ゲーミングPCの寿命の目安はいつ?

公開日: :

Pocket

calculator-386668_1280

ゲーミングPCをこれから購入するに当たって、過去に購入した事のある人やゲーミングPCに詳しい人なら別ですが、初心者の方にとって色々不安もあると思います。今回は、製品寿命に関する事に関してどのくらいなのか?という事に焦点を当ててみます。

製品寿命と実際に運用する際の寿命の違い

寿命と一言で言っても耐用年数の寿命の事なのか、実際にどれくらい持つ(最新のゲームがプレイできる期間)のかの寿命だと意味合いが全く変わってきます。平均寿命と健康寿命のような違いです。

製品寿命

製品寿命の場合は、パーツが壊れるまで使う事が出来るので環境や使い方によって違ってきますが、どこか故障したりしない限りは10年以上使えたりすると思います。実際に10年以上前に購入したBTOパソコンは動いたので、耐用年数の観点から言うとかなり長い期間の寿命はあるという事になります。

実際に不満が出てくるまで&故障のリスクを伴う寿命

おそらく大多数の人に当てはまるのがこちらの意味合いの寿命です。なぜなら普通の人はゲーミングPCを2台も3台も所有していないので、ずっとそのゲーミングPCに負荷がかかり続けるという事になります。そうなるとゲームは作業の中では負荷が高いのでパーツの故障のリスクは多少なりとも上がる可能性はあります。

人間に対する負荷もかかるので心理的にスペックが低いと不満も出てくるでしょう。そういう意味で通常は5年程度が限界値かなと感じております。実際に、【ミドルレンジ】10~20万円のおすすめゲーミングPCの中での解説でも、5年程度でゲーミングPCを買い替える事を推奨しています。

なぜ5年で買い替えなのか?

4~5年で買い換えるという人が多いのは、スペック的に物足りなくなるからです。逆に言うと最新のゲームをプレイしていないのであれば途中でグラフィックボードのパーツ交換も不要で5年運用が可能です。

ただ通常はスペック不足に対しての不満が出てくる頃が2年程度。2年というのは大体グラボのサイクルで1巡目か2巡目に入っているので、最新のゲームだと推奨スペックギリギリか推奨スペックから漏れるという事になるかと思います。

グラボの発売時期

  • GTX1070 今年中
  • GTX970 2014年9月13
  • GTX770 2013年5月30日
  • GTX670 2012年5月11日
  • GTX570 2010年12月7日

GTX970だとこのような発売サイクルになっています。1~2年間隔でグラフィックボードの新製品が出ているのが分かるかと思います。

当然ゲームもそのスペックを元に発売するので、2~3年もすればグラボのスペックが不足して最高スペックで遊べなかったりと色々不満も出てきますし、BTOなら保証も切れてると思うので、通常はグラフィックボードのパーツ交換を行います。

これでまた2年程度は戦えるスペックになるのですが、今度はCPU、メモリ、マザー、電源などが最新規格になったり、劣化などが始まる頃なので4~5年程度で買い替えという事になります。

Pocket

🔺TOP