ツクモ(G-GEAR)徹底分析

公開日: :

Pocket

2015-12-05_10h32_45

ツクモは老舗のパソコンショップです。2009年にヤマダ電機の子会社化をして運営が変わりましたが、品質の高いBTOメーカーとして評価が高いです。製品に対する知識に裏付けされた信頼性や品質の高さは変わらずにG-GEARというゲームPCもイードのゲームPCアワードでデスクトップ部門4年連続最優秀賞というユーザーの支持を受けています。

納期 延長保証 初期不良
3営業日~ 有:最長3年 一ヶ月以内

シンプルなラインナップ

2015-12-05_10h54_11

G-GEARのデスクトップはminiとレギュラーとneoの3つのケースからをまず選択してグラボを選択するという流れですが、さすがパーツ屋という事でかなりグラフィックボードに関してのカスタマイズの余地が広いです。管理人が普段おすすめしているドスパラのガレリアやマウスのG-tuneなどは初心者向きのBTOメーカーなのでここまでのカスタマイズは出来ないです。

ですがそれはメリットでもありますが、デメリットにもなりえます。

2015-12-05_11h25_41

記事執筆時のneoの表ですが、一見するとゲームPCのブランドとしては製品の数が少ないですが、前述のようのカスタマイズ出来るようにしてあるので灰色の範囲までがグラフィックボードで対応しているという事になっています。

先程言ったガレリアやG-tuneのような初心者でも失敗しないBTOとは違い自分で色々な組み合わせが出来るので好きなようにカスタマイズする事が可能です。

ですが逆に言うとパーツの知識が無いと基本的に選び方がよく分からないという事にもなりえます。

ドスパラなどの初心者向きのBTOでは初心者が迷わない工夫がされています。基本的にカスタムしなくても問題無いように。カスタムしても範囲が絞られているので無茶なカスタムが余り出来ないようになっています。

なのでパーツの知識が分かる方には刺さるBTOメーカーだと思います。パーツ1つ1つを吟味して見ていくと品質の高いパーツが使われているのが分かりますし、ある程度カスタマイズの余地が広いので中級者でも満足できると思います。

なので初心者には余りおすすめできませんが、中級者にはおすすめできます。上級者はサイコムなどの方がメモリを無しにしたり自分に合ったパーツでPCを作れます。

Pocket

🔺TOP