静音性を重視するゲーミングPCの選び方とおすすめ静音ゲームPC

公開日: : 最終更新日:2018/08/16

Pocket

一度気になるとどうしようも無いのが騒音問題ですよね。PCからの騒音はファンが高速で回転する事による音が原因です。なので高負荷をPCにかけなければ基本的に騒音レベルまではいかないかと思います。

ですが、ゲームはかなり高負荷をPCに与えます。なのでどうしてもファンが回転する音からは避けられません。なので、静音を売りにしているファンに取り替えたり、CPUファンが標準の場合は冷却効果が高いサイドフロー型のCPUファンに取り替えるなどの施策を打つ事で劇的に騒音が改善される場合があります。

自分でパソコンのパーツ交換が出来る方はそれらをしたり、HDDの音も気になるという人はSSDにする事でこちらは無音レベルまでいけます。

現在お持ちのPCの改善を望まれる方は上記の事を試してみるのもいいかと思いますが、これから買い替えたいという方におすすめの静音PCを紹介していきます。

ただの静音PCでは無い、超静音PC

本気で静音PCが欲しいという方におすすめなのがサイコムから販売されているサイレントマスターPROシリーズです。プロが本気で静音化を実現する為に無響室の中で徹底的な静音検証を行っています。

空冷最高峰のNoctuaを採用し、ケースにはAntec P100を採用するなど静音に関しては間違い無いですが、デメリットとしてはお値段が高いです。人によってはちょっとガチ過ぎると感じる人もいるかもしれません。

カスタマイズが自作並に行える自作代行系のBTOのサイコムなので、カスタマイズももちろん柔軟に対応しています。ある程度パーツの知識がある人で、静音に特にこだわりたいという方にはかなりおすすめです。

パソコン工房のLEVEL∞ S-Class

パソコン工房にはレベル∞というゲーミングPCブランドがありますが、その中のSクラスが静音に特化したモデルとなっています。こちらは先程のサイコムと比較してコスパが高くリーズナブルな価格になっています。

ミニタワーモデルとミドルタワーモデルがあるので混同しないように注意しましょう。サイズなどこだわりが無い方は冷却面を考えてミドルタワー型がおすすめです。

ドスパラのZシリーズは静音仕様

ドスパラのゲーミングPCは静音特化モデルというカテゴリの商品はありませんが、ガレリアのZシリーズは実際に使用してみると非常に静かでした。これには理由があり、Zシリーズには静音パックまんぞくコースが標準で付属しているからです。

なので、Zシリーズ以外でもカスタマイズで静音パックコースにカスタマイズする事で静音性はアップします。

ドスパラのゲーミングPCはコスパに非常に定評のあるBTOメーカーです。静音パックにカスタマイズするだけなので初心者の方にも分かりやすいかと思います。

静音性とコスパを両立したい場合には非常におすすめです。

ドスパラで最も静音面に優れていると感じるのはゲームマスター

【ドスパラ】ガレリア ゲームマスター GXFの実機レビュー《 Core i7-8700&GTX1070Ti 》

実機レビューした中でガレリアの中ではゲームマスターが一番静かだと実感しています。

サイコムの実機レビューはしていないですが、デシベル値をチェックするとサイコムのサイレントマスターが頂点だと思います。

管理人が実機レビューした中ではゲームマスターが頂点でした。実機レビューした100台以上の中でも一番静かなゲーミングPCという印象です。

G-TuneならMASTER PIECEかNEXTGEAR

G-TuneはNEXTGEARがi680シリーズからPCケースの変更、NEXTGEAR-MICROがim610シリーズからPCケースの変更がありました。

新ケースになった事でNEXTGEARは静音性は以前のケースより上がった印象です。

なのでG-Tuneの中ではMASTER PIECEが数値的には一番静かなデータが管理人が取得した中では出ましたが、以前よりそこまで大差がなくなりました。

静音ランキング

1 MASTER PIECE
2 NEXTGEAR
3 LITTLEGEAR
4 NEXTGEAR-MICRO

構成内容によっても変わってくるのであくまでも管理人の主観や管理人の環境下での計測データに基づいているので参考程度にして下さい。

追記NEXTGEARはi680シリーズ対応、NEXTGEAR-MICROはim610対応しました。

Pocket

🔺TOP