PCゲームを無線でプレイしたかったのでXBOX Oneコントローラーを購入したら想像以上に快適だった

公開日: :

Pocket

PCゲームでWindowsに対応したゲームパッドと言えばXbox Oneのコントローラーが鉄板ですが、無線にするにはレシーバーが必要だったり少し面倒なイメージがあって普通の360コントローラーを使用していましたが、レシーバーを別途購入しなくてもWindows10環境であれば新型のXbox OneコントローラーはBluetooth接続が可能になったのでBluetoothが親機の方で使えれば接続可能になっています。

外観チェック

今回のXbox One ワイヤレス コントローラーからBluetoothでWindows10搭載PCと簡単に接続する事が可能になりました。扱いやすいXboxのコントローラーはWindowsと相性バッチリなので空気を吸うように接続してプレイ可能です。

裏面の所がザラザラしているので非常に持ちやすいです。ボタンの配置も親指が届きやすいので手の小さい方でも違和感なく操作する事が可能だと思います。試しにPS4とXbox Oneコントローラーを女子に比べて貰ったらXbox Oneコントローラーの方が持ちやすいし操作しやすいと言っていました。

Bluetoothボタン

背面側にBluetoothの接続ボタンが付いているのでここを3秒くらい長押しする事でペアリングが可能になります。

背面には他にもMicroUSB端子が付いているのでUSBケーブルを接続すれば無線が自動的にオフになり、有線コントローラーとしても使用可能です。

電池式

電池式なのも嬉しい所。PS4のDS4だと充電式なので使いたい時に充電が無くなって結局有線でプレイみたいな事も多々あるのでずぼらな方には電池の方が嬉しいのでは無いでしょうか。家に電池をストックしておけばいつでも無線でプレイ可能です。

ロゴの光り方

電源は素早く”さっ”とロゴを押しても反応しないので最初は「ん?」と戸惑いましたが、1秒くらい押すと付きます。せっかちな方は要注意。

3.5mm ステレオ オーディオ ジャック搭載

3.5mm ステレオ オーディオ ジャックが搭載されているのでヘッドセットやイヤホンなどを挿して使う事も可能です。ただ無線環境(Bluetooth接続)だと使用不可です。有線接続の場合はこちらから音声が出ます。

Xbox One コントローラーとXbox 360 コントローラーの比較

MHFを6~7年前にガッツリやり込んだ時からお世話になっているXbox360の有線コントローラーと比較すると形状が様変わりしていますね。ボタンの数自体は変わっていないと思いますが、Windowsロゴ部分が上部に行ってアナログスティックが小さくなってすべり止めが縁に付いていたり、LT/RTのボタンの感触が非常に上質になっています。

重量

電池込みでの重量で279gです。電池を抜いて計測すると233gでした。Xbox 360コントローラーもケーブル込みで計測すると323g、無しだと210g、PS4のDS4は220gでした。

あくまでもこの計測器での話しですが、特に重いとは感じませんでした。使う人によって印象は変わってくるとは思いますが、少なくともこの重量に不満を持つ人は周りではいませんでした。持ちやすい形状とボタン配置で最も高評価でしたよ!

iOSではXbox One コントローラーは使えない

せっかくBluetoothで接続出来るのだからiPadの大画面で持ち運びながら車中の中でパッドでゲームが遊べるのかな?と気になったので試したみたらペアリングしようとしても表記が出てこない。調べてみるとiOSには対応していませんでした。残念。

Androidの端末も試しに使ってみたらこちらはすんなりペアリングに成功してゲームでも快適に動作していました。Androidユーザーの方ならスマホやタブレット、そしてWindows10のPCとコレ一台で全部まかなえますね。

Windows10との接続方法

ワイヤレス接続するにはWindows10のAnniversary Update環境が必要です。Windows10を使っていて普通に更新していてば勝手になっているはずです。Windows7やWindows8などには対応していません。

ノートPCなどでは標準でBluetooth機能が搭載されているので何の問題も無いとは思いますが、デスクトップPCなどではBluetoothが付いていないと場合には別途Bluetoothのアダプターを購入する必要があります。

【Newiy Start】Bluetooth4.0 USBアダプタ EDR/LE(省エネ) Windows10 apt-X対応 CSRスタック付属 ブルートゥース ドングル (抓み型)

Amazonで「Bluetooth」と検索すると記事執筆時でベストセラー1位になっていたのでこれを選択しました。

BluetoothがPCで接続出来ない問題の解決法

こちらの機器をUSBに挿してインストールディスクが付属していたのでインストールしてペアリングしようとするとエラーが出てXbox Oneのコントローラーと接続出来ませんでした。

なので、一端Bluetoothに付いてきたディスクのセットアップをアンインストールしてシャットダウン。まっさらな状態で普通にBluetoothをパソコンのUSBの所に挿すと勝手にドライバがインストールされるのでその方法でやったら普通に使えました。

これはこの機器だけの問題では無いみたいで、他のBluetoothの機器も同様の問題を抱えているとの記述を見つけたのでBluetooth買ったのにXbox Oneと接続出来ないとか認識が出来ないというような症状にお悩みの方はインストールディスクをインストールしないでそのまま挿入して使ってみると解決するかもです。

Windows10とXbox Wireless Controllerの接続方法

設定⇒「デバイス」⇒「Bluetoothとその他のデバイス」と進み、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」という所をクリックし、「デバイスを追加する」というポップアップが出て来るので「Bluetooth」を選択、Xbox One コントローラーのBluetoothボタンを押すと

Xbox Wireless Controllerと出現するのでペアリング可能となります。

さきほどの画面でXbox Wireless Controllerの表記があればペアリング完了です。デバイスの削除をしたい時もXbox Wireless Controllerをクリックしてデバイスの削除という項目が出るので削除可能です。

まとめ

無線環境は最高に快適過ぎます。後傾姿勢でダラっとゲームをプレイする時に線があるとPCチェアに座っていなければそこまで気にならないかもしれませんが、PCチェアに座ると線が下に垂れたりするのでそういうのから無線環境だと解き放たれるという意味で本当に快適です。

形状もアナログスティックが上下に離れているので親指が届きやすいのでやっぱりXbox OneコントローラーはGoodです。背面がザラッとしているも滑りにくく持ちやすいですし、プレイしていて不満は全く無かったです。

Xbox One ワイヤレス コントローラー (ブラック)

今回購入した製品はこちらになります。ペアリング自体は慣れれば非常に簡単に行えます。無線環境を構築したいという方や、Xbox360コントローラーを使っていて不満がある方などにおすすめです。

XboxOne ワイヤレスコントローラー (ホワイト)

白色が好きという方にはこちらのホワイトも人気です。他の色に関しては記事執筆時だと価格が高騰していたのでこだわりが無ければ黒か白でいいと思います。

Pocket

🔺TOP