初心者の方におすすめの10~20万円のゲーミングPCが買えるBTOショップ

公開日: : 最終更新日:2018/08/18

Pocket

10万円~20万円のゲーミングPCでどこまで出来るのかという部分とこの価格帯の商品を購入しても失敗しないのかという部分で解説していきます。

大前提でこの記事で考える事

  • パーツ交換はしない前提だけど後からやりたくなった場合でも対応できるという部分
  • この価格帯なのでゲームもある程度楽しみたい
  • 用途別に考える(ゲーム実況や単にPCゲームをしたいだけなのか、それともプライベート用のPCにゲーム機能を少し追加したいなど)
  • 初心者の方に重要なサポートや保証面を考える

パーツ交換はしない前提だけど後からやりたくなった場合でも対応できる価格帯がこのミドルレンジ

ゲーミングPCの場合にはパーツ交換というのが行われます。特にグラフィックボードのパーツ交換を行えば性能を飛躍的に向上する事が可能なので息の長いゲーミングPCライフを送れます。

ただ、初心者向けの解説サイトではこのパーツ交換に触れるというのは正直タブーだとは思っています。

自己責任になるので出来なかった時のリスクが大きいですし、かなりマニアックなテクニックなので一般向けというか初心者向けでは無いとは思います。

ですが、2年後か3年後にやりたくなった時に出来るのと出来ないのではやっぱり違うと思うので『あの時妥協しなければ…』と後悔する人が一人でもいるのなら伝えた方が良い事は伝えていくスタンスです。やるかどうかは自己責任になるのでそこは注意です!

ただ、やると仮定した場合にはかなりこの価格帯のゲーミングPCはコストパフォーマンスが高いです。

10~20万円といっても幅が広いので一概には言えませんが、基本的にはCPUは最上位のCPUが搭載される傾向にあるのでGPUを換装した場合でもかなりパフォーマンスは出せて現役で使える寿命は長くなると思います。

逆にやらないという場合でもスペックが高いので現役で使える期間は長いです。それでも最新ゲームについていくのであればやはり最新のグラフィックボードに交換か買い替えという選択は迫られると思います。

実際この部分が家庭用のゲーム機とPCゲームの最たる違いと言っても良いくらいの違いです。

家庭用ゲーム機との最たる違い

家庭用のゲーム機の場合スペックは一定ですが、PCゲームの場合はスペック依存なので自分の環境が良かったらそれだけでゲームの快適性が上がります。

なので家庭用ゲーム機の場合は基本的にそれぞれが同じ環境でゲームをプレイしますが、PCゲームの場合はみんな違う環境でゲームをプレイします。

ただ、大抵同じくらいの目安はあります。それがこの価格帯です。世の中の流れは変わるので断定は出来ませんが大抵15万円前後という方が多い傾向にあると思います。

ゲームを熱心にプレイする場合には20万円前後という価格帯が多い傾向にはあります。やっぱりゲーミングPCの差=勝敗の差にも繋がる可能性もありますし、やりたい事をあれこれやりたいからちょっと多めでも構わないという方が多いとは思います。

パソコンは人によっては毎日使う物で更に数年は使う物なので、ゲーミングPCの価値を理解しているから出せる金額とも言えます。

この価格帯なのでゲームもある程度楽しみたい

やっぱりここの部分が一番重要視されている項だと思います。パーツ交換に関してもあくまでもこれを実現する為のテクニックの1つに過ぎないので、この価格帯のゲーミングPCを買って満足にPCゲームが楽しめるのかどうかという部分がかなり気になる所だと思います。

家庭用のゲーム機基準ですが15万円のゲーミングPCを購入すれば間違い無くPS4よりも上位互換のゲーム環境を構築可能です。

20万円なら更に余裕過ぎる性能を手に入れられるのでずっと一定の家庭用のゲーム機とは性能がやっぱり違います。

パーツ交換をしなくてもPS5が出るまでは当面安心して上位互換ではいられるのでそこの部分で心配する必要は無いです。

PS4でプレイ出来るけど性能が上だったりPS4で出来ないPCゲームも多いのでやっぱりミドルレンジの価値は大きいと思います。

ゲーム実況をしてみたい

ゲーム実況をしたいからゲーミングPCを買うという方も多いと思います。この場合でもミドルレンジクラスならスペックで不満が無くなる傾向にあります。

外付けのキャプチャーボードを購入してしまえば拡張性も関係無いので小型のゲーミングPCを買ったとしてもゲーム実況用途で使用する事が可能です。

こちらの機材を使えばミドルレンジクラスのゲーミングPCと合わせてゲーム実況をする事が可能です。なので昔と違って大型のゲーミングPCをゲーム実況用途として購入する必要はそこまで感じないというのが正直な感想です。

ただゲーム実況の場合はスペックが必要になるのである程度の余裕があると作業が快適になるのは間違い無いので予算で問題無いのであれば価格帯のグレードを上げるのがおすすめです。

ちょっとだけPCゲームが出来ればいい方

この場合はスペックオーバーになる可能性があります。基本的にスペックがあって困るという事は100%ありませんが、価格が高くなるというデメリットがあるのでそこまでの性能が必要無いのであれば10万円前後のゲーミングPCを購入されるのがいいのかなとは思います。

初心者の方に重要なサポートや保証面を考える

初心者におすすめなのがG-Tune

やっぱり初心者の事を考えるとおすすめ出来るのがG-Tuneです。動画が長いので重要な箇所を55秒程度までスキップして掲載していますが、興味のある方は最初から見てみて下さい。

初心者の方でサポートを重視するのであればG-Tuneがおすすめです。

パーツ交換を視野に入れているのであればサポートが受けられない場合が多いですが、とりあえず1年間はしっかりと標準で保証してくれるという安心感があり、更にオプションで長期保証も安く付けられるという事を考えると初心者の方でとにかく不安という場合は価格や構成内容よりもサポートを重要視した方が良いです。

保証の場合にはセンドバックもピックアップも梱包作業が必要になるのでパソコンの箱を取っておかなければいけないというデメリットがあるので個人的におすすめはオンサイト(出張修理)です。

価格は高くなりますが、最長の保証を付ければ技術者が家に来てくれます。初心者の不安を消し去るサービスなのでおすすめです。

それで無くても自社運営で24時間365日の電話サポートがあるので困ったらとりあえず電話できるという安心感はかなり心強いです。

中級者以上の方にはドスパラがおすすめ

やっぱり中級者以上の方にとって重要なのはサポートより価格面だったりコスパ面だったりするのでは無いでしょうか?

自作経験者やパーツの交換も多少は出来るという方に好まれるのがドスパラです。

最新パーツ構成やセールが頻繁にやっていたりとパソコンの事がある程度分かるという方にとってはドスパラが選ばるシーンというのが目立ちます。

サポートももちろんドスパラにはあるのですが、通常のサポートなら9時~21時でセーフティーサービスなら有料価格になってしまいます。

ただ近くにドスパラの店舗がある場合は別です。パーツの増設・交換無償サポートが付いています。なのでパーツ交換を視野に入れている場合・かつ近くにドスパラの店舗がある場合にはドスパラはかなりおすすめです。

その場合には月額のセーフティーサービスに加入しても確かに価格はサポートとしては高い金額になるケースもありますがおすすめになります。

自分で出来るという場合でもかなり厄介な相性保証サービスも付いているので安心です。

ただ、自分の身に立ち返った時にこれを使うのかと言われるとおそらく使わないです。

サポートは付ければ安心ですが、価格がどうしても跳ね上がってしまうのでやっぱりG-Tuneで1年間無料で24時間365日電話サポートしてくれればそれで安心だと思います。特にノートPCの場合は箱も小さいのでしまっておけばいいだけなのでG-Tuneがおすすめですね。

デスクトップPCは箱をどうすのかという問題をクリアにしないといけないので悩ましいですが、取っておけるならセンドバックがおすすめです。

無理ならオンサイトが無難かと思います。

ドスパラも箱は自分で準備しなければいけないので同じになります。なので見落としがちですが、とにかく初心者の方で迷ったら構成内容や価格も重要ですが、それよりも壊れた時の事やサポートの事を考えるとよりBTOをどういうふうに選択していけばいいのかが見えてくると思います。

ただ自分で治せる場合にはドスパラでコスパ良くゲーミングPCを買って自分でパーツ交換するというのが結局一番コスパ高いと思います。

まとめ

価格帯にはサポート代も含んでスペック選びをした方が無難です。初心者の方のBTO選びと中級者以上のBTO選びは違うという事を覚えておこう!

初心者の定義も広いので初心者の中でも初心者という方に向けた記事になっています。

注意点:内容は執筆時2018/04月の時点の情報です。BTOメーカーのサポート内容が変わる事もあるのでご自身でしっかりと確認していただくのが間違い無いです。

Pocket

はじめてゲームPCコラボ

セール情報

実機レビューまとめ

価格で選ぶ(デスクトップ)

価格で選ぶ(ノート)

ジャンルで選ぶ

ゲームで選ぶ

パーツの選び方

PCゲーム

🔺TOP