用途・目的別

ウルトラワイドのゲーミングPCの選び方

ウルトラワイドモニター

ゲーム用のパソコンを買いたいけど普通の人とは違う視点で考えていきたい!という方におすすめなのがウルトラワイドです!

ウルトラワイド用にゲームパソコンを買いたいという場合には、ウルトラワイド(3440×1440)が動くならフルHDやWQHDも動くのでそこを基準にしてみるのもいいかもしれません。

4Kゲーミングに関してはウルトラワイドよりも更に重くなります。

を書いているので4Kでのゲームパソコンを選びたい方はこちらの記事をチェックしてみて下さい。

ウルトラワイドの解像度って?

ウルトラワイドは主に以下の2つの解像度になります。

  • 2560×1080
  • 3440×1440

なのでより高解像度になるのは後者の3440×1440になります。

UWQHDの解像度比較

3440×1440のウルトラワイド(UWQHD)でフルHDとWQHDで比較した画像がこちらになります。

実際に表示領域としてかなりの差があります。2560×1080のウルトラワイドだとWQHD(2560×1440)の縦が短いという感じで見て頂ければいいかと思います。

フルHDと比較してどうでしょうか?かなり領域が広がっているのが分かると思います。

なので実際に見た際には物理的な画面領域の大きさと曲面ディスプレイを採用したモデルだと臨場感や没入感の増した映像体験をする事が可能になります!

ウルトラワイドはアスペクト比が違う

ゲームにおいてのアスペクト比は以下の3つが多いです。

  • 16:9(フルHD:1920×1080や4K)
  • 16:10(WUXGA:1920×1200など)
  • 21:9(3440×1440など)

代表的なのは16:9です。ウルトラワイドは21:9に属しているので横に長いのが特徴的です。

ウルトラワイドのデメリットは?

スペック要求が高い

解像度を高い状態で画質を重視する場合だとフレームレートを確保するのが難しくなります。

フレームレートというのはゲームの滑らかさに関係してくる用語です。

解像度を高く、画質も高く、画面の滑らかさも重視する場合にはかなりの高スペックが要求されます。

どれかを犠牲にする事でハイエンドで無くてもプレイする事は可能なのでシューティングゲーム以外ならフレームレートを家庭用ゲーム機で多い30FPSという値にまで落とせるのであればそこまでハイスペックで無くても動く場合も多いのでハイスペッククラスのゲームパソコンで運用するというのもアリかもしれません。

60FPSを維持して画質や解像度もとなるとハイエンドが現実的になってきます。

横に帯が出る

ウルトラワイドのデメリット

こんな感じでゲームプレイ中には画面全部が表示されますが、イベントシーンだと横に黒い帯が出るゲームは多いです。ただこれは個人的には全く気にならないです。

ウルトラワイドのメリットは?

圧倒的な没入感の高さ

ウルトラワイドは1画面で済む手軽さが魅力です。トリプルモニターのように画面を3つ用意しなくてもそのままゲーム内の設定でアスペクト比を21:9に設定し解像度を設定すれば臨場感や没入感の高い映像体験をする事が可能です!

PCデスクの上に置くスタイルの方はトリプルモニターより横幅が狭くなるメリットもありますし、床に置いてカーペットの上とかでゴロゴロプレイしてもOK!座椅子プレイでダラダラコントローラーを握ってプレイしてもいいですし、ソファと組み合わせてもOKです。

PC作業でも便利

マルチタスクで作業が可能

画面が横に広いのでPC作業が捗ります!4K大画面には及びませんが必要十分な広さがあります。

ウィンドウモードや仮想フルスクリーンなら他の作業も可能

ウィンドウモードでも便利

(信長の野望・太志はウルトラワイドに非対応ですがフルHDで表示させる事は可能)

特にオンラインゲームや攻略を調べてプレイする必要のあるゲームだと表示領域の広さは便利です。3440×1440(UWQHD)に対して1920×1080(フルHD)のゲームを表示させた場合にはスペースが余るので端に他のソフトを置いておくなどの使い方も可能になります。

実際にプレイしたゲーム

Forza Horizon 4

Forza Horizon 4の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

アサシンクリードオデッセイ

アサシンクリードオデッセイの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

ウルトラワイドでおすすめのゲーミングPC

ガレリアの新筐体!RTX3070搭載モデル

ガレリア XA7C-R37
CPUCore i7-10700
グラフィックRTX 3070(10GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

最新のインテル第10世代CPUのCore i7-10700を搭載した人気メーカードラパラの最新RTX3070搭載モデルです。

おすすめピックアップ記事