PCゲームの推奨スペックから選ぶ

ファークライ ニュードーンの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

ファークライ5と共通の世界観を持つアクションアドベンチャー『ファークライ ニュードーン』は前作から17年後のホープカウンティが舞台になります。

前作からのキャラクターも登場し、ポストアポカリプスな武器や乗り物も登場します。各地の拠点を開放し資源を集めて拠点を拡充させ『ハイウェイマン』に対抗しよう。

そんなファークライ ニュードーンが快適にプレイできるスペックの情報とおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

ファークライ ニュードーンスの必要・推奨スペック

ファークライ ニュードーンの必要動作環境

OSWindows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 (64bitバージョンのみ)
CPUIntel Core i5 2400 @ 3.1 GHz or AMD FX 6350 @ 3.9 GHz
メモリ8 GB RAM
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 670 (2GB) or AMD Radeon R9 270X (2GB) 以上
ストレージ30 GB
解像度 / プリセット720p / Low設定

最低スペックとしてはCore i5-2400 / GTX670 / メモリ8GBが下限になります。720pでLOW設定でのスペックになります。

ファークライ ニュードーンの推奨動作環境

OSWindows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 (64bitバージョンのみ)
CPUIntel Core i7-4790 @ 3.6 GHz or AMD Ryzen 5 1600 @ 3.2 GHz
メモリ8 GB RAM
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 970 (4GB) or AMD Radeon R9 290X (4GB) 以上
ストレージ30 GB
解像度 / プリセット1080p / High設定

推奨スペックとしてはCore i7 4790 / GTX970 / メモリ8GBになります。フルHD高設定で快適に動作するスペックのようです。

参考情報:ファークライニュードーンストアページ

ファークライ ニュードーンはウルトラワイドに対応している?

3440×1440などのアスペクト比21:9のウルトラワイドでもプレイする事が可能です。一人称視点のゲームなのでウルトラワイドとの相性も良いです。

ワンちゃんが仲間に出来るのですが、リアルです。敵として野犬が登場するので犬好きには心苦しい場面もあります…。これもサバイバルですね。

ファークライ ニュードーンの画質比較

ファークライニュードーンの実際のゲーム内のスクリーンショットを撮影し画質の比較をしていきます。画質設定は最高、高、中、低のプリセットが存在しています。

最高設定

低設定

草のボリュームが画質設定が高いと多いのと、右端の階段が低設定だと欠けているのが見て取れますが、低設定とは言え画質としては他のゲームで画質の乖離が大きいゲームと比較すると中設定相当の粋で収まっていると個人的には思います。

最高設定

低設定

最高設定

低設定

草のボリュームと影という部分が個人的には一番画質の違いを感じました。ただパッと見た限りだと他のゲームと比較して劇的に画質が劣化しているという印象は薄いです。

よく見るとちょっと物足りないかなーというレベルだと個人的には感じます。それでも高設定辺りで運用するのが良いでしょう。

画質設定の違いによるフレームレートの差異を検証

解像度画質設定平均FPS
フルHD
1920×1080
最高92 FPS
103 FPS
106 FPS
116 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。環境:Core i7-8700、RTX2060

 

画質を落としてもそこまで大きく差が出ていないです。低設定で劇的に画質も落ちないですが、劇的にフレームレートも向上しないという事だと考えられます。

ファークライニュードーンはCPU性能が重要

解像度画質設定平均FPS
4K
3840×2160
最高68 FPS
75 FPS
84 FPS
WQHD
2560×1440
最高72 FPS
79 FPS
89 FPS
フルHD
1920×1080
最高73 FPS
79 FPS
89 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。環境:Ryzen 7 2700、RTX2080Ti

 

RTX2080Tiのフレームレートになります。Ryzen 7 2700との組み合わせですが、フルHD最高設定で比較するとRTX2060に負けています。

4KだとRTX2080Tiの性能がグイっと出て快適になりますが、CPU性能も劇的にフレームレートの向上にファークラィニュードーンの場合には関係してくるのでゲームに適した性能の高いCPUがおすすめです。

具体的にはインテルのCore i7以上がおすすめになります。

ファークライ ニュードーンのCPU別フレームレート

GPUフルHD(1920×1080)
Core i9-9900K
130
94
Core i7-9700K
127
91
Core i7-8700K
116
82
Core i7-7700K
114
82
Core i5-8600K
112
80
Core i5-7600K
107
73
Core i3-8100
95
65
Core i7-4770K
87
57
Ryzen 7 2700X
79
55
Ryzen 5 2600X
75
55
Ryzen 7 1800X
72
50
Ryzen 5 1600X
69
50
Core i7 2600K
74
48

平均FPS ■最小FPS 

GPUはRTX2080Tiになります。最高性能としてはCore i9-9900Kですが、コスパ含めて考えるとCore i7-9700KがベストなCPUでしょう。Ryzen系はかなりフレームレートの伸びが悪いです。

参考情報:Far Cry New Dawn тест GPU/CPU

ファークライ ニュードーンのグラフィックボード別フレームレート

GPUフルHD(1920×1080)
RTX2080Ti
130
94
RTX2080
130
94
GTX1080Ti
130
94
RTX2070
126
94
GTX1080
117
94
GTX1070Ti
110
93
RTX2060
109
91
GTX1070
96
81
GTX980Ti
90
75
GTX1060(6GB)
70
59
GTX980
70
58
GTX970
59
49
GTX960
42
35
GTX1050Ti
39
33
GTX750Ti
25
20

平均FPS ■最小FPS 

1080p=1920×1080のフルHDでのフレームレートになります。CPUはCore i9-9900K 3.6GHz、最高設定になります。GTX1060程度であれば十分快適にフルHDでプレイする事が可能です。

なのでファークライ ニュードーンが快適にプレイできるスペックとしてはGTX1060搭載のゲーミングPCがおすすめになります。

ファークライ ニュードーンをプレイするのに最適なゲーミングPC

価格.comプロダクトアワード2018 銀賞 受賞

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 1TB
マザーボードH370

画質も高く60FPSが出せるのでファークライ ニュードーンが快適に動作するゲーミングPCです。

4Kのグラフィックボード別フレームレート(ファークライ ニュードーン)

GPUフルHD(3840×2160)
RTX2080Ti
79
66
RTX2080
64
53
GTX1080Ti
60
49
RTX2070
50
42
GTX1080
46
38
RTX2060
43
36
GTX1070Ti
43
36
GTX1070
38
31
GTX1060(6GB)
28
23

平均FPS ■最小FPS 

CPUはCore i9-9900K 3.6GHz、最高設定になります。4Kの最高設定でもRTX2080なら60FPSを狙えるのでRTX2080以上がおすすめになります。

ファークライ ニュードーンを4Kでプレイするのに最適なゲーミングPC

RTX2080搭載でPCゲームを堪能するのに最適な性能!

ガレリア ZG
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX2080 8GB
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390

ファークライニュードーンを4Kで快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPCです。

おすすめピックアップ記事