グラフィックボードから選ぶ

GeForce GTX 1050Ti搭載!おすすめのゲーミングデスクトップPC

1050Ti搭載のゲーミングPCのおすすめを紹介します。GTX1050Tiはグラフィックボードを積んでいないパソコンとは雲泥の差になるので価格を重視してゲーミングPC選びをしていきたいという方におすすめのグラフィックボードです。

GTX1050Tiのスペック

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
GTX1080Ti
27485
GTX1080
21008
GTX1070Ti
19171
GTX1070
17471
GTX1060(6GB)
12656
GTX1060(3GB)
11698
GTX1050Ti
7430
GTX1050
6674

(2018/9/23時点の62台のデスクトップPCの3DMARK FireStrike Graphicsスコアの平均値の集計結果)

まずはGTX1050Tiのスペックを考えていきましょう。GTX1050TiはGTX1050とGTX1060の中間の性能ではありますが、GTX1060とは性能差がかなりあります。

単純に性能で見た場合はGTX1050よりも上の性能でありますが、人気のGTX1060とは差があるので実ゲーム性能のスペックを求めるという場合には少し中途半端な位置かなとは思います。

予算を抑えたいのであればGTX1050という選択肢もあるのでGTX1050Tiをあえて選ぶ意義はやっぱりGTX1050よりは上の性能が欲しいという場合の選択にはなると思います。

消費電力重視で選ぶ場合にもGTX1050Tiは有利

GPUベンチマーク実行時
GTX1060(6GB)
175w
GTX1050Ti
100w

ガレリアXT(GTX1060(6GB))とガレリアDH(GTX1050Ti)の実機レビューでの消費電力の比較をすると75Wほど違いがでました。

GTX1050 / GTX1050TiのTDPは75Wですが、GTX1060だと120Wになります。GTX1060と迷ったら消費電力も一つの要素として考慮していきましょう!

GTX1050Tiのゲーム性能に関して

(Core i7-8700&GTX1050Ti)

最新の重量級タイトルになるとやっぱり厳しいです。

(Core i7-8700&GTX1050Ti)

ただ中程度の重さのゲームであれば十分動作する事が可能なスペックである点は見逃せません!

最新ゲームをプレイしないけど、FF14などのオンラインゲームをプレイするという方にとってはGTX1050Tiを選択するという意義はあると思います。

中量級以下のオンラインゲームであればGTX1050Tiでプレイ可能なタイトルがほとんどになります。

VRはできる?

VRはGTX1060以上でベンチマークソフトではVRレディ評価になるので厳しいです。

GTX1050Ti搭載のおすすめのゲーミングPC

格安なGTX1050Ti搭載のミニタワー型のデスクトップPC

ガレリア DH
OSWindows10
CPUCore i5-8500
グラフィックGTX1050Ti
メモリ8GB
ストレージHDD 1TB
マザーH310(MICRO-ATX)
電源450W

GTX1050Ti搭載のガレリアDHはミニタワー型なので価格を抑える事が可能です。とにかく価格にこだわりたいという方におすすめになります。

ガレリアXH
OSWindows10 64bit
CPUCore i7-8700
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1050Ti(4GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB、HDD 1TB
電源500W

中級者の方でパーツ交換を視野に入れているのであればガレリアKTケースがおすすめです。