【ドスパラ】ガレリアZZの実機&性能レビュー(Core i7-8700K&GTX1080Ti)

公開日: :

Pocket

ドスパラさんから「ガレリア ZZ」をお借りしたので実機レビューしていきます。

ガレリアZZの特徴はZシリーズというモデルになっているのでCPUファンがカスタマイズされていたり、同じ外観でも内部パーツがXシリーズより豪華になっていたりします。

なので、より安定した環境を望む方にはZシリーズが非常におすすめです。デフォルトでCPUファンが静音まんぞくパックになっている事で静音性が非常に高いゲーミングPCです。

性能もZシリーズの中ではハイエンドに位置するGTX1080Tiを搭載しています。

>>ガレリア デスクトップPCラインナップ一覧<<

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはGTX1080Tiが搭載されていて、CPUがCore i7-8700K搭載のガレリアZZというモデルになります。

目次

スペック

ガレリア ZZ
OS Windows10 64bit
CPU Core i7-8700K
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1080Ti(11GB)
メモリ 16GB
SSD 500GB
HDD 3TB
電源 800W
スペックに関しての注意点

※情報は執筆時点のものになります。最新の製品の詳細や価格については公式ページで必ずご確認下さい。

外観をチェック

ガレリア定番のKTケースです。右側面にはマザーの吸気口があります。

左側面にはCPUやGPUなどの高温度になりやすいパーツを冷却する為に大きくメッシュになっています。

前面にはインタフェースが集中しています。カードリーダーやUSBなどの端子の他、電源ボタンが並んでいます。

天板には2つ排気口が付いています。

背面はファンが1基付いているのと、電源部分から排気を行います。グラボはDVI端子が無いので注意です。DisplayPort×3とHDMI端子が装備されています。

内部パーツをチェック

パーツに関しての注意点

※ここで掲載されているパーツは執筆時のレビュー機に搭載されていたパーツなので必ずしもこのパーツが採用されるとは限りませんのでご注意下さい。

ガレリアの定番のガレリア専用KTケースを採用したZシリーズのハイエンドモデルになります。GPUはハイエンドのGTX1080Ti、CPUはCorei7-8700Kなのでハイエンド構成です。マザーはASRockのZ370 Pro4が採用されていました。

KTケースのエアフローは前面と底面から吸気して背面と天板から排気するという冷却になります。

Zシリーズなので静音パックまんぞくコースがデフォルトで搭載しています。CPUファンがサイドフロー型の冷却性能が高い製品になっています。

Palit製GEFORCE GTX1080Tiが搭載されています。外排気ですね。DVI端子が無いのでそこは注意です。

Enhance製電源の800W(80PLUS GOLD)

DVDスーパーマルチドライブがデフォルトで搭載。

Crucial製SSDと東芝製のHDDのデュアルストレージ構成です。まだまだ積めます。

静音性のチェック

アイドル時 高負荷時(3DMARK 実行時)
44.9db 47.4db

アイドル時と3DMARKのFire Strike Ultraを実行した時の騒音デジベルを計測しました。数値は目安程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時 ベンチマーク実行時
45.7w 315w

消費電力を計測しました。※高負荷時は3Dmark(FireStrike)実行時の消費電力をワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度のチェック

アイドル時とベンチマーク実行時の温度

CPUやGPU等の構成内容によって温度は変化します。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

FF14の紅蓮の解放者のベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を超えているので、FF14は4Kでも快適にプレイ可能です。

前世代CPUの比較としてはガレリアZZの第7世代CPUを採用したモデルのレビュー記事から比較しています。

解像度 設定 Core i7-8700K&GTX1080Ti Core i7-7700K&GTX1080Ti
3840×2160 最高品質 8459 8662
標準品質 9706 10063
低品質 16846 16468
1920×1080 最高品質 18618 18152
標準品質 19190 18600
低品質 22580 20590

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。DQX、DDO、MHF、PSO2に関しては軽めのゲームなので前世代CPU比較は抜粋しています。

解像度 設定 スコア
3840×2160 最高品質 21521
標準品質 21854
低品質 22945
1920×1080 最高品質 22570
標準品質 22785
低品質 23370

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

解像度 設定 スコア
1920×1080 最高品質 15450
標準品質 15852
低品質 15914

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは非常に高いスコアが出ています。快適にMHFもプレイする事が可能です。

画面サイズ スコア
3840×2160 19022
2560×1440 37730
1920×1080 60012

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6で56105という非常に高いスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

解像度 設定 スコア
1920×1080 簡易設定6(最高設定) 97626
簡易設定5 112999

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK 項目 Core i7-8700K&GTX1080Ti Core i7-7700&GTX1080Ti
Fire Strike スコア 21972 20065
Graphics Score 27002 27412
Physics Score 19184 13478
Combined Score 10083 8813
Fire Strike EXtreme スコア 12402
Graphics Score 13102
Physics Score 19283
Combined Score 6408
Fire Strike Ultra スコア 6600 6475
Graphics Score 6506 6520
Physics Score 19274 13496
Combined Score 3515 3535
Time Spy スコア 8938 8296
Graphics Score 9200 9221
CPU Score 7700 5290

VRMARK

Orange、Blue共にスコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークで、BlueRoomは将来用です。

VRMARK 項目 Core i7-8700K&GTX1080Ti
Orange Room  スコア 11344
Avg FPS 247.31
Blue Room  スコア 2979
Avg FPS 64.95

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15 Core i7-8700K Ryzen 7 1800X
CPU 1422 cb 1616 cb
CPU(Single Core) 204 cb 155 cb

CPU性能の比較をする時に参考になるのがCINEBENCHになります。一概には言えませんが、マルチコアに対応しているゲームが少ないのでPCゲームではシングルコアのスコアが高い方が有利な傾向があります。

SSD&HDDの速度

SSD HDD

BTOなのでストレージに関してはカスタマイズする事が可能です。HDDとハイブリッド構成だと頻繁に使わないデータを使い分ける事が出来て便利です。ストレージには変更がある場合が多いので公式サイトでよくご確認下さい。

ゲームのベンチマークを計測

Rise of the Tomb Raider

解像度 設定 Core i7-8700K&GTX1080Ti
3840×2160 最高 61
75
最低 94
1920×1080 最高 143
171
最低 192

Ghost Recom Wildlands

解像度 設定 Core i7-8700K&GTX1080Ti
3840×2160 ウルトラ 37
56
84
1920×1080 ウルトラ 70
124
181

まとめ

ガレリアZZのメリット

  • ハイエンドに相応しいパーツ構成
  • 静音パックまんぞくコースがデフォルトで装備

ガレリアZZのデメリット

  • Xシリーズよりも価格が高くなるのでコスパを最優先する方はXシリーズ(長く良い物を使いたい場合はZシリーズが本気でおすすめ!)

現状買い替えを検討されている方には6コアになったCore i7-8700Kはおすすめですね。6コアになってもPCゲーム性能は高いのでゲームをしながら何かをやるという場面に4コアよりも強いです。

Corei9もありますが、ゲームをメインにとなると現状だとCore i7-8700Kが鉄板です。

今回レビューしたGTX1080Tiは執筆時だとシングル最強性能を誇るGPUですが、ドスパラでは他にもグラボの組み合わせを選択する事が可能です。

なので予算に合わせて選択するのがいいかとは思いますが、人気ランキングを見るとやはりCore i7-8700K&GTX1080Tiの組み合わせが人気です。

Pocket

🔺TOP