ゲーミングPCレビュー

「ASUS TUF Dash F15」の実機レビュー RTX3070搭載

ASUS TUF Dash F15の実機レビュー

ASUSさんから「ASUS TUF DASH F15 (FX516)」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

「ASUS TUF Dash F15」は最大4.8GHzで動作する第11世代インテル「Core i7-11370H」と、最新グラフィックス「NVIDIA GeForce RTX 3070」を搭載した重量級ゲームも快適なゲーミングノートPCです。

液晶は高速リフレッシュレート240Hz搭載で競技性の高いFPS/TPSゲームとの相性も抜群のモデルです。

スペック

ASUS TUF DASH F15
ASUS TUF Dash F15の製品画像CPUCore i7-11370H
グラフィックスRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
SSD1TB
液晶1,920×1,080(240Hz)
無線Wi-Fi 6
重量約2.1kg
動作時間約12.6 時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

ASUS TUF Dash F15の外観

ASUS TUF Dash F15の天板

天板はTUFという文字が入っています。色は白色(ムーンライトホワイト)です。グレー色(エクリプスグレー)のモデルもあります。

天板は片手で開閉しても筐体は浮きません。厚みは薄く、重量も軽い部類のノートPCなので持ち運びにも適したゲーミングノートPCです。

液晶は15.6型のフルHD(1920×1080)解像度で、240Hzの高速リフレッシュレート液晶です。表面仕様がノングレアなので長時間の作業やゲームに最適です。

入出力ポート

左側面

ASUS TUF Dash F15の左側面

背面

ASUS TUF Dash F15の背面

右側面

ASUS TUF Dash F15の右側面

左側面側には電源、有線LAN、HDMI、USB3.2(Type-A/Gen1)、Thunderbolt 4 (Type-C) 、マイク、ヘッドホンのコンボジャックがあります。

インターネットを有線接続する方で左利きの方は気になる位置かもしれません。

背面側には接続端子はありません。

右側面にはUSB3.2(Type-A/Gen1)×2があります。

キーボード

ASUS TUF Dash F15のキーボード

ASUS TUF Dash F15のキーボード拡大画像

キーボードは10キーなしです。Windowsロックキーは「Fnキー+Windowsキー」で有効・無効に出来るので便利です。

パフォーマンスモードの切り替えは付属ソフトで可能です。「Amooury Crate」というソフトが付属しています。「サイレント/パフォーマンス/ターボ」モードが搭載。

キーボードの上に4つの物理的なボタンが搭載されており、使用頻度が高い音量調整や、マイクのON/OFFボタン、動作モードの切り替えが行える「Amooury Crate」が起動します。

動作モードは「Fnキー+F5キー」でも切り替える事ができます。キーボードはとても打ちやすいと感じました。

重量

筐体

ASUS TUF Dash F15の重量

ACアダプター

ASUS TUF Dash F15のACアダプターの重量

本体が2,064gでACアダプターの重量は588gでした。本体とACアダプターを合計すると2,652gとなります。トータル重量としても軽い部類に入るゲーミングノートPCです。

ゲーム性能

各種ベンチマークを使用してゲーム性能をチェックしました。他の構成との参考比較も掲載しています。

3DMARK

FireStrike

FireStrike

TimeSpy

TimeSpy

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
RTX2070 SUPER(Core i7-10875H)
7822
RTX3070(Core i7-11370H)
7626
RTX2070 MAX-Q(Core i7-9750H)
7132
RTX2060(Ryzen 7 4800H)
6562
RTX2060(Core i7-10750H)
6282
GTX1660Ti(Core i7-9750H)
5809
GTX1650Ti(Ryzen 5 4600H)
3938

3DMark TimeSpyの総合的なスコアの比較となっています。

構成3DMARK TimeSpy(Graphics Score)
RTX2080
9665
RTX3070
8348
RTX2070 SUPER
7710

当サイトでテストしたRTX2070 SUPERとグラフィックススコアで比較すると、RTX3070のパフォーマンスが高いです。

ファイナルファンタジー15【重い】

FF15ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
7647 / 76 fps【快適
標準9997 / 97 fps 【とても快適
軽量10851 / 108 fps【とても快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはスコアから算出した数値になります。

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適になります。6,000で快適評価になるので6,000スコアを獲得していれば合格点でしょう。

ファイナルファンタジー14【中程度】

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
最高12912 / 106 fps【非常に快適
13984 / 119 fps 【非常に快適
標準14731 / 127 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

解像度はフルHD(1920×1080)最高品質比較になります。FF14 漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。

フォートナイト

最高設定

フォートナイトの最高設定fps

最低設定

フォートナイトの最低設定fps

人気TPSゲームのフォートナイトでは最高画質では110fps前後。最低では170fps前後を記録しました。

フルHD解像度の240Hz液晶を搭載しているので、画質を落としてDLSSを使用する事で高リフレッシュレートの恩恵を得られるでしょう。

RTXグラフィックスボードを搭載しているのでレイトレーシングにも対応しています。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
109
167

計測場所:ホーリー・ヘッジズ、3D解像度は100%に変更

ApexLegends

最高設定

ApexLegends最高設定fps

最低設定

ApexLegends最低設定fps

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質110fps前後、最低では130fps前後を記録しました。

高リフレッシュレート液晶を搭載しているのでFPS/TPSゲームをプレイしたい方にも適しているゲーミングノートPCです。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
113
128

計測場所:オリンパス「ドック」

ドラクエ10 / PSO2【軽い】

PSO2

PSO2ベンチマーク

ドラクエ10

DQ10ベンチマーク

PSO2やドラクエ10でも高いスコアが出ています。PSO2は簡易設定6(最高設定)で3万超え、ドラクエ10は20,000スコアオーバーとなりました。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
FPS・TPSゲーム
  1. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。
  2. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  3. 軽量級:軽めのゲームはかなり快適です。
  4. FPS・TPS:240Hz液晶を搭載しているので快適です。4.5評価なのは、CPU性能が高い方がFPS/TPSにはより適していると個人的には感じたので4.5としました。

最重量級タイトルをチェック!

解像度タイトルFPS
フルHD
1920×1080
レギオン
55
ヴァルハラ
59

最新重量級ゲームの「ウォッチドッグスレギオン(レイトレ:最大/DLSS:高性能)」「アサシンクリードヴァルハラ」でも最高設定で高fpsが出ていました。

「ASUS TUF Dash F15」はRTX3070搭載なので最新の重量級タイトルでも快適なゲーミングパフォーマンスを持っています。

CPU性能

CINEBENCH R23

CINEBENCHR23

CINEBENCH R20

CINEBENCHR20

CINEBENCH R23/R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。CINEBENCH R23とR20は比較できません。

製品名CINEBENCH R20マルチスコア比較
Ryzen 7 4800H
4412
Core i7-10875H
4084
Ryzen 5 4600H
3437
Core i7-10750H
3059
Core i7-11370H
2719
Core i7-9750H
2622
Core i5-10300H
2236

CINEBENCH R20を当サイトでテストした比較になります。Core i7-11370Hのスペックは4コア8スレッドで最大4.8GHzです。Core i7-9750Hより高いスコアが出ていました。

ストレージの速度

ASUS TUF Dash F15のSSDの速度

SSDが搭載されているので動作がサクサクでストレスフリーです。1TBは安心感のある容量。

消費電力

アイドル

アイドル

3DMARK

FireStrike

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度

筐体の温度

ASUS TUF Dash F15の筐体温度

FF14のベンチマークを1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。室温は23℃。WASD周辺は36℃、中央43℃でした。触ってもあまり熱く感じませんでした。

内部の温度

ASUS TUF Dash F15の内部温度

室温23℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeとCINEBENCH R20を実行した際の最大温度になります。

静音性

ASUS TUF Dash F15の静音性

アイドル41.4 db
サイレント設定44.9 db
パフォーマンス設定53.2 db
ターボ設定55.3 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

環境の下限が42db前後です。設定によって動作音が変わるので設定毎に計測しています。

まとめ

「ASUS TUF Dash F15」は最新重量級ゲームも快適に動作できるパフォーマンスを持っていました。

FPS・TPSゲームで高fps出してゲームをプレイしたい方も、240Hz液晶搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

また、ASUSさんは配送が迅速(最短翌営業日出荷)なので、すぐにゲーミングノートPCが欲しい方にもおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 最新のRTX3070搭載のゲーミングノートPCを探している方
  • 滑らかな240Hz液晶搭載モデルを探している方
  • 堅牢性の高い筐体を探している方(米国軍用MIL規格準拠)
  • かっこかわいいデザインの白いゲーミングノートPCを探している方

ASUS TUF DASH F15の詳細はこちら

ASUS公式オンラインストアはこちら

おすすめピックアップ記事