ガレリアXTの実機&性能レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/09/19

Pocket

ドスパラさんから『ガレリアXT』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。ガレリアXTと言えば人気ランキング常連のゲーミングPCですね。管理人はドスパラのサイトをよくチェックするのですが、常に1位という記憶しかありません。

ゲームPCの世界に足を踏み入れたいと考えている人にはおすすめできる最良の選択肢の1つだと思います。

ケース外観

前面

IMG_1392_R

ガレリア専用KTケースは207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mmのサイズになります。上に光学ドライブが搭載されており、アクセスしやすいと思います。インターフェースはやや下の位置にあります。

IMG_1393_R

前面のインターフェースにはUSB3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力、ヘッドホン出力、電源ボタンとなっています。

左側面

IMG_1378_R

左側面は空気を取り込みやすいようにメッシュになっています。ファンも増設する事が可能です。グラフィックボードも冷えそうです。

IMG_1382_R

中はこのような感じです。前面のメッシュから吸気して背面から排気するエアフローですね。よく冷えそうです。

IMG_1383_R

CPUクーラーはリファレンス品では無かったのですが、より動作音が気になる人などは静音パックまんぞくコース等にカスタマイズするのが吉です。

IMG_1385_R

搭載されていたグラフィックボードはPalitのGeforce GTX960 OC NE5X960S1041-2061Fです。

右側面

IMG_1379_R

右側面にも右上の方にメッシュが入ってみます。

IMG_1381_R

右側面にはSSDやHDDなどがアクセスできるベイがあります。

背面

IMG_1396_R

背面は構成によっても変わってくるとは思いますが、XTの場合はこのような感じです。

天板

IMG_1395_R

天板にはファンが一個付いていますが、更にもう一個付けられるようになっています。高負荷なゲームをする時は頼もしいですね。

底面

IMG_1397_R

底面はこのような感じです。

スペック

OS Windows10
CPU Core i7-4790
GPU GeForce GTX 960(2GB)
メモリ 8GB
マザーボード H97
HDD SSD 480GB、HDD 2TB

※情報は記事執筆時のものになります。最新の詳細は公式ページでご確認下さい。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド

SnapCrab_ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク_2016-4-19_13-19-33_No-00_R

設定 画面サイズ DirectX スコア
最高品質 1920×1080 11 7114
高品質 1920×1080 11 8134
標準品質 1920×1080 11 14977
最高品質 1920×1080 9 9391
高品質 1920×1080 9 9670
標準品質 1920×1080 9 18292

ドラゴンクエストX

SnapCrab_ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver14k_2016-4-19_14-29-30_No-00_R

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 18675
標準品質 1920×1080 19039
低品質 1920×1080 20185

ドラゴンズドグマオンライン

SnapCrab_NoName_2016-4-19_15-2-31_No-00_R

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 10740
標準品質 1920×1080 11217
低品質 1920×1080 11239

モンスターハンター第三弾(大討伐)

SnapCrab_NoName_2016-4-19_18-0-34_No-00_R

設定 画面サイズ スコア
最高設定 1920×1080 15175

PSO2ベンチマーク ver.4

pso20160419_181318_001_R

設定 画面サイズ スコア
簡易設定6(最高設定) 1920×1080 19914

3DMark

SnapCrab_3DMark Basic Edition_2016-4-19_17-43-52_No-00_R

スコア Graphics score Physics score Combined score
6543 7390 11873 2584

実際に使ってみての評価

ゲーム性能

ゲーム性能に関してはガレリアXTはGTX960を搭載しているので基本的なゲームならプレイする事が可能です。記事執筆時点での最新ゲームとしてダークソウル3をチョイスしましたが、FPS値としては30FPSを下回る事なく、40FPS~50FPSで動作していたので最新ゲームもプレイする事が可能なスペックと言えるでしょう。

マインクラフトも影MODを入れてプレイする事もGTX960なら可能ですが、描画距離等を踏まえるともうワンランク上のGTX970以上を搭載した製品の方がより安定はします。

ちなみにGTX970でダークソウル3をプレイした所60FPSで動作していました。最新のゲーム環境という事で言うとやはりもうワンランク上げた方が期待できるものは大きいでしょう。VRのOculusをやるかどうかは別にしても推奨環境がGTX970ですのでやりたくなった時に出来るというメリットはあると思います。

他のオンラインゲームに関してはベンチマークの画像の通り、快適に遊ぶ事が可能なのでPCゲームの世界に足を踏み込みたいという方には最適な一台と言えます。

カスタマイズ

カスタマイズ性という意味においては初心者の方の場合は難しいかもしれませんが、いざ拡張しようと思った時にグラフィックボードの換装など、もちろん自己責任にはなりますが、ATXケースなので交換しやすいです。

ファンの増設も簡単に出来ると思うのでカスタマイズしたいと思っている人にもおすすめです。

冷却性能

冷却性能も高いです。標準の構成内容でしたが、動作音も気にならず快適にゲームをプレイ出来ます。気になる人はファンを増設したりして更に冷却性能をアップしてファンの回転数を下げて工夫する余地もあります。

まとめ

サイズのケースの大きさで部屋に置く事が出来ないという事情があるという方以外には非常におすすめのガレリアXTです。これからPCゲームをはじめようと思っているゲーマーにもおすすめできますし、スペックが高いパソコンの買い替えを検討している人もまずは第一候補に考えていいと思います。 後は懐具合との兼ね合いもありますが、PCゲームに重きを置いてよりゲーム性能を高めた商品が欲しいという場合にはGTX970搭載のガレリアXFなども一考の価値ありです。

Pocket

🔺TOP