ゲームPCを買うならBTOが安心でお得 3つの購入方法を比較

公開日: : 最終更新日:2015/08/18

Pocket

ゲームPCの購入方法は大きく分けて3つあります。

  家電量販店 BTO 自作
メリット 安心・実物をその場で購入出来る 価格が安い・ある程度はカスタマイズ可能 自分の好きなようにカスタマイズが出来る
デメリット 価格が高い・ゲームPCを取り扱っていない事がほとんど 注文してから店舗によっては時間がかかる 最低でも自分でトラブル対応が出来ないとただのゴミになってしまう

ゲームPCを購入できる3つの購入方法

1.家電量販店で購入する

これは一番オーソドックスな購入方法ですが、一番値段が高めです。

家電量販店を利用するのはパソコンのパの字も分からない人か、すぐに欲しい人などが当てはまります。

こんな人におすすめ

  • 家にインターネット環境がない人
  • 国産メーカー製が欲しい人、国産メーカー製で保証やサポートを手厚く受けたい人。
  • 店員の方に質問したい

逆にそれらが必要でない場合はわざわざ家電量販店で購入をする必要がありません。

絶対にやってはいけないゲームPCの買い方

さらに言うならゲームPCは普通の家電量販店にはあまり売っていません。売っていたとしてもかなり限定的で種類が少ないです。ただ、店舗のBTOショップでゲームPCを置いているのであれば大丈夫です。

2.BTOで購入する

BTOは家電量販点に比べてかなり安いです。かといって保証もちゃんと受けられますし、3年保証などにオプションで加入する事によってさらに安心して利用する事が出来ます。

BTOと言っても実際に店舗販売している会社も多く。実際管理人の家から徒歩5分くらいに大手BTOショップがあります。

BTOショップのパソコンは基本的にはゲームをプレイするなら一番良い購入方法になります。自作パソコンよりも安いです。

大量に生産出来るBTOなら個人で入手する価格よりも安く仕入れる事が可能な為、自作パソコンよりも安価に手に入れれる場合が高いです。それに保証もあります。

こんな人におすすめ

  • 安価に購入したい
  • 自作は出来ないけど多少パソコンについての知識がある

3.自作でパソコンを作る

パソコンはパーツの規格が合えば組めるので自分でパーツを組み立てて作るという選択肢がありますが、ある程度の知識がないと組み立てる事と、安定して動作する事が出来ない場合もあります。保証が一切ないというのも怖いです。

管理人も自作PCを全てのパーツを買ってきて組み立てたり、流用パーツを使ってパソコンのグレードアップに勤しんだ時期もありましたが、最近は個人レベルでは使い切れないほどの高性能のパソコンが安価にBTOなどで入手可能になったので必要性をあまり感じません。

それに場合によっては自作パソコンの方が割高になる可能性も高いです。

こんな人におすすめ

  • パソコンがトラブルを起こしても自己解決出来る。
  • パソコンの自作を失敗覚悟でやってみたい
  • 前のデスクトップPCのパーツを流用したい

まとめ

この3つの中で低価格、安心、安全をクリアしているのはBTOです。ゲームPCに限らず、パソコンを買うならBTOと言っても過言ではないと思います。

BTOなら推奨スペックのゲームPCが買える

ゲームPCを快適に遊ぶには家庭用ゲーム機のようにソフトを入れるだけとはいかないのです。

パソコンのスペック(能力)が足りていないとカクカクしたり、最悪動かない場合もあります。

もしやりたいゲームが最初から決まっているなら推奨パソコンを購入するのも手です。

将来の事を考えて推奨スペック以上のパソコンにする事もBTOなら簡単なのでそういう意味でもやっぱりBTOになります。

Pocket

🔺TOP