ゲームタイトル別推奨スペック早見表

公開日: : 最終更新日:2018/06/10

このページでは、ゲーミングPCを購入する時に自分がプレイしたいタイトルのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成しています。

ゲームで最重要になるグラフィックボード(GPU)と、準じて重要になるCPUの推奨スペックを掲載しています。

また、推奨GPUと推奨CPUは出来るだけ公式ソースのものを掲載しています。タイトルをクリックするとタイトル毎に推奨スペックの解説ページに飛びます。

おすすめゲームタイトル

マインクラフト FF15
フォートナイト PUBG
FF14 GTA5

あ行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
ARK: Survival Evolved GeForce GTX 670以上 Intel Core i5-2400
Astroneer 2 GB VRAM搭載のディスクリートGPU X64 Quad Core CPU、3+ GHz
ウィッチャー3 GeForce GTX 770以上 Intel Core i7 3770 
ウォッチドッグス2 GeForce GTX 780 Intel Core i5 3470
【ESO】エルダースクロールズオンライン GeForce GTX 750 以上 Quad Core 2.3GHz 以上
オーバーウォッチ GeForce GTX 660以上 Intel Core i5

か行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
黒い砂漠 GeForce GTX 960 Intel Core i7(3.0GHz以上)
Kingdom Come: Deliverance GeForce GTX 1060 Intel Core i7 3770
kenshi クアッドコア 64ビット
攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE Geforce GTX 260 Intel Core 2 相当

さ行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
ザ クルー2 GTX 1060 (6GB) Core i5-4690k
ザ・シムズ4 GeForce GTX 650以上 Intel Core i5以上
Subnautica Nvidia GTX 550 Ti  Intel Haswell 4 cores / 4 threads @ 3.2Ghz
三国志13 VRAM 512MB以上 Core2 Duo 2.0GHz以上
シティーズ:スカイライン GeForce GTX 660 Core i5-3470
STEEP GeForce GTX 970 Intel Core i7 3770K
スカイリムSE GeForce GTX 780 Intel i5-2400
スターウォーズバトルフロント GeForce GTX 970 Intel i5 6600以上
7 Days to Die 512MB Dedicated Memory 2.4 Ghz デュアルコア CPU

た行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
ダークソウルリマスタード GeForce GTX 660 Intel Core i5 4570
ダークソウル3 GeForce GTX 970 Intel Core i7 2600
Dauntless GeForce GTX 970 i7 Haswell
デッドライジング3 GeForce GTX 670 2GB以上 Intel Core i5-4570
デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション NVIDIA GeForce GTX 1050 Intel Core i7-2600
ドラゴンクエスト10 GeForce GTX 650以上 Intel Core i5
ドラゴンズドグマオンライン GeForce GTX 570以上 Intel Core i5-4690
ドラゴンネストR GeForce GTS 250以上 intel core i3 530以上

な行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
二ノ国2 GeForce GTX 970 Intel Core i7-3770
ニーア オートマタ GeForce GTX 980 Intel Core i5 4670 以上
信長の野望・創造 VRAM 512MB以上 Core2 Duo 2.0GHz以上
信長の野望・創造 戦国立志伝 VRAM 512MB以上 Core2 Duo 2.0GHz以上
信長の野望・大志 VRAM 256MB以上 Intel Core i5 3.0GHz以上

は行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
バトルフィールド1 GeForce GTX 1060 Intel Core i7 4790
バトルフォールド4 GeForce GTX 660 Intel QUAD-CORE CPU
ファイナルファンタジー12 GeForce GTX 980 Intel Core i5-4460
ファイナルファンタジー14 GeForce GTX 970以上 Intel Core i7 3GHz 以上
ファイナルファンタジー15 GeForce GTX 1060 Intel Core i7-3770 
ファークライ5 GeForce GTX970 Intel Core i7- 4770
フォートナイト Nvidia GTX 660 Intel Core i5 2.8 Ghz
フォールアウト4 GeForce GTX 780 Intel Core i7-4790
Frostpunk GeForce 970 3.2 GHz Quad Core
PUBG GeForce GTX 1060 Intel Core i5-6600K
Project CARS 2 NVidia GTX 1080 Core i7 6700K
ブレイドアンドソウル GeForce GTX 650 Intel Core i5以上
Planet Coaster GeForce GTX 980 Intel i7-4770

ま行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
マインクラフト GeForce 2xx Series Intel Core i3
マインクラフト(影MOD) GeForce GTX1060以上 Intel Core i5
メタルギアソリッド5:ファントムペイン GeForce GTX 760 Intel Core i7-4790
METAL GEAR SURVIVE GeForce GTX 960 Intel Core i7-4790
【MHF】モンスターハンターフロンティア GeForce GTX 660 Intel Core i5 2.66GHz以上

ら行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
Life Is Strange GeForce GTX 260 Dual Core 3.0GHz 以上
Raft GeForce GTX 700 series Intel Core i5 2.6GHz
【LoL】リーグオブレジェンド GeForce 8800以上 3GHz以上
ロケットリーグ Nvidia 260 series 2GHzのクワッドコア以上

わ行のタイトル

タイトル名 推奨GPU 推奨CPU
World of Warships(WoWs) GeForce GTX 550 Ti 以上 Intel Core i5-3570以上
World of Tanks(WoT) GeForce GTX660 Intel Core i5-3330

推奨スペックとは?

パソコンのゲームでは家庭用のゲーム機とは違い、ゲームタイトル毎に要求されるスペックに差異があります。それをどれくらいの性能であれば快適に動かせるのか?というのが推奨スペックになります。

単純に動かすだけという目安は必要スペック、公式的な言い方をすると必要動作環境ですが、それだとまともにプレイ出来ないレベルでカクカクしたりするので推奨スペック以上の性能がPCゲームでは推奨されます。

また、推奨スペックとは言えそれぞれゲームタイトルに毎によるスペックなので中~高設定で60FPSが一般的だと思いますが、最高設定で60FPSで動くのか、144FPSなどの高リフレッシュレートでプレイしたい場合はどうなのか?MODを入れた場合はどうなのか?という所まで保証されている訳ではありません。

今回の推奨GPUと推奨CPUに関しては公式サイトで記載されている情報を元に作成したものとなります。

幅広くゲームをプレイするにはどの程度のスペックが必要?

グラボに関して

GPU 解像度 設定
GTX1080Ti 4K/UWQHD/WQHD/FHD 最高
GTX1080 UWQHD/WQHD/FHD 最高
GTX1070Ti WQHD/FHD 最高
GTX1070 WQHD/FHD 最高
GTX1060 FHD
GTX1050Ti FHD 高~中
GTX1050 FHD 高~中

推奨スペックを見てみると、現状だとフルHD(1920×1080)の解像度だとGTX1060程度の性能があればほとんどのゲームで快適にプレイ可能です。

最高設定で動かしたいという場合にはGTX1070Tiが最適解になります。

フルHD解像度を越えるWQHDやUWQHDでプレイしたい場合にはGTX1080~GTX1080Tiの性能が必要です。

4Kに関しては常用するのであればGTX1080Ti SLIの性能が必要になりますが、対応タイトルでしか効果を発揮しない場合もあるので基本的には4Kはまだちょっと早い感があります。

GTX1080Tiだとそ4Kでも30FPSは狙えますが、60FPSを目指すと厳しいタイトルが多いという状況です。ただ、設定を落としてもOKならGTX1080Tiで十分4Kが狙えるタイトルもあります!

CPUに関して

CPUはCore i7を選択するのがおすすめです。Core i5でもPCゲームでは十分通用しますが、FPSをやる場合や実況等などCPUをフル活用する場合にはCore i7を選ぶのがベターです。

ゲームで高パフォーマンスを出したいという場合に実際にCore i7とCore i5だとフレームレートの伸びが違います。

ただ搭載されているグラボのスペックがGTX1060などの場合にはFPSをガッツリプレイする方で無ければ60FPS出てくれればOKという考え方の場合にはCore i5とGTX1060(3GB)の組み合わせは特にコスパに優れていると感じます!

もちろんCore i7とGTX1060の組み合わせもおすすめです!なぜならグラボ交換した時にGOODだからです。基本的にはバランスを考えてCore i7の場合にはGTX1070以上のグラボを積極的に選択していきたいですね!

メモリに関して

古めなゲームなら8GBあれば十分足ります。最新ゲームだと16GBが必要です。例えばFF14やPUBGなら推奨要件としてメモリ16GBを指定しています。海外系のゲームでも推奨で16GBのゲームはあるので16GBを搭載したゲームパソコンを購入するのがおすすめです!

ゲーム以外の事に触れておくと、インターネットのタブを開いたりYouTube見たりしながらゲームを動かしてレベル上げをするみたいな使用用途の場合でもメモリの容量は重要になります。なので余裕を持った選び方をしたいですね!

ストレージに関して

SSDが推奨です!HDDでカクつくPCがゲームもありますし、ロード時間短縮にも繋がります。OSをSSDにする事でシステム全体の動作アップが見込めます。

読み込み等があまり気にならないという方で、ロードが直結するようなゲームでない場合、例えばテラリアやマイクラやインディーゲームの軽めのタイトルなどの場合にはHDDでも問題にはならない場合もあります。

あとはSSDを体感した事があるかどうかという部分が分かれ道です。一度でもSSDを体験してしまうともうHDDには戻れないのでSSDを体験した事があるという方はSSD搭載機を選ぶのが無難です。

Pocket

🔺TOP