BTOショップから選ぶ

ガレリアのケースをCoolerMaster CM 690 IIIにカスタマイズする恩恵は?【ドスパラ】

ドスパラのケースのカスタマイズとして選択可能なのが【CoolerMasterのCM 690 III】と【GR one】の2つが執筆時だとカスタマイズ可能です。

通常のガレリアで採用されているKTケースにしようかカスタマイズした方が良いのかを迷っているという方に向けた記事です。

管理人は実際にCM 690 IIIを使っています。迷っている方がいたら個人的にはカスタマイズをおすすめします。ストレージのベイの数が多いですし、200mmファンに対応しているので静音面でも強いです。

サイズで比較

GR oneCM 690 IIIKT
幅(mm)245230207
奥行き(mm)593502520.7
高さ(mm)562507450.2

←大きい 小さい→

GR oneに関してはフルタワーになるので大きいです。CM 690 IIIでも高さはKTケースと比較すると高くなるので大きさは感じやすいです。

GR oneは更に超越してくるので実際に見た時の大きさとしては大きいと感じやすいとは思います。人は選ぶ可能性があるので置けるかどうかは事前に確認した方が良さそうです。

CM 690 IIIであればミドルタワー型であるKTケースとそれほど違和感がなく置けるのではないかと思います。

シャドウベイで比較

GR oneCM 690 IIIKT
5.25335
3.58(2.5と共通)75(2.5と共通)
2.58(2.5と共通)10(3.5と共通)5(3.5と共通)

個人的に最も重要視する項目がストレージの格納です。PCゲーマー歴が長くなってくるとSteamのセール等でソフトを購入しやすいという状況もあり、大量のソフトを持っている場合にHDDでもいいから全部インストールしておいて好きな時に、好きなタイミングでゲームをプレイしたいという方も多いのではないでしょうか。

その時にシャドウベイの数が少ないとHDDやSSDを追加出来ず、容量の大きいストレージに交換して前に使っていたSSDやHDDはお払い箱なんて事態にもなるかもしれません。

ゲーミングPCのSSD / HDDの増設は簡単!【ストレージの容量が足りない】 ゲーミングPCを購入して時間が経過してくるとゲームソフトの数もそれに比例して増えていくのでストレージの容量が足りない…。というのがP...

やり方についてはこちらで書いているのですが、ストレージの増設は初心者の方でも簡単に行えます。

CM690 IIIのシャドウベイは特殊

CM690 IIIはレイアウトの変更が可能な可変タイプです。パット見だとSSD×4、HDD×3の格納が可能という事が読み取れますが、中段の4つは「SSD/HDDコンボドライブベイ」と公式サイトに記載されていますが、取り払う事で大型のグラフィックボードに対応したり、HDDを搭載したり、SSDを搭載したりとフレキシブルに対応可能です。

またSSDに関しては「5.25 インチオープンベイの裏側 x 1」、「マザーボードトレイの裏側 x 1」、「PC ケース底面の内側 x 1」に格納する事も可能です。

参考サイト:これで全てが分かるCooler Master 「CM 690 III」徹底解説

GR Oneのシャドウベイは多い

GR Oneのシャドウベイは8つです。KTケースと比較すると数が多くなるので冷却機構と合わせてGR Oneも良さそうですね。

価格で比較

ドスパラでゲーミングPCを購入する際には最安はガレリア専用KTケース(デフォルト)です

ゲームマスター専用GKケースを採用したゲームマスターシリーズはガレリアのXシリーズやZシリーズと比較して高めのラインナップになります。

ただ、サポートが充実していたりケースのデザイン性の高さが光ります。

【ドスパラ】ガレリア ゲームマスター GXFの実機レビュー《 Core i7-8700&GTX1070Ti 》 ドスパラさんからガレリア ゲームマスター GXFの実機をお借りしたのでレビューしていきます。 本機の特徴としてはゲームマスター専用...

GKケースに関してはこちらでレビューしているので気になる方はチェックしてみて下さい。

カスタマイズする際にチェックしておきたいケースの価格

GR OneとCM 690 IIIの価格で考えるのであればGR Oneの方が高いと思うのでお得度で言えばGR Oneが有利だと思います。

CM690 IIIは静音面でも有利?

ファンの大きさが大きいほど冷却効果や静音面で有利になるという事を考えるとCM690 IIIは200mmファンが搭載可能なので静かだと実感します。

毎日使っていますが、CM690 IIIの良さは十分価格に見合うだけの価値があると思いますよ!

まとめ

ストレージをたくさん積み込みたい方はGR oneかCM 690 IIIにカスタマイズする事で将来の増設に耐える事が可能です。

管理人もそこまで重要なデータがあったり大量のデータを抱えていてバックアップも内蔵やNAS、クラウドのように保存している訳では無いのでSSD×2、HDD×2で運用出来ていますが年々容量も増大しているPCゲームなので将来的には更に増設が必要になると思っています。

実際にSSDは更に1TB増やそうと執筆時で考えているのでそうなるとSSD×3、HDD×2でKTケースだともう追加は望めないので容量の大きいストレージに交換していくという作業が求められてきます。

なので恩恵は十分あると個人的には思っています。

PCゲームだけでなく大事なデータがあるという方にとってストレージの格納容量というのは重要なPCケースを選ぶ要素でしょう。

たくさんSSDやHDDを積み込みたい方はカスタマイズをおすすめします。

ガレリアのゲーミングPCの価格一覧はこちら