【ハイエンド】20万円以上のおすすめゲーミングPC

公開日: : 最終更新日:2016/04/25

Pocket

highend

ゲーミングPCの価格構成例からハイエンドを考える

OS 1~2万円前後
CPU 2万~5万円前後
メモリ 0.5万円~1.5円前後
グラボ 2万円~18万円前後
マザーボード 1万円~3万円
PCケース 0.5万円~2万円前後
電源 0.5万円~3万円前後
SSD 1万円~2万円前後
HDD 0.5万円~1.5万円前後

無難に構成していくと15~20万円の価格帯が人気のレンジになります。一般的に人気のゲーミングPCがその価格帯で出来上がるので20万円以上のゲーミングPCとなるとコストを回収する事が可能かという視点で考えるのが選ぶ基準になります。

そのコストというのが主にグラフィックボードになります。メモリやCPUは20万円以下でもある程度限界値まで構成出来るはずなのでグラボが主な価格のリソースという事になります。例えば最新のゲームがリリースされた瞬間に最高設定で遊びたいという場合はハイエンドのグラフィックボードが必要ですし、ゲームによってはそれですら足りない場合もあります。

その場合はSLIというグラボを複数枚搭載してスペックを飛躍的に上げるという工夫をして最高の環境でゲーミングPCを構築するという事になりますが、もちろんSLIにはデメリットが存在します。複数のグラフィックボードを搭載するという事は電源もワット数の多い製品を選択しなければなりませんし、マザーボードが対応していないともちろんダメですし、ゲームが非対応だと逆に性能が下がってしまうリスクもあり、排熱の事も考えなければいけないとという事で初心者や中級者ではまず手を出さない方が無難です。

ただ、そこにはロマンがあります。

もちろんデメリットもありますし、学生や趣味に金銭的なリソースを割けない人もいると思いますが、大人の趣味としてはゲーミングPCはかなり安い部類に入るかと思います。ゴルフなどは月に2~3万円程度かかりますし、車が趣味でも同程度かかるかと思います。ギャンブルならもっとですかね。40万円のゲーミングPCを5年をサイクルで新調していく場合は月に計算しなおすと月/6,666円です。もちろんソフト代等もかかりますが、PCゲームの場合は割りと安く購入できるのでそこまでかからないかなという印象です。

ハイエンドはどういう人向けのゲーミングPC?

最新のゲームを最高設定でプレイしたい方や、トリプルディスプレイ等の多画面でゲームをプレイしたい場合、4Kでプレイしたい場合は解像度が高くなると要求スペックも跳ね上がるのでそれらに対応したいという場合にはハイエンドが必要になります。

トリプルディスプレイで臨場感&没入感アップ

screenshot.18

トリプルディスプレイでのゲーム体験は家庭用ゲーム機では味わえない大迫力があります。こればっかりは文章でどう説明しても体感しないと分からない部分ですが、解像度としては1920×1080の解像度のフルHDが3枚になるので5760×1080の解像度がトリプルディスプレイになります。つまり横に伸びるので人間の視野は120度くらいと言われていますので大幅にそれを超えてきます。

ワイドのモニターのザイズが現在では一般的なので前傾姿勢にしろ後傾姿勢にしろおそらく眼球か首を動かさないと端のディスプレイを目視で捉える事は不可能です。なので非常に臨場感が出ます。レースゲームなら実際にそこを走っているかのように思えますし、FPSゲームでも戦場にいるような没入感を得る事が可能です。

今までは前面の1枚のディスプレイだけですが、特に1人称のFPSゲームでは3枚になると横も一緒に動くので単語で表現すると『ワサワサ』と言いますか、周りの環境も一緒に動いているような感覚になります。

こういうような環境を構築しようとなると縦の解像度は同じですが横の解像度が3倍になるのでグラフィック性能が要求されます。4Kの場合は縦が2倍で横が2倍なのでフルHDの画面を単純に4枚並べた物を一枚に凝縮した解像度です。だからより描画が細かく美麗になります。これらを最新ゲームで体験したい場合はハイエンドのゲーミングPCが必要になるという訳です。

4K×3=12K(11520×2160)

こちらの方はGTX980を3枚搭載して4Kのディスプレイを3枚使用して4K×3=12K(11520×2160)という環境を構築しています。このような最高にゲーム体験をするのならハイエンドのゲーミングPCの選択が適していると言えます。

ハイエンドのゲーミングPCを購入すると数年先まで現役で使える

そして将来性という意味においてもミドルレンジと比べると最新のゲームを最高画質でプレイ出来る期間も長くなるというのもハイエンドのゲーミングPCのメリットになります。もちろん最新世代のグラフィックボードが発売される度に毎回買い換えて他のパーツも吟味してとやっていくのと常に最高の環境には出来ますが、コストがかかり過ぎます。

もちろんそれらを楽しむ人もいますが、それはゲーミングPCというよりもパソコンの方に重点が置かれている人がやる事なのでゲーミングPCでゲームをしたいと考えている人はそこまでやる必要は無いのかなと思います。必要に応じてプレイするゲームに合わせてゲーミングPCをチューニングすればいい訳でベンチマークの世界大会等に出場するのであれば別ですが、本来はゲームをプレイする為にゲーミングPCを購入すると思うのでそこまでのメンテンスは不要かと思います。

目的があるならハイエンドはおすすめ

とにかく何か目的があるならハイエンドはおすすめです。ですが逆に何をやりたいのかよく分からないという場合には一般的にはミドルレンジで十分快適に作業する事は可能です。先程紹介した現在のテクノロジーの最先端を体験したいという場合やゲームのグラフィック要求が高性能なスペックを要求してくるという場合はハイエンドしか選択肢が無いという場合が多いのでハイエンドのゲーミングPCを購入するのがベターです。

例えばゲームならMOD関係です。高グラフィックにするMODやシステムを変更するMODなどを大量に入れれば、いくらあっても性能が足りない場合もあります。

何となく高いほうがいいからという感じで購入すると損をする可能性があるので『Fallout4にMODを沢山いれて4Kでプレイしたい』というような明確な希望がある場合にはハイエンドをおすすめします。

あとはロマンを求めるというのも最大の動機になるでしょう。ほとんどの人が見たことのない景色を見れるのもハイエンドのゲーミングPCの最大のメリットです。

こんな人におすすめ

最先端のゲーム体験をしたい

これをやってみたいという目的がある

性能に妥協したくない

ロマンを求める

おすすめのハイエンド向けゲーミングPC

Z-SLI シリーズ MASTERPIECE シリーズ
grone_410

実売価格:約214,980円~
公式:
詳細・価格はコチラ
ハイエンドのゲーミングPCと言えばドスパラという人も多いと思いますが、Z-SLIシリーズはその名の通りSLIに対応した製品です。PCケースが他のシングルGPUを搭載したPCケースではなくSLI専用のケースになっています。拡張性、放熱性等のSLIの問題と向き合ったガレリア品質のゲーミングPCです。

feature_05

実売価格:約169,800円~
公式:
価格・詳細はコチラ icon
abeeとG-tuneがコラボしたG-tuneのフラッグシップモデルがMASTERPIECEシリーズです。従来のMASTERPIECEのケースには天板にエアフローが無かったのですが、追加されてさらに放熱性がアップしています。サイドに吸気する箇所がありグラボ対策も施してあります。

@SycomゲームPC ガレリア Z シリーズ
SnapCrab_NoName_2015-11-23_17-10-14_No-00

実売価格:約100,000円~
公式:
詳細・価格はコチラ
パーツのカスタマイズの自由度が高く自分好みのゲーミングPCを仕上げる事が可能です。その際に規格や相性で搭載出来ないパーツの組み合わせをする事もありますが、アラートが出る仕組みになっており、ある程度のパーツの知識があれば安心して自分に最適なゲーミングPCを構築出来るのがSycomの強みです。

kt_410

実売価格:約169,800円~
公式:
詳細・価格はコチラ
ガレリアのZシリーズはミドルレンジの定番のXシリーズとケースは同じ(ガレリア専用KTケース)ですが、より各パーツの性能がアップしており、ハイエンド仕様になっています。SLIまでは必要無いけどシングル最高のスペックを求める方にはおすすめです。

Pocket

🔺TOP