【ドスパラ】ガレリア MFの実機&性能レビュー

公開日: :

Pocket

ドスパラさんから販売されている「ガレリア MF」をお借りしたので実機レビューしていきます。

ガレリアMFの特徴としては、コンパクトなミニタワー型なのでデスクの上にも置いても圧迫感を感じないサイズ感と処理性能の高いCPUやフルHDならば十分なスペックを誇るGTX1070が搭載されている事です。

なので、用途としてはガレリアのXシリーズなどでは置き場所の関係等で”大きい”と感じる方でコンパクトなミニタワーを検討されていてPCゲームを快適にプレイしたい方におすすめになります。

>>ガレリア デスクトップPCラインナップ一覧<<

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはMシリーズのGTX1070を搭載したガレリアMFというモデルになります。

スペック

ガレリアMF
OS Windows10 Home 64bit
CPU Core i7 7700
グラフィック GeForce GTX 1070 (8GB)
メモリ 8GB PC4-19200 (4GB×2/デュアルチャネル)
SSD 240GB
HDD 1TB
電源 500W 【80PLUS BRONZE】
マザー B250
スペックに関しての注意点

※情報は記事執筆時点のものになります。最新の製品の詳細や価格については公式ページで必ずご確認下さい。

外観をチェック

ガレリアMシリーズには、ガレリアKTMケースが採用されています。ガレリアのXシリーズやZシリーズに採用されているKTケースよりも小型でコンパクトな仕様になっているので置き場所に困っているという方にもおすすめです。

左側面には側面にメッシュが開いており、CPUやGPUの吸気として冷却性能を高めています。

前面パネルには中央にインターフェースが集中しており、USBやカードリーダーが装備されています。電源ボタンを投入する事でPOWERの横のランプが青く光ります。

天板部分に関しては何も無いシンプルな外観になっています。

背面部分には中央部に排気ファンが付いていて上部に設置された電源も排気の効果があります。

背面のグラフィックボードのディスプレイ出力を見るとDisplayPort×3、HDMI×1、DVI×1となっています。

同梱物

同梱物にはキーボードやマウス、電源ケーブル、ドライバ類などが入っています。

内部パーツをチェック

ガレリアMFの記事執筆時のデフォルト構成です。CPUがCorei7 7700、GPUがGTX1070となっているので基本的にフルHD解像度でゲームをプレイする場合は全く不満無く快適にプレイ出来る環境です。

ストレージには240GBのSSDと1TBのHDDが搭載されているので速度とコスパを両立したハイブリッド型です。ストレージに関してはBTOでカスタマイズする事は可能なので環境に併せて選択するのがいいかと思います。基本的にはこの構成内容でもゲームプレイには支障は全くありません。

メモリは8GB搭載されているので基本的には問題は無いと思いますが、16GBが推奨のPCゲームもあるのでゲームタイトルによっては注意が必要です。

光学ドライブが搭載されています。必要な方はブルーレイにカスタマイズする事も可能です。ストレージに関しては何台も積めるというほど余裕は無いので内蔵のストレージをたくさん積みたい方などはXシリーズなどのミドルタワーを選択した方がいいかと思います。

CPUファンに関しては、記事執筆時ではデフォルトで静音パックまんぞくコースLiteが構成内容に含まれています。リテールでは無いサイドフロー型のよく冷えそうなCPUファンが付いていたのでこれは嬉しいですね。購入される際には構成内容のCPUファンの箇所もよく確認してみて下さい。より上位の静音パックまんぞくコースに変更する事も可能です。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

4K最高品質以外の設定や解像度において非常に快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 3840×2160 5206
標準品質 3840×2160 6080
低品質 3840×2160 11776
最高品質 1920×1080 14059
標準品質 1920×1080 14739
低品質 1920×1080 17548

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 3840×2160 15484
標準品質 3840×2160 17891
低品質 3840×2160 19675
最高品質 1920×1080 19885
標準品質 1920×1080 19311
低品質 1920×1080 20757

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 11397
標準品質 1920×1080 11564
低品質 1920×1080 11555

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは非常に高いスコアが出ています。快適にMHFもプレイする事が可能です。

画面サイズ スコア
3840×2160 10142
2560×1440 21036
1920×1080 34175

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6で56105という非常に高いスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

設定 画面サイズ スコア
簡易設定6(最高設定) 1920×1080 56105
簡易設定5 1920×1080 64131

3DMARK

Fire Strike Fire Strike EXtreme
Fire Strike Ultra Time Spy

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

Fire Strike スコア Graphics score Physics score Combined score
Fire Strike 14099 17262 12051 6653
Fire Strike EXtreme 7603 8144 12383 3662
Fire Strike Ultra 4129 4087 12424 2147
Time Spy スコア Graphics score CPU score
Time Spy 5411 5701 4201

VRMARK

Orange Room Blue Room

Orange、Blue共にスコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークです。

Blue Roomに関しては将来のVRを見据えたベンチマークになっています。

VRMARK スコア Avg FPS
Orange Room 9174 199.98
Blue Room 1737 37.86

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15
CPU 776 cb
CPU(Single Core) 182 cb

CPU性能の比較をする時に参考になるのがCINEBENCHになります。Corei7 7700Kだと1000スコアを切る程度なのでマルチ性能は高いです。

SSD&HDDの速度

SSD HDD

SSDは240GB搭載しています。BTOなのでストレージに関してはカスタマイズする事も可能です。HDDとハイブリッド構成なので頻繁に使わないデータと使い分ける事が出来て便利です。記事執筆時と現在のストレージには変更がある場合が多いので公式サイトでよくご確認下さい。

ゲームのベンチマークを計測

GTX1070を搭載しているので実際にゲームプレイにおいてもフルHD解像度であれば十分な性能を発揮します。4Kまで手を出そうとするとさすがに厳しいかと思いきや、家庭用ゲーム機基準であれば30FPS以上出ているので最新のタイトルでなければプレイ出来る性能も持っています。

最新のタイトルになると最高設定だとフルHDでも60FPSは少し厳しい感じですが、それでも準最高設定くらいであれば余裕を持ってプレイする事が可能です。

まとめ

何と言ってもガレリアMFの特徴は、コンパクトさに優れているミニタワー型です。公式サイトにも設置例が掲載されていますが、デスクの横に置いてもモニターとちょうど背格好が同じくらいの高さになるので圧迫感が薄れています。

デスク下に設置する場合でも、ミドルタワーと比較すると結構な圧迫感の違いがあります。ミニタワーでも性能的には遜色が無いので拡張性さえ妥協できれば選択肢として十分検討する価値があります。

デメリットとしては、拡張性に加えて冷却性能でもミドルタワーと比較すると多少は落ちるとは思いますが、『デスクトップPCはコスパが高くて良いけれど置く場所がないなー』と考えている方はサイズを測ってみて下さい。

KTMケースのサイズは【185(幅)×395(奥行き)×370(高さ) mm】となっています。これでも厳しいとなるとガレリアSシリーズが候補に上がると思いますが、コスパや冷却性能を考えると置けるのであればMシリーズがおすすめです。

ガレリアMF
OS Windows10 Home 64bit
CPU Core i7 7700
グラフィック GeForce GTX 1070 (8GB)
メモリ 8GB PC4-19200 (4GB×2/デュアルチャネル)
SSD 240GB
HDD 1TB
電源 500W 【80PLUS BRONZE】
マザー B250
スペックに関しての注意点

※情報は記事執筆時点のものになります。最新の製品の詳細や価格については公式ページで必ずご確認下さい。

Pocket

🔺TOP