オープンワールド型ハッキングゲー『ウォッチドッグス2』の推奨スペック

公開日: :

Pocket

ハッカーを題材にしたオープンワールド型のアクションゲームのウォッチドッグスの第2弾がウォッチドッグス2です。前作から出来る事の幅が広がり、評判も高いです。

今作の見所は、舞台はサンフランシスコの街並みが再現されています。ハッキングの技術を使い敵をステルスで無力化したり、銃をぶっ放したり、ドローンを使ってみたりとスキルシステムなので成長する毎にアンロックされていくシステムになっています。

グラフィックに関しては、静止している状態だと森林などは結構リアルな作りです。影に入った電柱なんかも静止画だと非常に映えます。

車やバイクもハッキングのスキルで盗み放題ですし、成長すると市民の通報もハックする事が可能になり、自由度がどんどん上がっていくので爽快感のあるゲームです。

ウォッチドッグス2の推奨スペック

  • OS: Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 (64bit versions only)
  • プロセッサー: Intel Core i5 3470 @ 3.2 GHz, AMD FX 8120 @ 3.9 GHz
  • メモリー: 8GB
  • グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 780 | AMD Radeon R9 290, または3GBのVRAM以上
  • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
  • ストレージ: 50GB以上

GTX780が推奨スペックとして記載があります。実際にGTX1070で試してみると最大設定だと60FPSは厳しい印象で、普通に使うならば超高設定で大体60FPSでプレイ可能でしたが、割りとティアリングが発生する関係でFast Syncを有効にするとかなり改善されて快適にゲームがプレイ可能でした。

Fast Syncを有効にするとFPS値が下がるので高設定辺りが60FPSを割り込む事はありますが、快適性で上回るのでおすすめな設定になります。そう考えるとGTX1070かGTX1080がおすすめなGPUになります。上記画像はGTX1070搭載PCで撮影したスクリーンショットになります。

各種グラフィックボードでのFPS値をGameGPUさんが計測していますが、フルHD環境で最高設定で快適に遊ぶにはGTX1080が妥当という事になります。2世代前のGPUを使っている方などは買い替えを検討した方がいいかもしれません。

ただ、最高設定でなくても多少画質設定を下げてもいいという方にはGTX1070はコスパが良いのでおすすめです。

ウォッチドッグス2のおすすめゲーミングPC

NEXTGEAR i650GA7-FG
ng2_80b gs_gtx1070 CPU Core i7-6700
メモリ 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB)
SSD 480GB
HDD HDD 2TB
電源 700W 【80PLUS BRONZE】
マザー Z170(ATX)

当サイトとG-Tuneのコラボモデルで、通常のモデルよりもお得な内容になっています。G-Tuneのオリジナルゲーミングマウス・キーボードが付属しています。性能に関してもGTX1070搭載で申し分ないです。他にもGTX1060搭載モデルやGTX1080搭載モデルもあるのでチェックしてみて下さい。

はじめてゲームPC×G-Tuneコラボモデルが発売中!

こちらで詳しく解説しています。

ガレリアZF
kt_410 OS Windows10
CPU Core i7-6700K
グラフィック GTX1070(8GB)
メモリ 16GB
ストレージ NVMe SSD 256GB HDD 3TB
マザー Z170(ATX)
電源 500W(80PLUS BRONZE)

最新のパーツ構成に次世代SSDのNVMeを搭載、ガレリアのZシリーズは標準で静音パックまんぞくコースが付属しているのでCPUファン周りにカスタマイズの必要は無いのでそのままのデフォルト構成で購入しても失敗がありません。

予算に合わせてGTX1080搭載モデルやGTX1060搭載モデルの販売もあるので用途に応じて選択して下さい。でも個人的にはGTX1070がバランスの取れた性能と価格なのでおすすめです。

Pocket

🔺TOP