おすすめツール

ゲーミングPC買ったら入れておきたいおすすめのソフト

ゲーミングPC買ったら入れておきたいおすすめのソフトを紹介していきます。無料のソフトが中心ですが管理人が使っている有料のソフトも少数ですが紹介していきます。

Gmail

まずはメールアカウントを作成するのが大事です。PCゲームのソフトを購入する際にアカウント登録でメールアドレスが必ず必要になります。Gmaiなどの無料で取得できるフリーメールの取得がおすすめです。

Googleの『Gmail』かYahooの『Yahoo!メール』など他にもたくさんありますが、Gmailがおすすめです。使っている方が多いので分からなくなっても検索すればヒットする事が多いです。

Gmailの詳細はこちら

ID・パスワードの管理ソフト

メールアドレスを作成したら次に待っているのがパスワードの管理問題です。

IDやパスワードを使いまわしているのはセキュリティの観点から良くないので全てのサイトの会員登録のパスワードを違うものにするのが好ましいです。

そうなると問題になるのがパスワードが覚えられないという事ですが、パスワード管理ソフトを活用する事で回避する事が可能です。

たくさんあるのでよく調べて自分の気に入ったソフトを使うのがおすすめです。

パスワード管理ソフトがあればマスターキーさえ覚えておけば必要な時にパスワードを呼び出せます。非常に便利なので手放せないツールです。

しかし、セキュリティやパソコントラブルのリスクの問題もあります。

セキュリティに関してはWindows DefenderがWindows10には入っておりセキュリティ能力も高いですが、専用のセキュリティソフトの方が初心者の方に優しい設定やサポートもありますので専用のセキュリティソフトを導入した方がより良いでしょう。

また、パソコンが壊れてしまったりした場合のリスクも考えないといけませんね。

個人的にはパスワード管理ソフトの中でも重要なものは紙に書いていざという時に備えて専用のノートに記載し保管しています。

スマホに記載しておくのも良いかもしれません。パソコントラブルになった場合でも物理的に重要なパスワード等を複数保管するのは忘れてしまった場合に備えるリスク分散になるでしょう。

GEFORCE EXPERIENCE

ドライバーのアップデート、フレームレート計測、ゲームのフィルター機能(FREESTYLE ゲームフィルター)、スクリーンショット撮影(NVIDIA ANSEL)、動画録画・配信機能、ゲーム設定の最適化などの機能が備わったNVIDIAのグラフィックボードを使っている方は必須ソフトになります。

FPSの表示方法やスクリーンショット撮影についてはこちらの記事でまとめています。合わせて参考にしてみて下さい。

GeForce Experienceの詳細はこちら

グラボのドライバー削除

ビデオカードのドライバー関連でトラブルになった時に重宝するソフトです。グラボ交換をした時やドライバーのアップデートでエラーが出た時にはこのソフトを使ってドライバーを削除する事で大抵は解決してしまいます。

基本的には削除して再起動するだけです。開発者の方のサイトはこちら。ダウンロードもこちらからできます。

『SoftwareのDisplay Driver Uninstaller (DDU)』をクリックし、『Click here for DOWNLOAD & SUPPORT.』をクリック、『***Official Download Here***』をクリックでダウンロードする事ができます。

フレームレートをチェック

PCゲームの場合にはフレームレートを確認する事が可能です。しっかりとフレームレートが出ているか一度確認すると安心してゲームに集中する事が出来ます。

フレームレートは常時モニタリングする事が可能なツールがほとんどです。以下の記事でフレームレート表示のツールについてはまとめています。

PCゲームでFPSを表示させる4つの方法

ハードウェアの温度をチェック

温度をモニタリングできるソフトです。高負荷をかけた時にハードウェアの温度が高温度になっていないかなどを見る時に便利です。

HWMonitorのダウンロードはこちら

ゲームのプラットフォームソフト

ゲームをプレイする際にはプラットフォームソフトが必要になります。

有名なのはsteamですが、ゲームをプレイする際に必要になるのでダウンロードしておくのが良いでしょう。

数が増えてくると覚えるのが大変になるので上述のパスワード管理ソフトが非常に役立ちます。

Steam

モンスターハンターワールド、FF15、ニーアオートマタ、信長の野望シリーズ、三国志シリーズ、ダークソウルシリーズ、PUBGなどが購入可能です。

セールも頻繁に開催しているのでウィッシュリストに登録しておくとお得にゲームを購入する事ができます。

Steamのダウンロードはこちら

Origin

ザ・シムズシリーズ、バトルフィールドシリーズ、ニード・フォー・スピードシリーズ、シムシティ、Apex Legendなどが購入可能です。セールを開催している事があります。

Originのダウンロードはこちら

Epic Games

フォートナイト、WWZ、CONTROL、メトロエクソダス、ボーダーランズ3などが購入可能です。無料でゲームを配っている場合もあるのでインストールしてみましょう。

Epic Gamesの詳細はこちら

Battle.net

オーバーウォッチ、CoDシリーズ、ハースストーンなどが購入可能です。サポートの人のテンションが非常に高かった経験があります。

NetFlixのアニメ『キャノン・バスターズ』に出てくるサムくらいテンションが高かったです。参考:『キャノン・バスターズ』PV – Netflix

battle.netのダウンロードはこちら

Ubisoft Connect

アサシンクリードシリーズ、ファークライシリーズ、ゴーストリコンシリーズ、ウォッチドッグスシリーズ、レインボーシックスシージ、ディビジョンシリーズ、STEEPなどが購入可能です。

次世代を見据えた新たなサービスとしてUbisoft Connectになりました。

Ubisoft Connectのダウンロードはこちら

Rockstar Games Launcher

GTAシリーズ、レッドデッドリデンプション2などが購入可能です。

Rockstar Games Social Clubの詳細はこちら

Bethesda Launcher

スカイリム、フォールアウトシリーズ、フォールアウト76、The Elder Scrolls Online、ウルフェンシュタインシリーズなどが購入可能です。

Bethesda Launcherの詳細はこちら

 

アンインストールソフト

ゲームは容量が凄く多いタイトルもあるのでアインストールする機会も多いでしょう。『アクティブなソフトはSSDに入れたいから、使っていないゲームは削除しよう』などですね。

コントロールパネル開いて削除してもOKですが、作業時間短縮効果を狙う意味で専用のソフトを使用するのがおすすめです。個人的に使用しているのは『GeekUninstaller』です。

強制アンインストール機能があるので削除する際に楽です。

画像編集

物凄く奥が深い写真加工です。フレンドさんと一緒にプレイする場合に記念ショットとして共有すると仲が深まる場合もあります。

ソロでも凄い武器を取った時や難しいクエストをこなした時はスクリーンショット取りたくなる場面もあるでしょう。

Twitterで『SS加工』と検索するとキレイな画像がたくさん出てくるので気になる方はチェックしてみて下さい。

加工するスキルがあると趣味の一つとしてゲームのスクリーンショット職人としての地位を築いていけるかもしれません。興味のある方は挑戦してみて下さい。

無料ソフトだと『GIMP』が有名です。本格的に頑張りたい方は有料ですが『Photoshop』がおすすめです。

Photoshopの推奨システム構成
CPU64 ビットをサポートしている Intel または AMD プロセッサー(2 GHz 以上)
GPUDirectX 12 をサポートしている2GBのGPU メモリ
メモリ16 GB以上
HDD4 GB

ゲーミングPCでPhotoshopを使いたい方はメモリ16GB以上がおすすめです。

Photoshopの最小システム構成および推奨システム構成

スクリーンショットを簡単に撮る方法

ゲームのスクリーンショット撮影に関しては「GEFORCE EXPERIENCE」の項目に記載の通りですが、デスクトップ画面を撮影したい時に使うおすすめの方法を番外編としてご紹介します。

スクリーンショット撮影ができるソフトをダウンロードしてもOKですが、Windows10の場合におすすめは「Windows+Shift+S」です。これで範囲を指定して画面撮影が可能です。画像も保存可能です。

動画編集

こちらも物凄く奥が深い動画編集です。YouTubeに動画投稿したい方も多いかもしれません。

動画編集ソフトのおすすめは『Adobe Premiere Pro』です。Premiere Proは月額2,480円となっているので価格は高いですが、本格的に動画編集やる方におすすめです。

無料でおすすめは『DaVinci Resolve』です。DaVinci Resolveは無料です。DaVinci Resolve Studioもあり、こちらは買い切りで35,980円です。

DaVinci Resolveは無料版でもほとんどの機能が使えるのでとりあえず無料で始めたいという方はDaVinci Resolveがおすすめです。

Premiere Proの推奨システム構成
CPUIntel 第7世代以降CPUまたは、同等のAMD CPU
GPU4GBのGPU VRAM
メモリHD メディアの場合は16GBのRAM
4Kメディア以上の場合は32GB
SSDアプリのインストールおよびキャッシュ用に内蔵高速SSD
メディア用に追加の高速ドライブ

ゲーミングPCでPremiere Proを使いたい方はCore i7・Ryzen 7搭載でビデオメモリ4GB以上のグラフィックスカードを搭載したモデルがおすすめです。

Premiere Pro 必要システム構成

チャットアプリ

チャットツールとしてはSkypeもありますが、ゲームに特化したチャットツールとして『Discord』というアプリがあります。

フレンドと一緒にゲームをプレイする時に便利なツールなので必要な方はダウンロードしておきましょう。

Discordのダウンロードはこちら

RTX Voice

「RTX Voice」はノイズキャンセル機能です。オンラインでのビデオ会議やテレワークで使う「Zoom」「Microsoft Teams」やゲーム配信の「OBS Studio」や「XSplit Broadcaster」などで活用できます。

注意点としてはゲームのフレームレートが多少下がる点です。

RTX Voiceのダウンロードはこちら

NVIDIA BROADCAST

「NVIDIA BROADCAST」は実況配信やビデオ会議向けのソフトウェアです。

AIを利用したノイズキャンセル機能や背景除去、フェイストラッキングによる自動リフレームを搭載。個人的にノイズキャンセルは最初に試した時に驚きました。最新テクノロジーを感じられます。

RTX Voiceはベータ版ですが、NVIDIA BROADCASTに機能が組み込まれています。

GPUNVIDIA GeForce RTX 2060、Quadro RTX 3000、TITAN RTX 以上
メモリ8GB以上
CPUIntel Core i5 8600、AMD Ryzen r5 2600 以上が推奨
ドライバーバージョン 456.xx 以上
OSWindows 10 64 ビット

動作要件はRTX20シリーズ、RTX30シリーズで利用可能です。

NVIDIA BROADCASTのダウンロードはこちら

動画配信サイト

人がプレイしたゲーム動画を見る事でモチベーションが上がる効果や、実際のゲームプレイ時において参考になったり、暇つぶしにもなります。Twitchに関してはアプリ版もあります。

Twitchのダウンロードはこちら

まとめ

ゲーミングPCを購入したらまずは持っている方も多いと思いますがメルアド作成。

次にゲームを購入する必要があるのでゲームのランチャーをダウンロードします。それぞれIDやパスワードを入力する事で管理画面に入る事が出来ます。

しかし、多くなってくるとIDやパスワードを覚えるのが困難になるのでID・パスワードの管理ソフトの活用を視野に入れてください。

ゲームならNVIDIAのグラフィックボードを搭載したモデルを購入される方が多いと思いますのでGEFORCE EXPERIENCEをダウンロードします。

GEFORCE EXPERIENCEにはフレームレート計測がありますので有効にしておきましょう。これでフレームレートを確認する事が可能です。

後はお好きなゲームをダウンロードして楽しみましょう。他のゲームをやりたくなった時にストレージの容量が足りないと思ったらアンインストールソフトの活用もおすすめです。

おすすめピックアップ記事