【G-Tune】NEXTGEAR i670(Corei7-8700K&GTX1080Ti)の実機&性能レビュー

公開日: :

Pocket

マウスコンピューターさんから販売されているNEXTGEARのi670シリーズからCorei7-8700K&GTX1080Tiモデルをお借りしたので実機レビューしていきます。

現状ゲームPC用途としてはハイエンドに位置する製品なので超高解像度でゲームをプレイされる方やゲーム実況等のクリエイター活動をされる方で超ハイスペックPCが欲しいという方には選択肢に入れるべき製品だと思います。

スペック

NEXTGEAR i670
OS Windows10 64bit
CPU Core i7-8700K
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1080Ti(11GB)
メモリ 16GB
HDD 2TB
電源 700W
スペックに関しての注意点

※情報は執筆時点のものになります。最新の製品の詳細や価格については公式ページで必ずご確認下さい。

外観をチェック

G-TuneのNEXTGEARの外観は前面パネルが光沢になっていのが特徴的です。i670シリーズはマザーボードにZ370を採用したモデルになります。

左側面にはCPUやGPUなどの冷却の為に吸気が開けられています。前面パネルの側面にもメッシュがありますが、こちらかも吸気の役割を果たしています。

天板部分に電源ボタンや各種インターフェースが集中しています。USB端子など角度が付いているので差し込みはしやすいです。ここの部分にUSBなど収納する事が出来るのは便利だと思います。

前面パネルは開閉する事が可能です。光学ドライブが今回のモデルには搭載されていますが、BTOオプションでカスタマイズ可能となっています。

背面部分は上部にケースファンが装備されているので前面や側面から吸気して背面から排出するエアフローになっています。今回レビューしたGTX1080Tiモデルは外排気のGPUなのでDVI端子が無いので、購入する際には公式サイトの詳細ページからよくよくご確認下さい。選択するGPUによって出力端子の仕様が違います。

内部パーツをチェック

Z370マザーで、CPUがCore i7-8700K、GPUがGTX1080Ti、メモリが16GB、HDDが2TBという構成になっています。カスタマイズするポイントとしてはSSDの追加があれば現状のハイエンドと言える構成内容です。

GPUはZOTAC製のGTX1080Tiが搭載されていました。

メモリはCrucial製の16GBが搭載されていました。

静音性のチェック

アイドル時 高負荷時(3DMARK 実行時)
45.6db 49.1db

アイドル時と3DMARKのFire Strike Ultraを実行した時の騒音デジベルを計測しました。数値は目安程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時 ベンチマーク実行時
41.8w 345w

消費電力を計測しました。※高負荷時は3Dmark(FireStrike)実行時の消費電力をワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度のチェック

アイドル時とベンチマーク実行時の温度

CPUやGPU等の構成内容によって温度は変化します。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

FF14の紅蓮の解放者のベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を超えているので、FF14は4Kでも快適にプレイ可能です。

解像度 設定 Core i7-8700K&GTX1080Ti Core i7-7700K&GTX1080Ti
3840×2160 最高品質 9068 8606
標準品質 10668 10181
低品質 16899 15947
1920×1080 最高品質 18112 18006
標準品質 18675 18575
低品質 21731 20882

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。DQX、DDO、MHF、PSO2に関しては軽めのゲームなので前世代CPU・GPU比較は抜粋しています。

解像度 設定 スコア
3840×2160 最高品質 21331
標準品質 21727
低品質 22507
1920×1080 最高品質 21943
標準品質 22634
低品質 23318

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

解像度 設定 スコア
1920×1080 最高品質 15176
標準品質 15560
低品質 15625

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは非常に高いスコアが出ています。快適にMHFもプレイする事が可能です。

画面サイズ スコア
3840×2160 20173
2560×1440 41025
1920×1080 65672

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6で93720という非常に高いスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

解像度 設定 スコア
1920×1080 簡易設定6(最高設定) 93720
簡易設定5 122593

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK 項目 Core i7-8700K&GTX1080Ti
Fire Strike スコア 22345
Graphics Score 27919
Physics Score 19318
Combined Score 9878
Fire Strike EXtreme スコア 12955
Graphics Score 13784
Physics Score 19294
Combined Score 6667
Fire Strike Ultra スコア 6867
Graphics Score 6794
Physics Score 19340
Combined Score 3642
Time Spy スコア 9251
Graphics Score 9605
CPU Score 7657

VRMARK

Orange、Blue共にスコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークで、Cyan RoomはDirect12、BlueRoomは将来用です。

VRMARK 項目 Core i7-8700K&GTX1080Ti
Orange Room  スコア 11159
Avg FPS 243.28
Cyan Room  スコア 8741
Avg FPS 190.55
Blue Room  スコア 3087
Avg FPS 67.29

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15 Core i7-8700K Core i7-7700K
CPU 1425 cb 967 cb
CPU(Single Core) 204 cb 191 cb

CPU性能の比較をする時に参考になるのがCINEBENCHになります。一概には言えませんが、マルチコアに対応しているゲームが少ないのでPCゲームではシングルコアのスコアが高い方が有利な傾向があります。

前世代と比較して物理コア数が増えているので性能もアップしています。動画編集等の作業をやる方なら数世代前のCPUをお使いであれば、買い替えの検討もアリだと思います。

SSD&HDDの速度

HDD

BTOなのでストレージに関してはカスタマイズする事が可能です。今回レビューしたモデルにはSSDが非搭載だったので予算に余裕があればSSDの追加、もしくはSSDが搭載されているモデルがおすすめです。

ゲームのベンチマークを計測

Rise of the Tomb Raider

解像度 設定 Core i7-8700K&GTX1080Ti
3840×2160 最高 64
82
最低 128
1920×1080 最高 148
170
最低 201

Ghost Recom Wildlands

解像度 設定 Core i7-8700K&GTX1080Ti
3840×2160 ウルトラ 37
59
89
1920×1080 ウルトラ 71
127
182

まとめ

現状のハイエンドモデルなので性能は間違い無いので性能を追求したいという方にはCorei7-8700K&GTX1080Tiの構成内容はかなりおすすめ出来ます。

ただ、フルHD環境でのゲームしかしないのであればGTX1070やGTX1060の方がコスパを考えると優秀なのでそういった方はそちらの選択でも快適にPCゲームはプレイ可能なのでお財布と相談しながらどこまで求めるのかによって選択をするのが吉です。

後はゲーム実況などのクリエイター活動をされている方にもCorei7-8700KとGTX1080Tiはおすすめになります。

「ゲーム実況のようなオープンな活動はちょっと…」という方でもうちょっと”クローズドな活動”として身内だけでフレンドさんと一緒にゲームをされるというような方でもハイスペックPCは活きます。

ゲーム内でイベント等があった時に動画を作ってYouTubeで限定公開をされる方やゲームのキャラクターのスクショ加工をされる方などゲーム以外の部分でそういった遊びをされる方もPCゲーマーでは非常に多いです。

そういった活動をされる方にも性能が高い事でゲームのランチャーを立ち上げながらPhotoshopを開くとかが可能になるのでおすすめです。

Pocket

🔺TOP