【コスパ比較】ガレリアXTとNEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cの比較【ガレリア G-Tune】

公開日: :

Pocket

ドスパラのゲーミングPCの中でも売れ筋なのがガレリアXTです。執筆時でガレリアの人気ランキング2位を獲得しているゲーミングPCですね。最新ではなく少し前にはガレリアXTが不動の絶対王者の人気ランキング1位を獲得していたという時代もありましたが現在ではガレリアXVが人気ランキング1位に輝いています。

これはシンプルにゲーミングPCを取り巻く情勢の変化があり、PUBGなど高スペックが要求される人気ゲームが増えてきたという背景があるのですが、コストパフォーマンスという事にフォーカスを当てるのであればガレリアXTは今でも大人気なゲーミングPCという事が言えます。

そしてG-Tuneもコストパフォーマンスに非常に優れるゲーミングPCが販売されています。それがNEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cです。名前が長いので少し覚えにくいですが、NEXTGEAR-MICROというマイクロタワー型のim610シリーズのSA1-Cというモデルになります。

「NEXTGEAR-MICRO」「im610」「SA1-C」こう分けると覚えやすいかもしれません。G-Tuneの場合には中身の構成内容が変わると製品名も変わるので覚えにくいですが、基本的な考え方としてはこれで通用するでしょう。

話がそれましたがどちらも人気のゲーミングPCで、特にコストパフォーマンスにフォーカスに優れたゲーミングPCです。今回はどちらがコスパに優れているのか?という部分に焦点を当てながら解説していきます。

価格で比較

ガレリアXT
ガレリアKTケース外観 OS Windows10
CPU Core i7-8700
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 500GB、HDD 1TB
マザーボード H370
電源 500W
付属品 GALLERIA Gaming Keyboard/GALLERIA レーザーマウス
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
価格 142,980 円(+税)
NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
NEXTGEAR-MICRO im610 OS Windows10
CPU Core i5-8500
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 240GB HDD 1TB
マザーボード B360
電源 500W
付属品 なし
光学ドライブ なし
価格 109,800円(税別)

価格で見るとパット見だとNEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cの方が33,180円安いです。ただCPU性能やSSDの容量、GPUのメモリ容量やマザーボードの違い、付属品の有無や光学ドライブの搭載、非搭載など細かい部分まで突っついていくとおそらくNEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cにカスタマイズした場合にはガレリアXTの方が安いです。

で、G-TuneのゲーミングPCでガレリアXTに限りなく近づけた構成があります。

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-FG(はじめてゲームPC限定)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-8700
CPUクーラー 空冷サイドフロー
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce GTX 1060(3GB)
SSD 480GB
HDD 2TB
電源 500W 
マザーボード B360
光学ドライブ DVD
キーボード G-Tuneオリジナル
マウス G-Tuneオリジナル
価格 139,800円(税別)

ガレリアXTの構成で唯一劣っている部分としてはGPUのメモリ容量ですね。それ以外は同等で更にメモリ容量が16GBになっています。最近メモリの価格が高いのでカスタマイズすると結構高いという場合もあるのでデフォルトで付いている構成ですね。

GTX1060の3GBと6GBの価格で比較した場合には5,000円程度~1万円の間程度の差くらいですね。なので単純に価格にフォーカスを当てた場合にはメモリは8GBと16GBとでは、1万円程度の価格差があるのでトータルで見た場合にはNEXTGEAR-MICRO im610BA1-FGが最安ですね。

後はどこにフォーカスを持っていくのかが悩みどころでは無いでしょうか。単純に価格で比較しても自分に必要が無いと判断できればNEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cという選択も可能なのでグッと価格を下げる事が可能です。

注意点

※情報は執筆時点のものになります。商品の詳細や価格については詳細ページにて必ずご確認下さい。ゲーミングPCは構成内容の変更があるので公式サイトの情報が間違い無いです。

ゲーム性能で比較

全て実機レビューをしているので大体PCゲームをプレイしていてどんな感じなのか?という事は体感で分かっているのでそこの部分の解説をしていきます。基本的にゲーム性能で言えばそこまで大きな差は3台に関しては無いレベルの差です。

GPU 3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
GTX1070
17947
GTX1060(6GB)
12415
GTX1060(3GB)
11699
GTX1050Ti
7351

微妙な差ではありますが、6GBと3GBを比較した場合には性能差はありますが、グレードが違うという程の差では無いです。

GTX1050Tiと比較した場合にはかなり性能アップですし、GTX1070と比較した場合には実ゲーム性能でかなりの差があります。

3GBと6GBの差を言及するのであれば、ガレリアXTの場合にはGTX1060(6GB)を採用しているので推奨スペックでGTX1060(6GB)をあえて指定してくるようなゲームタイトルの場合には最小フレームレート基準で考えた場合には有利になるケースもあります。

なのでとにかくゲームで快適にと考えている方は3GBと6GBで比較した場合にはガレリアXTがおすすめです。

GTX1060で快適なゲームってどんなゲームがある?

ゲームタイトル 設定(フルHD)
フォートナイト エピックでも快適
PUBG 中設定辺りで快適
レインボーシックスシージ 最高設定でも快適

PCゲームは息が長いタイトルがずっと人気という場合が多いです。シージなんて3年前のゲームですが未だに人気があります。

なのでGTX1060で推奨スペックを満たしているゲームで特定のタイトルをやり続けるという場合にはGTX1060でも十分快適にプレイし続けられます。PUBGだと設定を上げるのであればより上位のグラボがおすすめです。

まとめ

という訳でまとめます。

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cに最適な方

特定のタイトルをやり続けたいと考えていてGTX1060(3GB)で推奨スペックを満たしている方

ガレリアXTに最適な方

パーツ交換を視野に入れてCPU性能などパーツをグレードアップしておきたい方(ストレージベイも豊富)

簡単にまとめると以上になります。今ゲーミングPCが欲しくてゲーミングPCって高いなと感じている方に最適なのがNEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cです。SSDの容量が少ないので都度HDDに入れ替える手間が必要にはなりますが、コスパよく運用する事が可能です。

ガレリアXTは将来性を考えてグラボ交換等をする方や単純にこの2つで悩んでいる場合にはスペック重視で選びたいという方には最適です。

以上になります。どちらもコスパが高くて人気のゲーミングPCですが、どちらが自分にとって適しているかという部分で参考になったら幸いです。

Pocket

はじめてゲームPCコラボ

セール情報

実機レビューまとめ

価格で選ぶ(デスクトップ)

価格で選ぶ(ノート)

ジャンルで選ぶ

ゲームで選ぶ

パーツの選び方

PCゲーム

🔺TOP