【G-Tune】NEXTGEAR i660GA1-SH2-FGの実機&性能レビュー

公開日: : 最終更新日:2017/03/03

Pocket

マウスコンピューターさんから『NG-i660GA1-SH2-FG』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。

第7世代CPUのKaby lakeを搭載し、グラフィックボードにはGTX1070を採用、メモリも16GBなど非常にハイパフォーマンスが特徴なゲーミングPCになります。ゲーミング性能は十分なのでどんなゲームでも快適にプレイにする事が可能です。

スペック

OS Windows10
CPU Core i7-7700K
GPU GTX 1070(8GB)
メモリ 16GB
マザーボード Z270(ATX)
ストレージ SSD 256GB HDD 2TB
電源 700W

※情報は記事執筆時点のものになります。最新の製品の詳細や価格については公式ページで必ずご確認下さい。

ケース外観

前面

ケース前面は光沢の高級感のあるパネルが採用され、下部には西洋騎士の甲冑のようなデザインが入っています。こちらの銀の部分は電源を投入する事で青く光ります。ケース上部にはG-Tuneのロゴが入っています。

左側面

左側面にはメッシュが入っています。この部分からグラボの熱などの吸気が行われます。

右側面

右側面には特に何もありません。

背面

背面には背面ファンがあり、こちらから排気を行っています。グラフィックボードの出力はDisplayPort×3、HDMI、DVI端子となっています。電源はスイッチのあるタイプになっています。

天板

天板部分にも特徴があるのがNEXTGEARのPCケースです。電源ボタンがあり、その下にカードリーダー、USB3.0×2、USB2.0×2、オーディオ端子が並んでいます。

底面

背面はこのようになっています。足はゴム足なので滑りづらいです。

内部

ATX規格なのでケースもMicroと比較すると一回り大きくなっていますが、その分PCケース全体的に余裕があります。ファンは左上と右中央にあります。

メモリに関しては16GB搭載ですが、8×2のデュアルチャネル構成です。なのでまだ2スロット余っています。必要な方は増設する事も可能です。

グラボはMSIのGTX1070になります。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド

FF14の蒼天のイシュガルドのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。フルHD環境なら最高設定でも余裕で7,000は越えています。

設定 画面サイズ DirectX スコア
最高品質 3840×2160 11 5532
高品質 3840×2160 11 6496
標準品質 3840×2160 11 12072
最高品質 3840×2160 9 7343
高品質 3840×2160 9 7483
標準品質 3840×2160 9 16241
最高品質 1920×1080 11 17451
高品質 1920×1080 11 19120
標準品質 1920×1080 11 25460
最高品質 1920×1080 9 20484
高品質 1920×1080 9 20913
標準品質 1920×1080 9 28438

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 3840×2160 17327
標準品質 3840×2160 19715
低品質 3840×2160 21480
最高品質 1920×1080 21067
標準品質 1920×1080 21550
低品質 1920×1080 22651

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 13953
標準品質 1920×1080 14415
低品質 1920×1080 14420

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは34838というスコアが出ています。快適にMHFもプレイする事が可能です。

設定 画面サイズ スコア
最高設定 3840×2160 10143
最高設定 1920×1080 34838

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6で79454というスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

設定 画面サイズ スコア
簡易設定6(最高設定) 1920×1080 79454
簡易設定5 1920×1080 94008

3DMark

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。 Fire StrikeについてはゲーミングPC用のベンチマークになるのでゲーミングPCの場合は基本的にFire Strikeを参考にするといいでしょう。Fire Strike Ultraは4Kでの3Dゲームのパフォーマンスを計測しています。

Dmark スコア Graphics score Physics score Combined score
Fire Strike 15090 17880 14062 7325
Fire Strike Ultra 4236 4177 14138 2179

Time Spy

Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

スコア Graphics score CPU test
5608 5655 5359

SteamVRパフォーマンステスト

SteamにあるSteam Performance testの結果ではVRレディとなっています。VRはGTX970が推奨要件になっているのでそれを越えています。

平均忠実度 テストされたフレーム 90fps以下のフレーム CPUバウンドフレーム
10.8(非常に高い) 12094  0 0

SSD&HDDの速度

SSD HDD

SSDは256GB搭載しています。BTOなのでストレージに関してはカスタマイズする事も可能です。HDDとハイブリッド構成なので頻繁に使わないデータと使い分ける事が出来て便利です。

まとめ

GTX1070とCore i7 7700Kの性能があれば、基本的にフルHDのゲームならほとんど快適に動作します。なのでそれ以上の解像度を求める方や、FPSなどのゲームで高いFPS値を稼ぐ必要のある方におすすめです。

逆にフルHD(1920×1080)で60Hzのシングルディスプレイで運用するのならコラボモデルのGTX1060搭載モデルの方がいいかと思います。

後は将来性に関しては70番台は前世代のGTX970もそうですが、まだまだ現役で活躍しているので息が長く運用出来るというメリットもあります。

NEXTGEAR i660GA1-SH2-FG

CPU:Core i7-7700K
メモリ:16GB
GPU:GTX1070(8GB)

Pocket

🔺TOP