ゲーミングPCの選び方

初心者におすすめのゲーミングPCの選び方

PCゲームをプレイする為に必要になるのがゲームができるパソコンです。ゲーミングPCやゲームPCと呼ばれる高スペックなパソコンの事です。

ゲーミングPCと言っても価格の安いモデルから価格の高いモデルがあり、更にメーカーも色々あります。

  • 初心者の方は価格の安いモデルから始めた方が良い
  • 初心者にはサポートが最も重要な要素
  • 価格と性能のコストパフォーマンスを重視するべき
  • 最新ゲームを快適に動かせられるスペック選びが重要

などの声が上がるかと思います。一つだけ確かな事はパソコンのゲームは年々要求スペックが上がっていて、古いパソコンや、ゲームに特化していないパソコンだとゲームが快適にプレイ出来ないです。

ゲーミングPC選びに悩む初心者の方におすすめのゲーミングPCのスペックの選び方やメーカーの特徴をまとめています。

ゲーミングPCと普通のパソコンの違い

一般的なメーカー製のパソコンは『ビジネス用途』ではあっても『ゲーム用途』では無いです。ゲームをパソコンでやるならゲーム用の『ゲームパソコン・ゲームPC・ゲーミングPC』と呼ばれるゲームができるパソコンを取り扱っているショップで購入しないと後で後悔してしまいます。

ゲーム用に最適化されたパソコンを購入するに当たって重要になるのがグラフィックボードです。

このグラフィックボードが最重要で起点になります。グラフィックボードを決めたら後は予算に合わせて他のパーツも決めていくというのが基本です。

大抵は各BTOショップで構成内容が最適化してある状態で販売しているので他のパーツが分からなくても大丈夫です。パーツの事を知り尽くしたプロが選定したモデルがラインアップとして並んでいます。

初心者の方でパーツの性能がよく分からなくても『人気ランキング』は現在売れている人気商品の目安がわかる。『ゲーム推奨パソコン』はプレイしたいゲームの性能目安になるのでスペックが分からなくても安心して購入できます。

当サイトでもゲームの推奨スペックについてまとめており、幅広くゲームをプレイする為にはどの程度の性能が必要なのか?について書いています。

初心者の方でよく分からないけど快適に楽しみたい方は15万円以上~20万円のゲーミングPCがおすすめです。予算を抑えてコスパ良くゲームをプレイしたい方は10~15万円の価格帯がおすすめになります。

ゲーミングPCのスペックの選び方

パソコンでゲーム性能に直結するパーツは4つが主になります。

  1. グラフィックボード
  2. CPU
  3. メモリ
  4. ストレージ

この4つのパーツはそれぞれ効果が違います。一つずつ見ていきましょう。

グラフィックボードの選び方

パソコンでゲームをしていてカクカクしたり、ゲームが起動しないという状況があります。なぜそのような事になるのかというと大体はグラフィックボードが搭載されていないからです。

ゲーム用のパソコンにとっては最重要のパーツになります。カクカクしたりする原因もグラフィックボードの性能が低い事が原因の1つになります。ゲーミングPC選びはこのグラフィックボードから選定しましょう。

ゲームというのはパソコンの作業の中でもかなり重い部類に入ります。グラフィックボードが最初から無いパソコンやスペックの低いグラフィックボードでは、高いグラフィック性能を要求されるゲームだと要件を満たさないのでゲームが起動しなかったり、フレームレートが落ちてカクカクになってしまうのです。

描画負荷の高いパソコンゲームをプレイするにはグラフィックボードが搭載されたゲーム用のパソコンが必須になります。

現在ではGTX16シリーズとRTX20シリーズの2つが現行ラインアップとして存在しています。RTX20シリーズから性能が高いだけでなくリアルタイムレイトレーシングに本格対応となります。

「レイトレーシング」は最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。

予算を抑えた選び方としてはGTX1660以上GTX1660Ti未満のグラフィックボードはビデオメモリ6GB搭載しているのでGTX1660以上をおすすめします。

CPUの選び方

CPUはグラフィックボードと並んでゲームするには大事なパーツです。ゲームではCPU性能が高いとフレームレートがより出るタイトルもあります。シューターゲームのようなゲームジャンルで高フレームレートを維持する場合にも重要になってきます。

また、ゲーム配信をする人や動画編集をする人もCPU性能は重要です。エンコードというパソコンの作業の中でも重い作業をする人は『Core i7 / Ryzen 7』や『Core i9 / Ryzen 9』のCPUを選びましょう。

後々何かやりたくなった時に後悔しないようにCPUにはお金をかけておいて損は無いです。

クリエイティブなら多コアが活かせるのでRyzenも検討してみて下さい。しかし、インテルの方がフレームレートが出る傾向が高いのでFPS・TPSゲームメインならインテルCPUがおすすめです。

i7-9700KとRyzen 7 3700Xをベンチマークで比較【RTX2070 SUPER】 Core i7-9700KとRyzen 7 3700Xで取得したデータのCPUによるフレームレート比較になります。グラフィックボード...

メモリの選び方

メモリは机のようなもので、机が広いと書類をたくさん机の上に置く事が出来ますが、机が狭いと書類をたくさん置く事が出来ない。メモリも同じように容量が多ければたくさんのデータを展開する事ができますが、容量が少ないとデータはあまり読み込めないという事になります。

ゲームにおいてのメモリは容量が不足するとカクついたりフリーズしたりゲームが落ちたり不安定になってしてしまいます。重量級ゲームをプレイする場合には16GBが必要になります。

推奨動作要件でも16GBのタイトルが増えているので16GB搭載機を選択するかカスタマイズを推奨します。実況予定の方は動画編集では32GBがおすすめです。

ストレージの選び方

ストレージはSSD搭載機を選んで下さい。パソコンの動作がサクサクとなり快適と感じる方が圧倒的に多いのでSSD搭載機がおすすめです。

ゲームでもロード時間が短縮されたりと恩恵はあるのでSSD搭載機を選ぶかカスタマイズした方がいいです。

もし大量の非アクティブなゲームや動画ファイルなどを保存しておきたいならSSD+HDD の組み合わせがおすすめです。

最近はNVMe対応のSSDが登場しています。SSDなら大抵カクつかないですが、ゲームによっては高速NVMeなら一瞬のゲーム中のカクつきを抑える効果が見込める場合もあります。

ストレージの効果としてはサクサクとパソコンが動く、ゲームのロード時間短縮やカクつきを抑える効果が見込めます。

パーツの選び方のまとめ

CPUCore i5 / Ryzen 5(性能の低いグラフィックボードとなら)
Core i7 / Ryzen 7(高性能なグラフィックボードを選択するなら)
Core i9 / Ryzen 9(ハイエンドグラフィックボードを選択するなら)
高FPS出したい方はインテル Core i7 / Core i9がおすすめ
GPUGTX1660~GTX1660Ti(コスパ重視なら)
RTX2060 SUPER~(快適さを求めるなら【VRAM 8GB】 / レイトレーシング対応)
RTX2080 SUPER~RTX2080Ti SLI(4K解像度でゲームをプレイするなら)
メモリ8GB(軽めのゲームをプレイするなら)
16GB(重量級ゲームをプレイするなら)
32GB~(動画編集をするなら)
SSDSSD250GB~(最新ゲームなら500GB以上がおすすめ)
HDD1TB~

というのが後で後悔しないおすすめのゲーム用のパソコンの構成になります。画面解像度によって要求スペックも変わってくるのですが、初心者の方でゲームがメインであればフルHD解像度でプレイすると上記のスペックであれば快適に様々なゲームをプレイする事ができるでしょう。

ゲームメインなら高リフレッシュレートを採用した144Hz対応などのゲーミングモニターの購入もおすすめです。

ポスト・フルHDと期待されている4K解像度に関しては要求スペックも跳ね上がる為、初心者の方というよりはPCゲームに慣れ親しんだ中~上級者の方におすすめになります。

推奨スペックから最適なスペックを探す

  1. とても重い(最重量級):「メトロ エクソダス」「CONTROL」「ARK: Survival Evolved」「RDR2」「Minecraft with RTX beta
  2. 重い(重量級):「ファイナルファンタジー15」「モンスターハンターワールド
  3. 中程度(中量級):「ファイナルファンタジー14」「フォートナイト」「Apex Legends
  4. 軽い(軽量級):「リーグ・オブ・レジェンド」「ドラゴンクエスト10」「マインクラフト(非影MOD)」

PCゲームには重いゲームも軽いゲームもあります。初心者の方はFF14を中心に選びましょう。重量級をプレイしたいのであればFF15やモンハンワールドがおすすめです。更に上の世界を見たい方はCONTROLなどでまとめているのでチェックしてみて下さい。

デスクトップPCかノートPCか

デスクトップPCのメリット・デメリット

ゲーミングPCはデスクトップPCがおすすめです。拡張性も高く、静音面や冷却面でも有利で、本格的なゲーム用のマウスやキーボードの方が快適にゲームで使えるのと、周辺機器も豊富です。固定されるデメリットがありますが、メリットも非常に多いです。またデスクトップPCの方が価格が安くスペックが高いのも魅力的です。

ノートPCのメリット・デメリット

性能や静音性、冷却性能という部分ではデスクトップPCの方が優れていますが、持ち運びを考えている方や環境を省スペースにまとめたい方はノートPCを検討してみましょう。オールインワンの環境が欲しい方は高リフレッシュレートの液晶を搭載したモデルがおすすめです。

おすすめのゲーミングPCメーカー

マウスコンピューター

納期3営業日~
延長保証
初期不良対応製品到着日より1ヶ月間
サポート24時間365日対応

マウスコンピューターのゲーミングPCブランドが『G-Tune』になります。CMでもおなじみの有名パソコンメーカーです。

e-Sportsにも力を入れており、日本eスポーツ連合(JeSU)の正会員になります。製品どれもが高品質で、外観・内観含めて綺麗です。

初心者も安心の24時間365日サポートが付いています。

生産は「長野県飯山市の国内生産で熟練のプロが一台一台手作業」で組み立てを行ってくれて、品質管理がしっかりしているので安心感があります。

総合的に初心者の方には特にマウスコンピューターの「G-Tune」はおすすめです。

詳細はこちら

公式サイトはこちら

ドスパラ

納期最短翌日
延長保証
初期不良対応原則1週間以内(会員は1ヶ月間以内)
サポート24時間年中無休

ドスパラのゲーミングPCブランドが『ガレリア』になります。ゲーム用パソコンのショップとして極めて人気の高いパソコンメーカーです。

e-Sportsにも力を入れており、豊富なラインアップで選択肢が多く、ガレリアゲームマスターシリーズやインテルと共同開発したノートPCなど妥協なきゲーミングPCを取り揃える人気メーカーになります。

最短翌日出荷なので「購入してから2日程度で自宅に届くスピードが魅力」です。価格と性能のコストパフォーマンスが良いゲーミングPCを取り揃えているショップになります。

また、ドスパラではゲーミングアシストサービスも展開しているのでグラボ交換や、ゲーミングPCの買い替え時にお得に運用する事も可能です。

初心者の方にもおすすめですが、増設や換装を行う中級者の方にも特にドスパラの「ガレリア」は幅広くおすすめです。

詳細はこちら

公式サイトはこちら

パソコン工房

納期3日から10日程度後に出荷
延長保証
初期不良対応2週間
サポート24時間365日対応

パソコン工房のゲーミングPCブランドが『LEVEL∞(レベル インフィニティ)』になります。『コスパで選ぼう!パソコン工房!』というキャッチコピーの通りコストパフォーマンスが高い事が特徴になります。

プロゲーマーとのコラボモデルが充実しており、セールも開催しています。最新パーツの導入も極めて速いです。

サポートも24時間365日対応なので初心者の方も安心です。しかし、コスト優先でカスタマイズの必要性を感じる構成もあるので購入する際にはショップのおすすめ表記を参考にすると更に安心です。

パソコン工房は「価格にこだわりたい」という方で自分が欲しい目的の構成がある場合にはおすすめのBTOショップです。

公式サイトはこちら

まとめ

初心者の方におすすめのゲーミングPCの選び方とメーカーについてまとめてみました。

早くゲーミングPCが欲しい方は配送の早さならドスパラかマウスコンピューター(翌日出荷サービス)がおすすめです。

また、製品の数が多くて選べないと感じている方はおすすめのゲーミングPCについても書いているので参考にしてみて下さい。

【2020年】ゲーミングPC一式のおすすめを厳選【予算15万】 ゲーミングPCは高い…。と感じている方で、予算15万円前後で全部揃えられる環境を教えて欲しいという方におすすめのゲーミングPC一式を...

ゲーミングPCは高いと感じている方に予算15万円で一式揃うおすすめのゲーミングPCもまとめています。こちらもチェックしてみて下さい。

おすすめピックアップ記事