グラフィックボードから選ぶ

【2020年】GTX 1660 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

GeForce GTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCについてまとめています。

GeForce GTX 1660 SUPERの特徴

GeForce GTX 1660 SUPERはGTX16シリーズに新たに加わった最新のグラフィックボードです。特徴はGDDR5からGDDR6メモリ採用になっている事です。ビデオメモリの容量も6GBあります。

ラインアップとしてはGeForce GTX 1660TiとGeForce GTX 1660の間を埋めるラインですが、GeForce GTX 1660 Tiに近い性能を持っています。

GeForce GTX 1660 SUPERはレイトレーシングをプレイしない方にとって、フルHD解像度で描画負荷の高いゲームにも対応するゲーミングパフォーマンスが魅力のグラフィックボードになります。

GTX1660 SUPER搭載のおすすめのゲーミングPC

ドスパラ

ガレリア XT
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 1TB
マザーボードB365

レビューはこちら価格・詳細はこちら

GTX1660Tiと同等クラスのゲーミングパフォーマンスの最新Turing GTX16 SUPERシリーズのGTX1660 SUPERを搭載し、CPUには第9世代の8コア8スレッドで最大4.7GHz駆動のCore i7-9700を搭載した最新ミドルのゲーミングPCになります。

ガレリア RT5
CPURyzen 5 3500
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 256GB HDD 1TB
マザーボードAMD B450

レビューはこちら価格・詳細はこちら

ケースがミニタワー型のモデルになります。拡張性は劣るもののコストを抑える事ができるメリットがあります。コスト優先ならそのままでもOKですが、CPUをRyzen 5 3600に、SSDの容量を500GBクラスにカスタマイズすると尚良いです。

パソコン工房

LEVEL-R040-i7-RXA
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660 Super(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 480GB
マザーボードZ390(ATX)

価格・詳細はこちら

ケースがミドルタワー型のモデルになります。ゲームで必要な要素を抑えているのでおすすめのモデルです。Core i7は扱いやすさも魅力ですが、トップフローなのでCPUクーラーはカスタマイズした方が良いでしょう。

LEVEL-M0B4-R53-RJS-L2
CPURyzen 5 3600
グラフィックGTX1660 Super(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 240GB
マザーボードB450(microATX)

価格・詳細はこちら

ケースがミニタワー型のモデルになります。拡張性は劣るもののコストを抑える事ができるメリットがあります。CPUがRyzen 5 3600なので6コア12スレッドの高コスパが魅力です。

グラボ別おすすめゲーミングPC

おすすめピックアップ記事