シミュレーションゲームのおすすめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/19

Pocket

age-216925_1280_R

海外のシミュレーションゲームならPC一択

シミュレーションゲームというジャンルはPCゲームが一番じっくりやり込めるジャンルです。家庭用のゲーム機だと機能が削られていたり、そもそも販売されていない場合がほとんどで、ジャンルのシステム的に数値が上下したり街づくり系のシミュレーションだと高いグラフィックスを求められたり、ジャンル全体としてアクションゲームやFPSと比べると地味な印象があるせいか家庭用として出すまでも無いのかどうかは分かりませんが、特に海外のシミュレーションゲームがやりたいといった場合はPCゲーム一択と言っていいと思います。

Spark_2014-11-13_19-11-29

代表的なのはシムシティシリーズやシヴィライゼーションシリーズ(Sid Meier’s Civilization)などです。

シヴィライゼーションはPS3でシヴィライゼーション レボリューションとして販売していたり、シムシティはスーパーファミコンなどで発売されていますが、結局やり込もうとなるとPC版に手を出さないとシミュレーショーンゲーマーとして次のステップに繋がらないので今までPlayStationやNintendoなどの家庭用ゲーム機で遊んでいた人もシミュレーションが好きになるとPCに鞍替えします。これは皆が通る道だと思います。

管理人もシムシティ4(2003年発売)がやりたくてゲーミングPCを買った経緯があります。

シミュレーションゲームが好きならゲーミングPCを買っておいた方がかなり幸せになれます。その分中毒性が高いのでハマりすぎには注意です。

シミュレーションゲームと言ってもかなり幅白いのでジャンル毎に解説

シミュレーションRPG(TBS(ターン制ストラテジー))

ターン制ストラテジーは簡単に言うと囲碁とか将棋と同じようにターンがあります。プレイヤーと相手が交互にターンを繰り返して勝負していくルールですね。シミュレーションRPGはだいたいこのスタイルです。

ファイヤーエムブレムがおすすめ

ファイアーエムブレム 暁の女神
発売日:2007/2/22
参考価格:¥6,994円 対応ハード:wii/wii u 前作『蒼炎の軌跡』の話が前提となります。

シリーズ10作目でwiiで発売された『ファイアーエムブレム 暁の女神』ですが、現在では3DSなどで発売されている人気シリーズです。 『暁の女神』はとにかく大ボリュームで、キャラクターの数も多く、シナリオも前作をプレイしていればかなりハマれます。wiiを買ってよかったなと思えた作品でもあります。 ただ、前作『蒼炎の軌跡』の話が前提なのですが、現在では『蒼炎の軌跡』はプレミア価格になっているので中古屋さんで探すか高いけどネットで中古で買うかしかないです。それだけ面白いという事の裏返しでもあります。

経営

シミュレーションゲームの花形と言った所でしょうか。シムシティシリーズ、Citiesシリーズ、トロピコシリーズなら自分だけの街づくりが楽しめたり、ザ・コンビニシリーズならコンビ二経営、Farming Simulatorシリーズ、牧場物語シリーズなら農業経営、レミュオールの錬金術師ならお店経営、ゲーム発展途上国ⅡDXならゲームを作れるという感じでPC版ならではの経営系のシミュレーションが海外ゲームでは沢山あります。
海外のシミュレーションはグラフィック要求が高いゲームが多いのでそこは注意が必要です。

シムシティシリーズがおすすめと言いたいけどCities: Skylinesがおすすめ

ss_7b5debf98dc58d28c2f7f909e7b99124e59b5291.1920x1080_R Cities Skylines Deluxe Edition
発売日:2015年3月10日

ダウンロード:Steamで¥2,980円 Deluxe Editionが¥3,980円

SFCのシムシティを子供の頃に遊んだ人もいるかもしれませんが、シムシティはその後2000でやり込みがパワーアップし、シムシティ3000でグラフィックが大幅にキレイになって、シムシティ4で神格化したシムシティシリーズなんですが、最新の5に当たるシムシティ(2013)でガッカリしたユーザーも多いかと思います。そういうんじゃあ無い!という感じになってしまったのですが、Cities: Skylinesがグラフィックはシムシティ(2013)並みの現実感のある感じに仕上がっており、中身がシムシティ4を正統進化して公式でMODがOKというステキ仕様になっているので非の打ち所が無いゲームに仕上がっています。

Cities: Skylines(シティーズ:スカイラインズ)の推奨スペック

育成

育成と言ったら個人的にはパワプロのサクセスが一番最初に思いつきます。野球が好きではない人でもオールAやオールSの選手を作りたいという感じで熱中度が高いですね。
ダビスタは馬を育てるという感じで、太閤立志伝は武将を育成する感じです。他にもやきゅつくやさかつくなどのスポーツチーム育成ゲームなんかもこのジャンルに含まれます。

やっぱりパワプロがおすすめ

実況パワフルプロ野球2014
発売日:2014/10/23
価格:¥7,538円 対応ハードPS3/PSvita

2014では栄冠ナインというファン待望のモードが追加されています。毎年売上の関係で出ないのかもしれないという恐怖と戦っているファンも結構いるはず。PS4で早く出して欲しいとか、もうちょっと革新的な何かが欲しい所ですが、なんだかんだ毎年買ってしまう魅力はあります。

シミュレーター

職業用の訓練ゲームみたいな感じで、有名所だと鉄道シュミレーター、フライトシュミレーター、ドライブシミュレーターなどがあり実際に運転したりする気分を味わう事が出来るコアなファンにはたまらないジャンルです。

ユーロ トラック シミュレーター 2 ゴールドエディション 日本語版 [ダウンロード]
 
 

RTS(リアルタイムストラテジー)

RTSはリアルタイムストラテジー(Real time Strategy)の略で、リアルタイムで部隊を動かしながら戦争したりするゲームです。代表的なのは以下なのですが、最近ではコーエーの看板タイトルの信長の野望や三国志このRTSタイプを採用しています。

MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)

基本的なルールは至極単純で、5人の2チーム(計10人)で敵の本拠地を破壊するというだけ。それだけに海外ではe-sports(エレクトロニック・スポーツ)として高額な賞金が出る大会などがあり、日本でもプロチームが存在します。

League of Legends(LoL)がおすすめ

50f8c88d-9250-488c-916e-f161734f05df_R

League of Legends(LoL)のおすすめPCスペック 基本無料なのですぐにでも始められます。英語ですが、攻略サイトなどが充実しているのでプレイには困らないと思います。

戦争シミュレーション

中国の三国時代、日本の戦国時代などの歴史戦争ゲームから近代の軍事的なゲームなどの歴史と紐付いたゲームが多い。日本でも廃人が続出した熱中度MAXのシヴィライゼーションシリーズなども国盗りゲームで他国を制圧していきます。

戦争シミュレーションは基本的にはTBS(ターン制ストラテジー)か、RTS(リアルタイムストラテジー)でゲームが進行していきます。信長の野望や三国志は最近だとRTSが多い印象。

とにかく国内、海外含めて歴史ゲームは沢山あるのでゲーミングPC一台あるとかなりやり込めます。

Pocket

🔺TOP