります。最新の製品の詳細や価格については公式ページで必ずご確認下さい。

外観をチェック

正面

開閉時 前面アクセント
 電源ボタンは右上上部に配置 Sound Blaster cinema3付属

液晶上部にHD画質のWebカメラが搭載し、10キー付きのキーボードが搭載しています。アクセント部分は光ったりはしません。

キーボード右上に電源ボタンの他にP1と書かれたボタンは任意のアプリケーションを起動する事が出来るボタンとなっており、その横のファンが回っているようなアイコンは押すとファンを最大まで上げるクーラブーストというボタンになっています。

スピーカーも迫力ある音を楽しめますが、付属ソフトのSound Blaster Cinema 3を活用する事で臨場感のある音で音楽や映画、そしてゲームを楽しむ事が可能です。

側面

左側面 右側面

左側面は、ケンジントンロック、有線LAN、USB3.1×1(TypeC)、USB3.0×2、HDMI 1.4 x1, Mini-DisplayPort x1、ヘッドホン端子、マイク端子が付いています。

右側面は、光学ドライブ、USB2.0×1、カードリーダー、電源入力端子が付いています。

背面

背面から排気

底面

 左上と右上にあるのが排気口になっています。

天板

天板にはヘアライン加工が施されています ガレリアロゴ

画像だと少し分かりづらいかもしれませんが、天板はよく見ると手前側にラインが入っていますが、そこの素材と天板の素材が違っていて天板全体の方はヘアライン加工が施されています。

ガレリアのロゴをアップで撮った写真の方が分かりやすいと思いますが、光が当たっている所を見るとよく分かるかと思います。

キーボード

全体 アップ
タッチパッド KLM
カチっというクリック感があるタイプです キーボードイルミの管理ソフト

キーボードはバックライトで光ります。付属ソフトを使う事でカラーに関してはコントロールする事が可能です。

ACアダプター

694g

CPU-Z

名前 Core i7 7700HQ
コア数 4
スレッド数 8
ベースクロック 2.80GHz
ブーストクロック 3.80 GHz
TDP 45W

GPU-Z

名前 GeForce GTX1060
ベースクロック 1405MHz
ブーストクロック 1671MHz

消費電力

アイドル時 高負荷時
18.2W 113W

※高負荷時は3Dmark(FireStrike)実行時の消費電力をワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

各種ベンチマークを計測

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15
CPU 745
CPU(Single Core) 156

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

FF14の紅蓮の解放者のベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。フルHD環境なら余裕で最高設定でも余裕で7,000は越えています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 9826
高品質 1920×1080 11236
標準品質 1920×1080 12198

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 15739
標準品質 1920×1080 16170
低品質 1920×1080 17122

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 8812
標準品質 1920×1080 9050
低品質 1920×1080 9110

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは20837というスコアが出ています。快適にMHFもプレイする事が可能です。

画面サイズ スコア
1920×1080 20837

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6で19212というスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

設定 画面サイズ スコア
簡易設定6(最高設定) 1920×1080 19212
簡易設定5 1920×1080 21332

3DMARK

Fire Strike Fire Strike EXtreme
Fire Strike Ultra Time Spy

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

Fire Strike スコア Graphics score Physics score Combined score
Fire Strike 9632 11337 10443 4292
Fire Strike EXtreme 5028 5278 10439 2358
Fire Strike Ultra 2598 2524 10444 1365
Time Spy スコア Graphics score CPU score
Time Spy 3681 3628 4019

VRMARK

Orange Room Blue Room

Orange、Blue共にスコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークです。

Blue Roomに関しては将来のVRを見据えたベンチマークになっています。

VRMARK スコア Avg FPS
Orange Room 6135 133.75
Blue Room 1099 23.95

SSD&HDDの速度

SSD HDD

SSDは250GB搭載しています。BTOなのでストレージに関してはカスタマイズする事も可能です。HDDとハイブリッド構成なので頻繁に使わないデータと使い分ける事が出来て便利です。

ゲームのベンチマークを計測

タイトル 解像度 画質 FPS
 GTA5 1920×1080(DX11) MAX 58.8※1
 Steep   1920×1080 57
79
95
102
 Rise of the Tomb Raider 1920×1080(DX11) 最高 68.04
87.58
最低 117.46

※1 GTA5はグラフィックス設定を出来るだけ最大限MAXに設定しました。高度なグラフィックス設定はオールオフでのFPS値になります。

まとめ

ゲーム性能について

本機のゲーム性能に関してはGTX1060&Corei7 7700HQを搭載している事でフルHDゲームを軽めなゲームなら最高設定、重めなゲームでも高設定辺りで快適にプレイ出来るスペックを誇ります。

3DMARK Fire Strike Graphic Score(Note)
GTX1070 15710
GTX1060 11100
GTX1050Ti 7780

GTX1050Ti搭載でキーボードイルミ付きのガレリア GKF1050TGFが記事執筆時で定価139,980円、本機が定価169,800円なので価格差が30,000円ですが、ストレージがSSDとHDDのハイブリッドで無い事を考えると価格差はカスタマイズすると更に縮まります。

例えば、予算15万円以内にどうしてもフォーカスを合わせたいという場合はGKF1050TGF一択ですが、グラフィック性能を高めたいという場合の選択肢としてGKF1060GFはGTX1050Tiと比較して1.5倍程度の性能差があるので実利としてのコスパは高いです。

ゲーム性能と価格を考えると本機はコスパが高いのでゲーム性能を重視する方に特におすすめになります。

メリット

  • デスクトップPCと同等のグラフィック性能のGTX1060搭載
  • キーボードイルミネーション搭載
  • SSD搭載&HDD搭載でストレージはバッチリ
  • VR Ready評価でVRもOK
  • 有線LANがKiller E2400搭載でオンラインゲームもGood!

まとめると非の打ち所のないスペックとコスパの高さから実用性という意味では最もおすすめ出来るゲーミングノートPCの1つと言っても過言では無いです。

人気の高いGTX1060搭載でこの価格、またストレージもゲームでロード時間が早まるのでノートPCでSSD搭載は必須レベル、HDDも搭載しているのでゲーム実況などゲームプレイ動画をHDDに保存したりとゲーマーには必須な環境が揃っています。

また有線LANがKiller E2400搭載しているのでオンラインゲームでのネットワーク遅延低減に繋がる優秀なLANコントローラーです。

デメリット

デメリットは探そうと躍起になりましたが、見つけられませんでした。それほどコスパの良い製品だと思います。

外観部分でデザイン性に優れた薄型軽量の価格は上がってしまうけどGKF1060GFEという商品と悩むとしたら、実利ではこちらのGFを、デザインで選ぶならGFEかなと思います。

参考 GKF1060GFEのレビューはこちら

GALLERIA GKF1060GF
OS Windows10 Home 64bit
CPU Core i7 7700HQ
グラフィック GTX1060(6GB)
メモリ 8GB PC4-19200 (8GB×1)
SSD 250GB
HDD 1TB
液晶 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
重量 約 2.35kg
Pocket

🔺TOP