攻殻機動隊 S.A.C. ONLINEの推奨スペック

公開日: : 最終更新日:2017/02/10

Pocket

001

攻殻機動隊S.A.C. ONLINEは2016年11月30日にサービスが開始された基本プレイ無料+アイテム課金制のオンラインFPSです。各キャラクターにスキルがあり、武器のカスタマイズやコスチュームなどが変更する事が出来、多脚戦車「タチコマ」なども登場します。

ゲームのシステムとしては仲間と共闘している感はありつつ、従来型のミリタリー系のFPSに近いけれどもオーバーウォッチのようなスキルがあるという感じです。

攻殻機動隊を知っている方も知らない方もプレイした感じでは、キャラクター性よりもゲーム性が重要視されているという印象が強かったので万人が楽しめるようなオンラインFPSゲームかなと思います。

ss1

武器のカスタマイズ画面になります。武器の種類は、サブマシンガン、アサルトライフル、スナイパーライフル、ショットガン、マシンガン、ハンドガンなどがあります。

161205_154754_04

キャラクターはアンロックして解除していく仕様になっています。キャラクター毎にスキルがあるのでキャラ選択もころころ変えて楽しんだり、味方と協力したりする楽しみがあります。

攻殻機動隊 S.A.C. ONLINEの推奨スペック

プレイに必要なスペック等 推奨スペック 最低動作スペック
OS Windows 7 64bit 以上 Windows 7 64bit 以上
CPU Intel® Core™ i5 相当以上 Intel® Core™ 2 相当
Memory 4GB以上 4GB以上
GPU NVIDIA® Geforce® GTS 450 相当以上
(または同等のATI GPU)
NVIDIA® Geforce® GTX 260 相当
(または同等のATI GPU)
インターネット回線 ブロードバンド環境

公式サイトに記載されている推奨スペックと最低動作スペックはこちらになります。推奨要件はGTS450と2010年は発売されたグラフィックボードが推奨要件になっているのでかなり低いかと思います。そこまで重いゲームでは無いので、今持っているパソコンで一度インストールをして試しにプレイしてみるというのが大事かなと思います。それでカクつきや重いなと感じるようならスペック不足が考えられますので、新しいゲーミングPCの購入をおすすめします。

実際にGTX1070搭載PCで数試合を試してみました

実際にプレイすると最低設定でもFPS値が144FPSを常時超えてくれればゲーミングモニターとの組み合わせで快適な環境かなと思ったのですが、特に建物内は問題なく144FPSを超えてきますが、開けた場所だと厳しい場面も散見されました。

161205_173329_07

左上の数字がFPS値ですが、114となっています。開けた場所等ではGTX1070の最低設定でも低くなる所はガクンと下がります。逆に狭い場所なんかでは200FPSを超えてくるなどFPS値がかなり乱高下する印象があります。なのでゲーミングモニターでバリバリやりたいという方は出来るだけ高スペックのGTX1080などがやっぱりFPSには最適かと思います。

純粋に一般的なモニターの60Hzでいいのであれば普通にGTX1060などで十分快適に動作します。

攻殻機動隊 S.A.C. ONLINEにおすすめのゲーミングPC

快適動作すればいいという方はコスパを考えてGTX1060がおすすめ

NEXTGEAR-MICRO im570SA1-SH2-FG
ngm_80s_oddres CPU Core i7-7700K
メモリ 8GB
グラフィックス GeForce GTX 1060(3GB)
SSD 256GB
HDD 2TB
電源 500W?
マザー H110(MICRO-ATX)

G-TuneのゲーミングPCはコスパに優れるという事で有名です。コラボモデルになっているのでお得な内容になっています。

これからガチでFPS系のゲームをたくさんプレイするならコレ

NEXTGEAR i650GA7-FG
ng2_80b CPU Core i7-7700K
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB)
HDD SSD 256GB HDD2TB
電源 700W 【80PLUS BRONZE】
マザー Z270(ATX)

最新のハイスペックのGTX1070を搭載し、FPS系のグラフィックが重いようなゲームをラクラク処理出来るスペックを備えています。とにかくFPS値を稼いでゲーミングモニターを使って人より良い環境で勝負したいという方におすすめです。

Pocket

🔺TOP