《G-Tune》NEXTGEAR i680シリーズの実機レビュー

公開日: :

Pocket

G-TuneのNEXTGEAR i680シリーズの実機レビューをしたので特徴や評価レビューをまとめています。NEXTGEAR i680シリーズが気になっているという方はチェックしてみて下さい。

NEXTGEAR i680シリーズから大きな変更点としてPCケースのデザインが一新されたという事が大きいです。PCケースのレビューまとめや性能やスペックの解説もしているので合わせて参考にしてみて下さい。

NEXTGEAR i680シリーズの特徴

ミドルタワー型のゲーミングPC

ATX規格のミドルタワー型のゲーミングPCがNEXTGEAR i680の特徴です。ゲーミングPCとしては一般的な大きさで拡張性が高いです。

天板が完全にフラットなので天板に物を置くという方も多いのではないでしょうか。その際にフラットなので置きやすいのはゲーマーには嬉しい改良点。

また、前面吸気が無く側面と底面の吸気になっています。底面にはダストフィルターが備え付けられていて水洗い可能です。メンテナンス性が高いのもNEXTGEARの特徴です。

更に詳細な内容についてはケースレビューでNEXTGEAR i680シリーズのPCケースをレビューしているので参考にしてみて下さい。

ダブル水冷やガラスパネル対応モデルも登場

ゲーミングPCで重要な冷却を更にブーストする事ができるCPUの水冷化に加えてGPUの水冷化も可能なのがG-Tuneのダブル水冷です。

CPU単体の水冷やサイドパネルの強化ガラスの対応にもBTOなので執筆時(2018/07/26)だと全モデルで対応の確認をしています。

ただ強化ガラスなどのオプションに関してはカスタマイズに対応していないモデルというのもタイミングによっては今後出てくるでしょう。フルカスタマイズしたい方は注意すべき点ですね。

ダブル水冷のモデルはこちらのページでまとめられています。NEXTGEAR i680シリーズのカスタマイズの有無などの確認については「カスタマイズ・お見積り」のケースという項目から確認する事が可能です。

グラフィックスカードホルダーに対応

グラフィックスボードは自重の重さで下がってきてしまいます。その結果歪んだり変形してしまう事があります。それを防ぐ効果があるのがグラフィックスカードホルダーになります。

NEXTGEAR i680シリーズではデフォルトでこのホルダーが標準搭載されているのでグラフィックボードの変形を防ぐ効果が見込めます。

G-Tuneの主力級デスクトップPCがNEXTGEAR

G-TuneのゲーミングPCを細分化するとこのようになります。

可搬性に特化した「小型でハンドルが付いているLITTLEGEAR」、「コスパ重視のNEXTGEAR-MICRO」、「主力級のNEXTGEAR」、「最上位のMASTERPIECE」という棲み分けが可能です。

なのでNEXTGEARの場合にはスペックを重視しつつ拡張性も欲しいという方に最適です。

  • NEXTGEAR-MICRO im610シリーズはB360マザーボードを採用
  • NEXTGEAR i680シリーズはZ370マザーボードを採用
  • MASTERPIECE i630シリーズはZ370マザーボードを採用

つまりシリーズのスペックで言えばNEXTGEARと最上位のフラッグシップモデルのMASTER PIECEとでは変わらない事になります。

なので価格面に対して性能や拡張性という実利で考えるのであればNEXTGEAR i680シリーズがG-Tuneの主力級という扱いになるという訳です。

キャプチャーボードの内蔵タイプやサウンド―カードの内蔵タイプなどを取り付けたいと考えている方は拡張性の高いZ370マザーボードが魅力的に感じる方も多いでしょう。

NEXTGEAR i680シリーズのスペック

NEXTGEAR i680シリーズ
CPU インテル Core i5-8400~Core i7-8700K
CPUクーラー 標準/空冷/水冷
GPU GeForce GTX 1050~1080 Ti 
メモリ 8GB~64GB
SSD 240GB~
HDD 1TB~
マザーボード Z370(ATX)
スペックに関しての注意点

※執筆時の構成内容のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

スペックはGTX1050~GTX1080Tiまで揃っているので欲しいスペックに合わせて検討してみるがいいでしょう。

特にG-Tuneの場合にはCPU温度面で100℃に基本的にいかないという強みがあるので価格を重視するのであれば標準CPUクーラーやCore i5などの構成だと価格を抑えたモデルの組み合わせも執筆時では可能です。

逆にハイエンドなモデルの構成も可能でMAX級スペックだとGTX1080Tiを搭載しCore i7-8700Kを搭載したモデルにメモリ32GBやSSDを大容量にするなど欲しいスペックに合わせて検討可能です。

個人的なおすすめな構成(おすすめカスタマイズ)

NEXTGEAR i680シリーズ
CPU Core i7-8700K
CPUクーラー 空冷か水冷
GPU GeForce GTX 1080
メモリ 16GB
SSD 480GB
HDD 2TB
マザーボード Z370(ATX)

どういう構成がおすすめなのかという点で個人的におすすめの構成例の一例を掲載しておきます。

CPUは現状Core i7シリーズの最上位のCore i7-8700KはCPU性能が高い事で実ゲームのパフォーマンスに関わってきたり配信等の場合でも有利に働きます。

CPUファンはCore i7-8700Kを搭載しているのでCPUファンを空冷にカスタマイズか更に冷却を考えるのであば水冷が適しています。

GPUはGTX1080Tiの場合フルHDだと性能を持て余す場合もあります。なのでコスパを考えてGTX1080ですが、ここは予算と性能が直結する部分なので後述するゲーム性能での解説を参考にしてみて下さい。

メモリは現状のゲームだと16GBが推奨のゲームが登場している事から16GBがおすすめです。

SSDに480GBとHDDが2TBという構成だとアクティブなゲームが多い方やHDDの容量が多いので非アクティブなゲームの保存や動画ファイルを扱う場合でも安心です。

NEXTGEAR i680シリーズの実機レビュー

個別商品のモデルのベンチマークによる性能のデータなどを掲載しています。

【実機レビュー】NEXTGEAR i680PA1-SMMの性能は?【プロゲーマー推奨ハイスペックモデル】

i680PA1-SMMは人気のGTX1080を搭載したプロゲーマー推奨モデルです。

【実機レビュー】NEXTGEAR i680PA1-DLの性能は?ダブル水冷/LEDファン/強化ガラス対応のゲーミングPC

執筆時(2018/07/26)NEXTGEARの最上位モデルのダブル水冷やLEDファン、そして強化ガラスが最初からカスタマイズされたモデルです。

NEXTGEAR i680シリーズのゲーム性能

グラフィックボード スコア
GTX1080Ti
28590
GTX1080
21829
GTX1070Ti
19524
GTX1070
17974
GTX1060(3GB)
12232
GTX1050
6836

マウスコンピューター(G-Tune)のグラフィックボードの性能はこちらから閲覧する事が可能です。3DMARK(Fire Strike Graphics Score)の性能比較になっています。

スタンダードな性能がGTX1060です。GTX1050とは性能差を実感可能なラインと言えるでしょう。

GTX1070Tiも人気のあるグラフィックボードです。フルHDで快適に高画質な設定でPCゲームをプレイする方に最適です。

GTX1080は更にそれよりもフレームレートを稼ぎやすいのでフルHD環境で様々なゲームで更に快適にゲームをプレイしたい方にはイチオシです。

GTX1080Tiは最上級を求める方におすすめで、4Kも視野に入れたり、VRなどあらゆるPCゲームを取り巻く環境に対応する事が可能なスペックというのが魅力です。

NEXTGEAR i680シリーズでグラフィックボード選びの参考にしてみて下さい。ゲーミングPCのグラフィックボードの選び方では更に詳しく解説しています。

NEXTGEAR i680シリーズの評価まとめ

nextgear-i680ケース外観

NEXTGEAR i680シリーズはケースデザインが変更された事でシンプルなマットな質感に変更されました。また、天板が完全にフラットになった事で物を置きやすくなったのは好印象。

インターフェースが天板前面にあるのがデスク下にゲーミングPCを置く方には便利だと感じます。グラフィックスカードホルダーも変形が気になる方には嬉しい変更点ですね。

HDMI端子が前面に付いたのはVRや配信等をやる方にとっては便利に感じる方も多いのではないでしょうか。底面のダストフィルターやエアフローの改善でより使い勝手が向上していると見ていいでしょう。

静音面で言及すると以前のケースよりも標準CPUクーラー構成の場合、数値的には静かになっているデータが出ています。ケースファンが背面1基になっている事の影響が出ている結果です。

価格構成は最安値で99,800円(税別)(2018/07/26時点)となっています。欲しいスペックに合わせてNEXTGEAR i680シリーズをチェックしてみて下さい。

Pocket

🔺TOP