グラフィックボードから選ぶ

【2020年】GTX 1660Ti搭載のおすすめゲーミングPC

GeForce GTX1660TiはRTX20シリーズと同じアーキテクチャのTuringを採用したミドルクラスのグラフィックカードになります。RTコアとTensorコアが搭載されていないという大きな特徴があり、シリーズとしてはGTX16シリーズでGTX 1070に匹敵するパフォーマンスを持っているのが魅力になります。

2020/5/19更新

GeForce GTX 1660Tiはコストパフォーマンスが高い

FF15 ベンチマークのスコア比較

製品名スコア評価
ガレリアZZ(RTX2080Ti)12930非常に快適
i690(RTX2080 SUPER)11185とても快適
ガレリアZG(RTX2080)10897とても快適
i680(GTX1080Ti)W水冷10711とても快適
i690(RTX2080)10262とても快適
i690(RTX2070 SUPER)10075とても快適
i690(RTX2070)8942快適
ガレリアXF(RTX2070)8892快適
i690(RTX2060 SUPER)8768快適
ガレリア XV(RTX2060 SUPER)8414快適
i680(GTX1080)8214快適
ガレリア XV(RTX2060)7919快適
i690(GTX1070Ti)7571快適
im620(GTX1660Ti)6812快適
ガレリアXT(GTX1660Ti)6748快適
im620(GTX1070)6718快適
am560(GTX1660Ti)6636快適
ガレリア RJ5(GTX1660)5584やや快適
ガレリア RT5(GTX1060 6GB)4848やや快適
im610(GTX1060 3GB)4040普通
ガレリア DH(GTX1650)3889普通
ガレリア RH5(GTX1650)3790普通

製品レビューで取得したフルHD解像度で高品質設定(最高設定)のスコアを比較した数値となっております。重量級のベンチマークのFF15でGTX1660Tiの性能であれば快適評価になるのでおすすめです。

リアルタイムレイトレーシングにはパフォーマンス不足

-メトロエクソダスのレイトレの例-

RTX20シリーズにはRTコアとTensorコアが搭載されていますが、GeForce GTX 1660Tiは非搭載になります。つまりDXR(パフォーマンス不足)やDLSSが使えないという事になります。

GPUフルHD
1920×1080
RTX2060 SUPER76 FPS
RTX206069 FPS
GTX1660Ti22 FPS

画質設定:ウルトラ、レイトレーシング:ウルトラ、ヴォルガ川をDXR / DLSS有効で計測した際のフレームレート。計測ツール:MSI Afterburner、ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 431.60

レイトレ対応のゲームでパフォーマンスを確保したい方はRTX2060やRTX2060 SUPERを選択し、必要ないという方は価格が安いGTX1660Tiを選択出来るというメリットがあります。

GeForce GTX 1660Tiの性能をチェック

3DMARK TimeSpy

Direct X12の代表的なベンチマークソフトの3DMARK TimeSpyで比較してみました。

GeForce GTX 1660Tiの性能まとめ

更に詳細なベンチマークデータについては以下の記事で書いているのでチェックしてみて下さい。基本的にフルHDなら快適ラインに届く性能です。最重量級タイトルだと最高設定は厳しいものの、合格点は出せているグラフィックカードです。

GeForce GTX 1660Tiのベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce GTX 1660Tiのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。...

Turing GTX最上位モデルなのでコスパも良く、最新ゲームも楽しめるメリットがあります。

最新のGTX1660 SUPERと比較すると性能面ではあまり変わりませんが、GTX1660Tiの方が高い性能を持っています。

GeForce GTX 1660Ti搭載のおすすめのゲーミングPC

マウスコンピューターのGTX 1660Ti搭載のゲーミングPC

G-Tune PM-A
Ryzen 5 3600
GTX1660Ti(6GB)※
16GB※
SSD 512GB (M.2)※

レビューはこちら価格・詳細はこちら

G-Tune PM-Aはグラボが選択可能です。※はおすすめカスタマイズ例

Ryzen 5搭載モデルなのでコストを抑えながらフルHD60FPSでプレイしたい方におすすめのモデルです。重量級ゲームも視野に入る高いグラフィック性能を持っています。

G-Tune PM-Z
Core i7-9700※
GTX1660Ti(6GB)※
16GB※
SSD 512GB (M.2)※

レビューはこちら価格・詳細はこちら

G-Tune PM-Zはグラボが選択可能です。※はおすすめカスタマイズ例

Core i7搭載モデルにカスタマイズすれば高い処理能力を持ち、FPS・TPSゲームでの設定下げ運用に対応する事が出来ます。設定を下げてグラフィックの処理を軽くしてよりフレームレート(1秒あたりのフレーム数の事)を稼ぐ事ができ、結果滑らかな描画になり敵をより捕捉しやすくなります。

マウスコンピューターのゲーミングPCブランドのG-Tuneは梱包から丁寧で、品質も良いです。価格のコスパも良く、サポートも24時間365日と手厚いです。

LEVEL-R039-i7K-RXR
Core i7-9700K
GTX1660Ti(6GB)
16GB※
SSD 500GB※

価格・詳細はこちら

パソコン工房のミドルタワー型のモデルです。パソコン工房のミドルタワー型は品質が高くておすすめです。※はおすすめカスタマイズです。

パソコン工房は価格面のコストパフォーマンスが良くサポートが24時間365日と手厚いのでおすすめです。

グラボ別おすすめゲーミングPC

おすすめピックアップ記事