NEXTGEAR-MICRO im610SA1-CとNEXTGEAR i680SA1-e-sportsの比較

公開日: : 最終更新日:2018/09/18

Pocket

G-Tuneで人気のNEXTGEAR-MICROとNEXTGEARの比較をしていきます。執筆時現在だとMICROの方は価格com プロダクトアワード2017 金賞受賞モデルの後継機の「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」というモデルが人気ランキング1位です。

NEXTGEARではNEXTGEAR i680SA1-e-sportsが人気ランキング2位となっていました。

(2018/09/17現在)

最新のG-Tuneの人気ランキングはこちらから見る事が可能です。気になる方はチェックしてみて下さい。

スペック比較

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
NEXTGEAR-MICRO im610 OS Windows 10
CPU Core i5-8500
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 240GB HDD 1TB
マザーボード B360
電源 500W
NEXTGEAR i680SA1-e-sports
NEXT OS Windows 10
CPU Core i7-8700
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 240GB HDD 2TB
マザーボード Z370
電源 500W

 【実機】G-Tune NEXTGEARのPCケースレビュー(i680シリーズ対応)

ケースレビューをしているのでNEXTGEAR i680シリーズに興味があるという方はチェックしてみて下さい。

(HDD×2、SSD×3が搭載可能な拡張性の高さが光るNEXTGEAR)

スペックで比較するとCPUの性能が違うのとマザーボードが違うというのが分かります。グラフィックボードは同じGTX1060(3GB)を採用し、ストレージの容量もHDDの容量がアップしていますが、SSDを搭載したモデルとなっています。

なのでゲームの性能で考えた場合にはCPUの性能が高いので将来的な部分で考えるとNEXTGEARの方がリードしているという感じのスペックです。

G-Tuneで選ぶならどのデスクトップPCがおすすめ?NEXTGEARがイチオシ!その理由とは?

こちらの記事でも書いているのですが、G-Tuneの中で将来的な増設を考えている方にはNEXTGEARがおすすめです。ストレージのベイが多いので拡張性で考えた場合にはNEXTGEARが一番高いです。

ゲーム性能的な部分で言えばNEXTGEAR-MICRO im610SA1-CもNEXTGEAR i680SA1-e-sportsもさほど変わらない性能です。

CPUの性能の高さはゲーム実況やゲーム配信などの作業で活きてくると思いますが、単純にゲーム(現状の)という事であればCore i5-8500で十分快適に通用する性能です。

Core i7だと将来的な部分やグラフィックボードの換装を視野に入れている方、FPS・TPSなどのシューティングゲームや格闘ゲームなど画面が滑らかに動く事でプレイの質感が変わるゲームで画質設定を落としてGPUボトルネックをなくした状態でCPU性能の高さを活かしてフレームレートを稼ぐという使い方の用途には最適になります。

GTX1060(3GB)の性能は?

現状のスタンダードなスペックになります。GTX1060が指定される推奨タイトルも増えてきてFF15、PUBG、MHWなど最新ゲームではGTX1060が推奨スペックとして記載されています。

ただ設定を下げる事でフレームレートを稼いでプレイする事が可能なスペックなので60FPSでゲームをプレイするという観点で言うと最適な性能です。

144FPS稼いでゲーミングモニターと組み合わせて更に画面の滑らかさを求める場合にはより上位のグレードのグラフィックボードがおすすめになります。

まとめ

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-CとNEXTGEAR i680SA1-e-sportsはどっちがおすすめ?と聞かれた場合には自己責任でグラフィックボードの換装やSSDを追加する等の事を後から自分でやる予定の方はNEXTGEAR i680SA1-e-sportsがおすすめです。

単純にゲーミングPCとしてどちらがおすすめか?と聞かれた場合にはNEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cのコストパフォーマンスが高いのでおすすめになります。

Pocket

🔺TOP