【2018年】今本当に買うべきおすすめのゲーミングPC

公開日: : 最終更新日:2018/09/19

Pocket

gemepc

ゲーミングPCをいざ買おうと思っても”色々な製品があり過ぎて”「自分に最適なゲーミングPCが選べない」と感じている方に、本当に買うべきおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

2016年中には約30台、2017年中には約40台のゲーミングPCの実機を各メーカーさんからお借りして実機のレビューをしました。実際に自分で使って、これは良い製品だと思う商品を厳選してご紹介します。

2018年も継続して実機レビューをしています。最新の実機レビューの新着記事はこちらから閲覧する事が可能です。

目次
購入前に知っておくべき知識 低価格・コスパ重視
初心者向きのゲーミングPC クリエイター向け
省スペースのゲーミングPC 実況・配信重視
ゲーミングノートPC スペック重視
 消費電力を重視 総合ランキング

用途別のおすすめ

初心者の方におすすめなゲーミングPC

初心者の方にとって重要なのはサポートです。そして分からない事はプロに聞くとあっと言う間に解決する事が多いです。そういう意味でサポートに力が入っているドスパラのゲームマスターシリーズはゲームPC初心者の方に最適です。

また、製品としてのクオリティ・デザイン性も非常に高くナノダイヤモンドサーマルグリスが標準装備、電源に高品質な製品が使われている、PCケースのメンテンス性が高いなど総合的におすすめのゲーミングPCです。

ガレリア ゲームマスター GXF
ガレリア ゲームマスター GXF OS Windows 10
CPU Core i7-8700
グラフィック GTX1070Ti(8GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 500GB HDD 1TB
マザーボード H370
電源 600W 静音電源(80PLUS TITANIUM)
CPU性能 1414
グラフィック性能 16729

ガレリアのゲームマスターシリーズの特徴として、手厚いサポートがウリです。ゲームのサポートをしてくれたり、40タイトル以上のゲームタイトルの動作保証をしてくれています。

省スペースのゲーミングPC

例えば大学生の一人暮らしの方や家族がいる方で書斎はあるけど狭くて置き場所に困っているという方などには部屋の狭さやテーブルの狭さが悩みの種だと思うので出来るだけ部屋を圧迫しないゲーミングPCがおすすめです。

ミニタイプでおすすめはコレ

省スペースだけどスペックも妥協したく無いという方はスリムタイプならドスパラのminiシリーズがおすすめです。500mlペットボトル2本分の省スペースさです。

ガレリア mini 1060
ガレリア mini 1060 OS Windows 10
CPU Core i7-7700
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 250GB
重量 約2.1kg
CPU性能 832
グラフィック性能 9732
カスタマイズアドバイス

メモリが8GBなので16GBにカスタマイズがおすすめです。GTX1060のみの選択肢となっていますが、GTX1060はコスパ最強のGPUです。より上位のGPUを選択したい場合にはガレリアのSシリーズかG-TuneのLITTLEGEARがおすすめです。

ゲーミングノートPCならコレがおすすめ!

最新のゲーミングノートPCならデスクトップPCと遜色の無いスペックを備えています。価格的にデスクトップPCと比較した場合に高価に見えますが、ディスプレイとキーボードが付いているという大きな特徴を備えています。

近年のゲーミングノートPCはデザイン性に非常に優れているのが特徴で、LEDによるバックライトはもちろん、タッチパッドが光るゲーミングPCまで登場しています。

GALLERIA GCF1050TGF-E
GALLERIA GCF1050TGF-E OS Windows 10
CPU Core i5-8300H
GPU NVIDIA GeForce GTX1050Ti(4GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 250GB HDD 1TB
液晶 15.6インチ フルHD 液晶 (LEDバックライト / 1920×1080ドット表示)
CPU性能 858
グラフィック性能 6603

執筆時ガレリアの最安のゲーミングノートPCです。ゲーミングノートPCが欲しいけど価格が安いモデルが欲しいという方におすすめです。GF-Eシリーズはスリムモデルなのでスタイリッシュです。

ガレリア GCF1060GF
ガレリア GCF1060GF OS Windows 10
CPU Core i7-8750H
グラフィック GTX1060(6GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 250GB HDD 1TB
液晶 15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート120Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
重量 約 2.3kg

GTX1060を搭載したゲーミングノートPCです。普通のデスクトップPCと遜色が無いくらいの性能のグラフィック性能を誇るので、ノートだけど性能が欲しいという方にはピッタリです。

【ドスパラ】ガレリア GKF1060GFの実機&性能レビューでGTX1060の性能についてはチェック可能です。ガレリア GCF1060GFはCPUが最新になったモデルなのでCPU性能が更に上がったモデルです。

性能に対してのコスパが良いので実用性を重視する方や費用対効果を重視する方には本機はおすすめです。GTX1060搭載なのでVRもレディ評価!

Alienware 13 OLED VR
Alienware 13 OLED VR OS Windows10
CPU Core i7-7700HQ
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050Ti(4GB)
メモリ 16GB
ストレージ SSD 180GB+SSD 180GB
液晶 13.3インチ FHD (1920 x 1080) IPS アンチグレア
CPU性能 832
グラフィック性能 6712

ゲーミングPCブランドとしては認知度が非常に高いALIENWAREをALIENWAREたらしめているのはデザインと道具としての完成度の高さです。

ドスパラやG-Tuneと比較するとハッキリ言って高いです。間違いないです。ただ、ビジュアルインパクトは凄いですし、実際に持った時の所有欲の満たされ度はダントツです。

ゲーミングノートPCに求めている事がゲームだけでは無くそれ以外の部分でこだわりがあるという方におすすめのゲーミングノートPCです。15インチAlienware 15 R3の実機&性能レビューもしています。

消費電力を重要視する方におすすめのゲーミングPC

ガレリアDH
OS Windows 10
CPU Core i5-8500
GPU NVIDIA GeForce GTX1050 Ti(4GB)
メモリ 8GB
ストレージ HDD 1TB
マザーボード H310
電源 500W
CPU性能 934
グラフィック性能 6680

CPUはCore i7-8700KがTDP:95W、Core i7-8700/Core i5-8500/Core i3-8100がTDP:65Wになるので消費電力を考慮するとCore i7-8700K以外がおすすめになります。

消費電力が低いのはGTX1050/GTX1050TiのTDP75Wです。同じTDPでも性能がGTX1050Tiの方が上になるのでワットパフォーマンスに優れているのはGTX1050Tiの方になります。

低価格・コスパを最重視する方におすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
NEXTGEAR-MICRO im610 OS Windows 10
CPU Core i5-8500
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 240GB HDD 1TB
マザーボード B360
電源 500W
CPU性能 937
グラフィック性能 10015

定番のコスパの高いGTX1060(3GB)を搭載し、CPUは第8世代のCore i5-8500を採用したモデルです。新ケースデザインになった事、全体的なスペックバランスに優れる事など総合的なコストパフォーマンスに非常に優れています。

価格.comプロダクトアワード2017の後継機モデル

「価格.comプロダクトアワード」は、ユーザーのレビュー評価をベースに「その年、ユーザーにもっとも支持された(満足度の高い)製品」を選出するという集計方法を採用したアワードです。「売れ筋ランキング」や「評論家(オーソリティ)によるアワード」と異なり、価格に対する性能やユーザー満足度の高い製品が選出されるアワードです。

低価格・コスパを最重視する方におすすめのゲーミングPCに選んだ理由が価格.comプロダクトアワード2017の後継機モデルだからです。ユーザーにもっとも支持された製品である事、構成内容である事が決め手ですね。

ゲーミングPCは様々なメーカーから様々な商品が販売されていますが、とにかく価格を重視したコスパで判断した場合本機がもっとも満足度が高かったという事なので価格対性能比でゲーミングPCを選びたいという方にピッタリなゲーミングPCと言えます。

クリエイターの方におすすめのゲーミングPC

クリエイター向けのパソコンとしておすすめなのがDAIVシリーズです。クリエイター向けらしくグラフィックボードにQuadroが選択出来たり、PCケースのデザインも考えられています。

DAIV-DGZシリーズ
DAIV-DGZ OS Windows 10
CPU Core i7-8700K
GPU GTX1080Ti
メモリ 32GB
ストレージ SSD 480GB HDD 3TB
マザーボード Z370
電源 700W
CPU性能 1422
グラフィック性能 21989

クリエイター向けですがゲーミングPCとスペック的には変わらないのでゲーマーだけどクリエイター的な作業をするという方に非常におすすめです。コスパも良いのでゲーム実況などの動画編集作業からAdobe系のソフトを快適に動かしたりする方におすすめです。

PCケースとしてはキャスターが付けられたりするメリットがあったりするのでゲームもするけどクリエイター作業もするという方にはDAIVはイチオシです。

 実況・配信重視の方におすすめのゲーミングPC

ゲーム実況や配信に特化したゲーミングPCにおすすめなのがPUBG 検証環境Ver1.0で「SUMOMOXqX」選手が挙動検証したプロゲームチーム「DetonatioN Gaming」が推奨するハイスペックパソコンです。

NEXTGEAR i680PA1-SMM
NEXTGEAR i680PA1-SMM外観 OS Windows 10
CPU Core i7-8700K
GPU NVIDIA GeForce GTX1080(8GB)
メモリ 32GB
ストレージ 480GB SSD 3TB HDD
マザーボード Z370
電源 700W
CPU性能 1415
グラフィック性能 18394

プロゲーマーが「視聴者を意識した画質と高いFPSを両立するハイスペックモデル」と題しているだけあって配信等に特化した構成内容になっているのが特徴です。

配信を重視する際にはCPU性能とメモリの容量という2点が重要になります。そしてゲームを快適に動作するにはグラフィック性能の高さが重要で画質や高いFPSに繋がります。

トータルで見ると配信に特化してあるゲーミングPCに仕上がっており、「ゲーム実況している人を見て楽しそうだったから自分もやってみたい!」という方に最適です。

スペック重視の方におすすめのゲーミングPC

GPU 3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
GTX1080Ti
27485
GTX1080
21008
GTX1070Ti
19171
GTX1070
17471
GTX1060(6GB)
12656
GTX1060(3GB)
11698
GTX1050Ti
7430
GTX1050
6674

(2018/9/05時点の62台のデスクトップPCの3DMARK FireStrike Graphicsスコアの平均値の集計結果)

スペック重視の方は3DMarkのベンチマークソフトのGraphicsスコアを参考に数値が高い製品を購入すると満足度も高くなるかと思います。

MASTERPIECE i1630PA1-SMM
MASTERPIECE外観 OS Windows 10
CPU Core i7-8700K
グラフィック NVIDIA GeForce GTX1080Ti
メモリ 32GB
ストレージ SSD 480GB HDD3TB
マザーボード Z370
電源 700W
CPU性能 1430
グラフィック性能 22168

とにかくスペックを重視したいと考える方におすすめなのがG-TuneのフラッグシップモデルのMASTERPIECEになります。

フルタワーで内部が広々とし高級感がある外観と筐体の剛性感が高いという事に加えて電源のスイッチ部分の重厚感やカスタマイズで強化ガラスに出来たりと実際に手にすると驚くと思います。

PUBGの検証動画で快適に動作する事が実証されているスペックです。公式サイトの方でPUBGの検証動画もアップされているのでチェックしてみて下さい。

ガレリア ZZ
ガレリアKTケース外観 OS Windows10
CPU Core i7-8700K
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1080Ti(11GB)
メモリ 16GB
ストレージ SSD 500GB HDD 3TB
マザーボード Z370
電源 750W
CPU性能 1422
グラフィック性能 21972
ハイエンドゲーミングPCの価格について

シングルGPU最高クラスのスペックなので予算に余裕がある方や絶対にゲームで妥協したくないという方におすすめです。数年間使う物なので月に換算すると30万でも3年使うと考えると約8500円です。

計算は8500円×12ヶ月×3年=306,000円となります。

そう考えるとこれだけのスペックなので数年間は現役で活躍出来る事を考えると安いとは言いませんが、妥当な価格だと思います。

総合ランキング

ランキング更新2018/07/31

NEXTGEAR i680SA1-FG(G-Tune)
NEXTGEAR i680SA1-FG(はじめてゲームPC限定)
NEXT OS Windows 10
CPU Core i7-8700K
CPUクーラー 水冷CPUクーラー
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce GTX 1080(8GB)
ストレージ SSD 480GB HDD 2TB
マザーボード  Z370
電源 700W
カスタム NEXTGEAR専用 強化ガラスサイドパネル
CPU性能 1419
グラフィック性能 18562

最新のPCゲームに対応するスペックと高い拡張性、冷却性能を持ち合わせたNEXTGEARがおすすめです。CPUクーラーは水冷でバッチリ!

ダストフィルター、強化ガラスが採用されている点がメンテナンス性が高くておすすめです。デスク下に置いた場合にはインターフェースがかなりアクセスしやすいです。

GTX1080を搭載しているのでノンストレスでPCゲームを楽しむ事が可能なのでかなりおすすめです!

デフォルトでメモリ16GBを搭載しているのでインターネットのタブを複数開いたり、Core i7-8700Kを搭載しているので実況や配信も快適なスペックです!

ケースデザインがi680シリーズから変更されたのですが、NEXTGEARはミドルタワー型なので拡張性の高さは健在です。Z370のマザーボードを採用していたり、ストレージのベイは最大5台(HDD×2、SSD×3)まで対応しています。

ガレリアXV(ドスパラ)
ガレリアXV
ガレリアKTケース外観 OS Windows 10
CPU Core i7-8700
グラフィック GTX1070Ti(8GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 640GB HDD 2TB
マザーボード H370
電源 500W
CPU性能 1305
グラフィック性能 16812

最新パーツを盛り込んだモデルになっています。CPUは物理6コアのCore i7-8700、グラボにはGTX1070Tiを搭載した構成内容です。

GTX1070Tiでほぼプレイ出来ないゲームが無いので最新ゲームをプレイされるのであればガレリアXVがおすすめです。人気ランキング堂々1位を獲得しているみんなが今買っているゲーミングPCです。

VR、MOD、PUBG、オンラインゲームなど今PCゲームに求められている事を快適に体験する事が可能なスペックなのでGTX1070Ti搭載機はおすすめです!

ガレリア ZVの実機&性能レビュー(Core i7-8700K&GTX1070Ti)

価格的にOKならガレリアZVもおすすめです。コスパではXVの方が良い傾向にありますが、Core i7-8700Kに惹かれるのならガレリアZVもおすすめです。

電源等のカスタマイズや色々カスタマイズするとZVの方が安い場合もあるのでCore i7-8700Kに惹かれるかどうかが判断基準です。

CPU温度が高かったのでCPUグリスのカスタマイズをするのがおすすめです。スペックは実機で確認しましたがPCゲームを快適に動かせるスペックでした!

MASTERPIECE i1630GA1-DL-FG(G-Tune)
MASTERPIECE i1630GA1-DL-FG(はじめてゲームPC限定)
  OS Windows 10
CPU Core i7-8700K
CPUクーラー 水冷CPUクーラー
メモリ 16GB
グラフィックス 水冷GPUクーラー搭載】GeForce GTX 1080Ti(11GB)
ストレージ SSD 480GB HDD 3TB
マザーボード Z370
電源 700W
カスタム MASTERPIECE専用 ガラスサイドパネル
CPU性能 1427
グラフィック性能 22374

ダブル水冷に当サイトでも人気の傾向があるフルタワーのMASTER PIECEに強化ガラスを採用したモデルです。最上位のフラッグシップモデルなので最高峰を求める方におすすめです。

グリスに関しては好みがある可能性があるので除外していますが、グリスのカスタマイズをする事でCPUの冷却性は更に上がるでしょう。

ダブル水冷に関しては実際に温度の変化を実機レビューで体験しています。【G-Tune】ダブル水冷の実力とは?実機で温度を検証!

Core i7-8700K&GTX1080Tiのハイエンド構成でも「フルタワー+ダブル水冷」のタッグなので冷却性が上がりド安定なゲーミングPCに仕上がっています。

(冷却性能が高いので公式のグラフィックススコアを超えてしまうほどのモンスターマシン)

CPU性能やGPU性能は高い製品が欲しいけど冷却面で不安は残したくない」と考えている方にピッタリなゲーミングPCです。

4位 ガレリアXT(ドスパラ)

ガレリアXT
ガレリアKTケース外観 OS Windows 10
CPU Core i7-8700
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 640GB、HDD 1TB
マザーボード H370
電源 500W
CPU性能 1307
グラフィック性能 11024

ガレリアKTケースを採用しCore i7-8700搭載、ストレージにもたっぷりの容量を搭載しているのでコストパフォーマンスが高いです。ドスパラで人気ランキング第2位を獲得している人気のゲーミングPCになります。

CPU性能が高いので色々快適に動作させたいという方におすすめです。パーツ交換を視野に入れた場合でもガレリアXTの場合はミドルタワー型のケースなのでやりやすいです!

スペックも一般的な方ならこれで十分という方も多いGTX1060(6GB)を搭載しています。

5位 NEXTGEAR-MICRO im610BA1-FG(G-Tune)

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-FG(はじめてゲームPC限定)
OS Windows 10
CPU Core i7-8700
CPUクーラー 空冷サイドフロー
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce GTX 1060(3GB)
SSD 480GB
HDD 2TB
マザーボード B360
電源 500W
CPU性能 1205
グラフィック性能 10455

価格.comプロダクトアワード2017金賞受賞の後継機モデルをベースにカスタマイズしたモデルです。CPU性能、メモリの容量、SSDの容量などがグレードアップしているのでカスタマイズするよりお得です。

NEXTGEAR-MICROはim610シリーズからケースデザインが変更されてグラフィックスカードホルダーや前面インターフェースにHDMI端子が搭載するなどケースデザインが変更されています。

ケースのメリットやデメリットに関してはこちらの記事で書いているのでMICROが気になる方はチェックしてみて下さい。デメリットはストレージのベイでしょう。メリットはメンテナンス性の高さと前面のHDMI端子です。

中をイジらないという方にはデメリットに当たらないので性能の高いCPUと容量が多いメモリとストレージに惹かれる方におすすめです!

まとめ

まずは用途を明確にするのが後で後悔の無いゲーミングPCの購入方法です。選べないという方には総合ランキングでおすすめのゲーミングPCを紹介しているのでこだわりが無ければそちらをチェックしてみて下さい。

基本的にはゲーム用途の場合はGTX1060を最低ラインとして選んでいくと後悔が無いゲーミングPC選びが出来ると思います。コスパが良いモデルの紹介もしているのでゲーミングPCに触れてみたいという方はGTX1060を選ばれる事をおすすめします。

最新のゲームやこれから発売される大作PCゲームをやりたいのであればGTX1070Ti以上だと更に快適にPCゲームを楽しむ事が可能です。バリバリのPCゲーマーの方ならGTX1080TiかGTX1080Ti SLIですが、個人的にはGTX1080Tiシングル運用がおすすめです。

CPUはCore i7、GPUはGTX1060以上、メモリは16GB(ストレスフリーな実況予定なら32GB)というのが現在のゲーミングPCの最適な構成になります!設定次第で軽くなるのがPCゲームですが、将来的な部分や美麗な画面でゲームをしたい場合、FPSでガチで勝ちに行く場合などスペックはある程度あると安心してPCゲームを楽しむ事が可能です!

あまりにも長い記事になってしまったので選び方に関しては別記事でまとめています。

注意点

※情報は執筆時点のものになります。商品の詳細や価格については詳細ページにて必ずご確認下さい。ゲーミングPCは構成内容の変更があるので公式サイトの情報が間違い無いです。

CPU性能はCinebenchのマルチコアを、グラフィック性能は3DMARKのFireStrikeの総合スコアを実機レビューで取得した情報を元に掲載しています。数値に関してはスペックが同一でもCPUは冷却性能やマザーボードによりスコアが変わる場合があるのでそこに注意して選択していきましょう。

Pocket

はじめてゲームPCコラボ

セール情報

実機レビューまとめ

価格で選ぶ(デスクトップ)

価格で選ぶ(ノート)

ジャンルで選ぶ

ゲームで選ぶ

パーツの選び方

PCゲーム

🔺TOP