Cities: Skylines(シティーズ:スカイラインズ)の推奨スペック

公開日: : 最終更新日:2016/12/09

Pocket

ss_7b5debf98dc58d28c2f7f909e7b99124e59b5291.1920x1080_R

Cities: SkylinesはMOD導入が楽すぎる

まず大前提として街作りゲームはMODを導入して遊ぶゲームだと思うのですが、その敷居が凄く低いです。

シムシティ4などでMODを導入したり他のゲームでMODを導入した事がある人はあまりの手軽さにかなり驚くかと思います。

Steamのワークショップで導入したいMODをワンクリックすると導入完了。後はコンテンツマネージャーでチェックを入れれば完了です。まるで公式のDLCを適用しているくらいの簡単さです。

SnapCrab_NoName_2015-8-2_16-31-49_No-00_R

Steamのワークショップでも人気なGTA5のMAPを再現したセーブデータが配布されてるので早速見てみましたが、かなり再現されていました。

電気がつながっていなかったり、色々垂れ流してあるので景観的には微妙ですが、山とか一人称視点で登ってみたりして遊んだり出来ます。

もちろん破壊する事も可能ですし、そのまま手を加える事も可能となっています。

必要スペック

OS Windows XP/Vista/7/8/8.1 (64-bit)  
CPU Core 2 Duo, 3.0GHz or AMD Athlon 64 X2 6400+, 3.2GHz
メモリ 4GB
グラフィック nVIDIA GeForce GTX 260,(512MB )以上

推奨スペック

OS Windows 7/8 (64-bit)  
CPU Core i5-3470, 3.20GHz or AMD FX-6300, 3.5Ghz
メモリ 6GB
グラフィック nVIDIA GeForce GTX 660(2GB) 以上

要求スペックは現在のPCスペックを考えると高くないです。2~3年前のミドルスペックのゲーミングPCなら快適にプレイできそうです。MODをゴリゴリ入れてもGTX660程度あれば普通に遊べます。

MAP拡張で81個のとかがありますが、さすがにそこまでやるならスペックをアップする必要性があります。

しかし、普通にプレイする分にはそこまでスペックに関しては必要ないでしょう

なので一度プレイしてみてもし重いな、カクつくなと感じていて今後も他のPCゲームを本格的にプレイしたいと考える場合はゲーミングPCの購入を検討するのがいいでしょう。

おすすめのゲーミングPC

PCゲームを本格的にプレイするのならGTX1070がおすすめです。他のシミュレーションゲームをプレイしたくなってもこのスペックがあれば快適にプレイする事が可能です。

NEXTGEAR i650PA7(マウスコンピューター)
SnapCrab_NoName_2015-11-16_11-24-32_No-00 CPU core i7-6700K
メモリ 16GB
GPU GTX 1070(8GB)
HDD SSD 240GB、HDD2TB
電源 700W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
マザー Z170(ATX)

実機レビューをしています。→【G-tune】GTX1070搭載NEXTGEAR i650GA7の実機&性能レビュー

ガレリア XF(ドスパラ)
kt_410 CPU core i7-6700
メモリ 16GB
GPU GTX 1070(8GB)
HDD SSD 480GB、HDD2TB
電源 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
マザー H170(ATX)
Pocket

🔺TOP