【ドスパラ】ガレリアXG(KabyLake)の実機&性能レビュー

公開日: :

Pocket

ドスパラさんから『ガレリアXG(KabyLake)』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。ガレリアXGの特徴としては、GTX1080を搭載したATX規格で拡張性が高く、Xシリーズなのでコスパに優れたモデルという特徴があります。更に今回レビューするのは最新のCPUの第7世代KabyLakeのCore i7 7700が搭載されたガレリアXGになります。

なので全体的にハイスペック構成なのでスペックが高いゲームなども快適に動かす事が可能です。特に長く現役で使いたいと考えている方におすすめです。

>> ガレリア製品ラインナップ一覧 <<

※スマホだと表示されない場合があるのでChromeアプリをお使いの方は、右上にあるメニューから「PC版サイトを見る」という所にチェックを入れる事でPC表示に切り替わり閲覧できるかもしれません。チェックを外すと元の表示に戻ります。

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはXシリーズのGTX1080が搭載されているガレリアXGというモデルになります。

スペック

OS Windows10
CPU Core i7-7700
GPU GTX 1080(8GB)
メモリ 8GB
マザーボード H270(ATX)
ストレージ SSD 500GB HDD 2TB
電源 500W

※情報は記事執筆時点のものになります。最新の製品の詳細や価格については公式ページで必ずご確認下さい。

ケース外観

前面

ガレリアXGは、ガレリアの人気シリーズのXシリーズやZシリーズに採用されているガレリア KTケースが採用されています。主な特徴としては、ATX規格で拡張性が高いですがその反面サイズがミドルタワー型なので大きいという特徴があります。

サイズが大きいけれどその分冷却性能が高く、拡張性も高いのでどちらかというとガチでゲームを長時間プレイする方や、後々パーツの交換・換装なども視野に入れている方におすすめできます。

前面の上段には光学ドライブが搭載されており、中央部分にはインターフェースが集中しています。USB3.0×2、カードリーダー、オーディオ端子、電源ボタンが並んでいます。

左側面

左側面にはグラフィックボードやCPUなどの熱温度が高くなりがちなパーツの部分にメッシュの穴が空いています。こちらから外気を取り込んで吸気し、冷却効果を上げています。

右側面

右側面には右上にメッシュの穴が空いています。こちらはマザーボード用の冷却用エアインテークになり、マザーボードの温度を下げる効果があります。

背面

背面はファンが上部に取り付けられていますが、こちらは内部の熱を外に逃がす排気になります。

今回レビューした製品には電源のスイッチが搭載されていました。購入された製品で電源のスイッチがついている場合はコンセント挿したけどパソコンが動かない!と焦る前にこちらのスイッチの確認を必ずして下さい。

天板

天板部分に大きく排気用のファンが取り付けられています。もう片方も任意で取り付ける事が可能です。

内部

全体的な内部構造はATXのマザーの上にCPU、メモリ、GPUが載り、下部に電源ユニット、右上に光学ドライブ、右下にストレージになっています。

ガレリアXGのメモリは8GBになっているので、4GBx2のデュアルチャネル構成にデフォルトだとなっています。記事執筆時だとメモリのカスタマイズは可能な仕様になっているので16GBにカスタマイズしてもいいかと思います。

グラフィックボードはPalitのGTX1080が搭載されています。電源を投入すると緑のLEDが光ります。

ストレージはSSDとHDDのハイブリッド構成ですが、まだまだ増設の余地があります。

同梱物

同梱物にはキーボードとマウス、電源ケーブル、各種ドライバや取説などが入っています。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド

FF14の蒼天のイシュガルドのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。フルHD環境なら最高設定でも7,000は余裕で越えていますし、4Kでもとても快適評価になっています。これだけ優秀なスコアが出ているので、国産のゲームは総じて快適にプレイ可能です。

設定 画面サイズ DirectX スコア
最高品質 3840×2160 11 7022
高品質 3840×2160 11 8178
標準品質 3840×2160 11 14832
最高品質 3840×2160 9 9395
高品質 3840×2160 9 9584
標準品質 3840×2160 9 18259
最高品質 1920×1080 11 18669
高品質 1920×1080 11 18716
標準品質 1920×1080 11 23769
最高品質 1920×1080 9 19195
高品質 1920×1080 9 20408
標準品質 1920×1080 9 24221

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。フルHDの場合これ以上の数値はGTX1080でも出ませんのでドラクエ10ベンチマークは4Kでのスコアの比較だと多少は参考になるかもしれません。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 3840×2160 18894
標準品質 3840×2160 19885
低品質 3840×2160 21196
最高品質 1920×1080 20435
標準品質 1920×1080 21150
低品質 1920×1080 21868

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 13068
標準品質 1920×1080 13513
低品質 1920×1080 13602

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは44218というスコアが出ています。High Grade Editionでも問題無く快適にプレイする事が可能なスペックです。

設定 画面サイズ スコア
最高設定 3840×2160 13233
最高設定 1920×1080 44218

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6で56818というスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

設定 画面サイズ スコア
簡易設定6(最高設定) 1920×1080 56818
簡易設定5 1920×1080 70158

3DMark

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。 Fire StrikeについてはゲーミングPC用のベンチマークになるのでゲーミングPCの場合は基本的にFire Strikeを参考にするといいでしょう。Fire Strike Ultraは4Kでの3Dゲームのパフォーマンスを計測しています。

Dmark スコア Graphics score Physics score Combined score
Fire Strike 16977 21876 12888 7706
Fire Strike Ultra 5155 5161 12868 2704

Time Spy

Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

スコア Graphics score CPU test
6682 7121 4955

SteamVRパフォーマンステスト

平均忠実度 テストされたフレーム 90fps以下のフレーム CPUバウンドフレーム
11(非常に高い) 15601 0 0

SteamにあるSteam Performance testの結果ではVRレディとなっています。VRはGTX970が推奨要件になっているのでそれを越えています。

SSD&HDDの速度

SSD HDD

SSDはたっぷり500GBもあるのでたくさんゲームをインストールしたりしても十分足りる容量だと思います。HDDも2TBあるので頻繁に使わないファイルはHDDに入れてと使い分ける事が可能です。

まとめ

性能は文句なしのハイエンドクラスのGTX1080を搭載し、CPUは最新のKabyLakeのCore i7 7700を搭載しています。Skylake搭載のガレリアXGのレビューを以前行った事があるのでその時取得したベンチマークと比較してみます。

CPU性能比較 Skylake(第6世代) KabyLake(第7世代)
FF14 17211 18669
Firestrike 16119 16977

GTX1080搭載でCPUが第6世代と第7世代が違うという要素の他に、全く同じ構成内容では無いので一概には言えませんが性能は上がっています。なので第6世代CPUを搭載したガレリアXGよりも第7世代CPUを搭載したガレリアXGの方が性能が高いという事は言えます。

ベンチマークでこれだけのスコアを叩き出すゲーミングPCならば数年は現役で使用する事が可能なハイスペック構成です。

ガレリアXG(KabyLake)

CPU:Core i7-7700
メモリ:8GB
GPU:GTX1080(8GB)

Pocket

🔺TOP