ゲーミングPCの一体型をおすすめしない理由

公開日: :

Pocket

ゲーミングPCに限らず普通のパソコンでも一体型のパソコンはおすすめしません。一体型というのは、モニターとパソコンが一体になっているタイプの事を指しますが、モニターが壊れたりパソコンが壊れたりすると両方ダメになるからです。

デスクトップ型のパソコンならパソコン本体とモニターが分離しているのでどちらかが故障した時にはどちらかを買い換えれば済みますし、パソコン本体が故障したとしても知識があれば自力でも何とかなるケースもありますす。例え修理に出したとしても安く済むケースが多いでしょう。

そして一体型のパソコンは拡張性が薄くデスクトップPCのようにパーツを入れ替えたり、ゲーミングPCで最も大事なグラフィックボードの換装をしたくなっても出来ませんし、メモリが足りないからと足す事も出来ません。

もちろん全くパソコンの内部をいじらないという人には関係無いかもしれませんが、2~3年後にパソコンの知識を付けてパーツ交換して今のパソコンのスペックをアップしたいと考えても一体型なら出来ません。

デスクトップPCならそういう事が可能になります。

ゲーミングPCの一体型のメリット

最近はスマホやタブレットの普及で画面にタッチする事が普通になりました。一体型のゲーミングPCもタッチに対応している製品があります。ですがこれはデスクトップPCなどでもタッチパネル対応のモニターが売られています。ただ一体型ならそれを持ち運べる(宅内)というメリットは存在します。

そして省スペース性にも優れています。画面と一体型になっているのでiMacのように部屋に置くことでオシャレになります。もちろん液晶が大きい分だけモニター1台分の場所を確保する必要はありますが、デスクトップPCと比べると省スペースで画面は大きいのでメリットになります。

・画面が大きいのに省スペース
・家の中なら場所を設置する場所を移動出来る

デメリット

ゲーミングPCというジャンルで一体型という選択肢はかなり限られています。製品自体が少ないという事はあまり需要が無いという事になります。

そしてスペックがゲーミングノートPCよりも低い製品があります。先程述べた拡張性という観点からも不利になります。

・スペックが低い
・拡張性が無い
・持ち運んだり省スペースを実現するならノートPCを購入して外部ディスプレイに接続するという手もある
・モニターかパソコンが壊れたら修理が大変
・価格が高い

Pocket

🔺TOP