グラフィックボードから選ぶ

GeForce RTX 2070搭載のおすすめゲーミングPC

GeForce RTX 2070はハイスペックなグラフィックカードとなっているので最新のPCゲームをフルHDで快適に動作させたいという方におすすめです。

また、RTコアが搭載しているのでDXRに対応し、Tensorコアが搭載しているのでDLSSに対応しています。

価格もRTX20シリーズの中では手に取りやすい価格なので、価格と性能という部分を考えてコストパフォーマンスで選びたい方にRTX2070はおすすめなビデオカードとなっています。

リアルタイムレイトレーシングとDLSSに対応

GeForce RTXシリーズはリアルタイムレイトレーシングとDLSS (Deep Learning Super Sampling) が大きな目玉となっています。

リアルタイムレイトレーシングは光の反射や陰影をリアルに表現でき、DLSSはディープラーニングを活用して高画質化し更にフレームレートも出るので一石二鳥な技術になります。

Pascal世代(GTX10シリーズ)とTuring(RTX20シリーズとGTX16シリーズ)とRTコアとDLSSを実行した数値を比較するとゲーム内のパフォーマンスが大幅に速くなります。簡単に言うとフレームレートが稼げるという事ですね。

GTX1660Tiでレイトレが使えるのか実際にプレイしてみたでRTコアとTensorコアを持たないTuring採用のGTX1660Tiで検証してみました。

結果的にはパフォーマンスの乖離が大きいのでレイトレをやりたい場合にはRTX20シリーズが必要だと実感します。

RTX2070はRTコアもTensorコアも搭載しているのでレイトレーシング実行時のパフォーマンスに期待できます。

GeForce RTX 2070の性能をチェック

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
RTX2080
26789
RTX2070
21586
GTX1080
21212
GTX1070Ti
19113
GTX1070
17664

Direct X11の代表的なベンチマークソフトの3DMARK FireStrikeをチェックしてみました。RTX2070は前世代ワンランク上のグレードのGTX1080相当なグラフィック能力を持っています。

GPU3DMARK TimeSpy(GraphicsScore)
RTX2080
10799
RTX2070
8534
GTX1080
6958
GTX1070Ti
6754
GTX1070
5860

Direct X12の代表的なベンチマークソフトの3DMARK TimeSpyで比較してみるとGTX1080を凌駕しています。TuringアーキテクチャなのでTimeSpyのパフォーマンスの伸びがいいです。

GeForce RTX 2070のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2070のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...

更に詳細なベンチマークデータについてはこちらで書いているのでチェックしてみて下さい。基本的にフルHDなら快適です。重量級タイトルでも60FPS以上出てているのでおすすめなグラフィックカードです。

VRAMが8GB搭載

GPURTX2060RTX2070RTX2080
メモリ6GB8GB8GB

RTX2060とRTX2070の大きな差がグラフィックメモリが8GBという点です。MHWの高解像度テクスチャパックでは8GBが推奨となっていたり、MODを導入する際に高解像度系ですとグラフィックメモリの容量が多い方が安心です。その点でもRTX2070はおすすめです。

GeForce RTX 2070搭載のおすすめのゲーミングPC

ドスパラのRTX2070搭載のおすすめ

ドスパラの人気ゲーミングPC

ガレリア XF
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGeForce RTX2070
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 3TB
マザーボードH370

第8世代CPUのCore i7-8700と最新のグラフィックボードのRTX2070を搭載したモデルになっています。CPUの性能もゲームにおいては非常に重要ではありますが、グラフィックボードの比重が大きいのでコスパに優れたゲーミングPCです。

第9世代CPUを搭載したRTX2070搭載モデル

ガレリア ZF
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 2TB
マザーZ390

第9世代CPUのCore i7-9700Kはオールマイティな性能でマルチ・シングル性能ともに優秀です。Core i7-8700と比較した場合には画質設定を下げた時のフレームレートに差が出やすいので競技性の高いタイトルで画質設定下げ運用で体感でFPSの高さを実感出来るでしょう。

PCゲームで一般的な解像度であるフルHDの重量級ゲームでも快適に、WQHDでもFF15のベンチマークで快適表を出すスペックを持っていおり、メモリも初期装備で16GB搭載しているので特にカスタマイズする必要性も無いので完成されたゲーミングPCとしておすすめです。

【ドスパラ】ガレリア ZFの実機レビュー( i7-9700K RTX2070 ) ドスパラさんからガレリア ZF(Core i7-9700K / RTX2070 )の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ガ...

G-TuneのRTX2070搭載のおすすめ

マウスコンピューターの最新CPUとRTX2070搭載のハイスペックモデル

NEXTGEAR i690GA4
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070(8GB)
メモリ16GB
ストレージM.2SSD 240GB HDD 1TB
マザーZ390

最新のCPUと最新のGPUを搭載し、メモリ16GBなのでゲーム用途ではストレスフリーなおすすめなゲーミングPCです。【実機レビュー】Core i7-9700K×RTX2070搭載のNEXTGEAR【G-Tune×はじめてゲームPCコラボ】でレビュー記事を書いているので参考にしてみて下さい。

NEXTGEARはマウスコンピューターのG-Tuneなのでハイブランドに位置したゲーミングPCです。品質面やサポート面でワンランク上を望む方におすすめです。

他のRTX2070の実機レビュー

【ドスパラ】ガレリア AFの実機レビュー( Ryzen 7 2700 RTX2070 ) ドスパラさんからガレリア AF(Ryzen 7 2700 / RTX2070 )の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ガレ...

AMDのRyzen搭載のゲーミングPCのレビューです。FPSやTPSのゲームの場合にはフレームレート下げ運用の場合にはインテルCPUとの性能差を感じます。

おすすめピックアップ記事