MENU
ゲーミングPCレビュー

【2019年最新】今本当に買うべきおすすめのゲーミングPC

gemepc

ゲーミングPCをいざ買おうと思っても”色々な製品があり過ぎて”「自分に最適なゲーミングPCが選べない」と感じている方に、本当に買うべきおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

2016年中には約30台、2017年中には約40台、2018年には約40台のゲーミングPCの実機を各メーカーさんからお借りして実機レビューをしました。実際に自分で使って、これは良い製品だと思う商品を厳選してご紹介します。

2019年も継続して実機レビューをしています。最新の実機レビューの新着記事はこちらから閲覧する事が可能です。

ゲーミングPCのおすすめの種類

スペックと価格を重視するならデスクトップPC型

デスクトップPCは冷却性能に優れており性能面でも有利です。そして価格も構成内容を考えると安価である場合が多いのでコストパフォーマンスが高いです。自宅で主にゲームや作業をされる方は迷わずデスクトップPCがおすすめです。

持ち運びや省スペース性を重視するならノートPC型

ノートPCは持ち運びが可能なサイズと重量が特徴です。小さい筐体の中にグラフィックボードが搭載されている関係上、冷却性能を高める為に静音性がデスクトップPCより低く、ACアダプタで電源を供給しないと本格的なゲームの場合にはパフォーマンスが十分に発揮されないので環境を選ぶものの、例えば出張でホテル暮らしが長い方や自宅にあまりいない方などにおすすめになります。

2019年のトレンド・流行り

レイトレーシング対応ならRTX20シリーズ

RTX20シリーズはRTコア(レイトレーシング専門)とTensorコア(ディープラーニング・深層学習)が搭載されており、RTX対応タイトルのパフォーマンスに期待できます。

実際のゲームではRTX対応タイトルの場合には、DXRやDLSSという名称がゲーム内にあるので設定を有効にする事でレイトレーシング及び、ディープラーニングを利用したアンチエイリアシングのDLSSが利用出来ます。DLSSを適用するとパフォーマンスがアップするのでDXRでフレームレートが落ちてもDLSSでカバーしてくれます。

つまりDXRとDLSSはセットで使う事で快適にレイトレーシングが使えるという印象が強いです。ですのでパフォーマンスの観点から事実上レイトレーシングを快適に体験したいならRTX20シリーズが必須になります。

DXRとRTXって何が違うの?

『DXR』はWindows 10 October 2018 Updateより実装されたDirectX12の拡張で、DXRを経由してレイトレーシングが実行されます。『RTX』はNVIDIAがレイトレーシングまたはDLSSを利用する技術をRTXと呼んでいます。

RTX2080 SUPER / RTX2070 SUPER / 2060 SUPERが登場

『GeForce RTX2080 SUPER』『GeForce RTX2070 SUPER』『GeForce RTX2060 SUPER』が登場。パフォーマンス的には無印の上位互換になります。特にRTX2060に関してはビデオメモリが6GBでしたのでビデオメモリが8GBにアップしたRTX2060 SUPER搭載機がおすすめです。

コスパ重視ならGTX16シリーズ

GTX16シリーズはTuringアーキテクチャ(RTX20シリーズと同じ2018年に登場した最新アーキテクチャ)を採用しつつ、レイトレ関連の機能を省いている特徴があります。RTX20シリーズには手が出せないという方の救済的な立ち位置のコスパラインです。

リアルタイムレイトレーシングは使えるようになったものの、実質的にはRTX20シリーズと性能の乖離が著しいので期待しない方が良いでしょう。

インテルCPUは第9世代になりリアル8コアで最大5GHz駆動に

第9世代インテル Core プロセッサースペック比較

製品名コア/ スレッドベース / TB時3次キャッシュTDP
Core i9-9900K8/163.6GHz / 5GHz16MB95W
Core i7-9700K8/83.6GHz / 4.9GHz12MB95W
Core i7-9700KF8/83.6GHz / 4.9GHz12MB95W
Core i7-9700F8/83GHz / 4.7GHz12MB65W
Core i7-87006/123.2GHz / 4.6GHz12MB65W
Core i5-9400F6/62.9GHz/4.1GHz9MB65W

Core i7-9700KはHTが非対応で8コア8スレッドで動作し、最大4.9GHzで動作します。

Core i9-9900Kはインテルのメインストリームとして初めて8コアが採用されHT(ハイパースレッディング)にも対応しているので16スレッドで動作します。最大5GHzで動作し妥協の無いスペックを実現しています。

F付きモデルに関しては基本的には内蔵GPUが無いモデルとなっております。ただゲーミングPCの場合にはGPUが搭載しているので特に問題は無いでしょう。むしろ外部ビデオカード前提ユーザーにとっては買い得感が高いです。

また、今年中に出荷と見られる全コア5GHzで動作する世界一のゲーミング向けCPU『Core i9-9900KS』がComputex Taipei 2019で発表されました。

アクティブコア別上限周波数

製品名基本周波数1C2C3C4C5C6C7C8C
Core i9-9900K3.6GHz554.84.84.74.74.74.7
Core i7-9700K3.6GHz4.94.84.74.74.64.64.64.6
Core i7-8700K3.7GHz4.74.64.54.44.44.3

※一部GHzを省略しています。

Core i9-9900Kは最大で5GHz駆動ですが全コアの場合には4.7GHz駆動となります。Core i7-9700Kは4.6GHz駆動です。これがCore i9-9900KSの場合には全コア5GHzとの事なので高いパフォーマンスに期待できます。

最上位は16コア!ゲーミング性能も上がった第3世代 RYZEN登場!

第3世代 Ryzenスペック比較

製品名コア/ スレッドベース / TB時3次キャッシュTDP
Ryzen 9 3950X16 / 323.5GHz / 4.7GHz64MB105W
Ryzen 9 3900X12 / 243.8GHz / 4.6GHz64MB105W
Ryzen 7 3800X8 / 163.9GHz / 4.5GHz32MB105W
Ryzen 7 3700X8 / 163.6GHz / 4.4GHz32MB65W
Ryzen 5 3600X6 / 123.8GHz / 4.4GHz32MB95W
Ryzen 5 36006 / 123.6GHz / 4.2GHz32MB65W

2019年7月7日に第3世代Ryzenシリーズが発売されました。第2世代Ryzenと比較して1スレッドあたりの性能が最大21%向上し、3次キャッシュの容量も2倍化。ゲームに弱いという弱点を克服しインテルに勝負に出ました。

基本的にはクリエイティブで勝つのがAMDのビジョンとなっております。クリエイティブもゲームもという方はRyzenを狙ってみてはいかがでしょうか。

AMD Ryzen搭載モデルはこちら

ゲーミングPCの性能目安

GPU3DMARK TimeSpy(GraphicsScore)
RTX2080Ti
13380
RTX2080 SUPER
11359
RTX2080
10799
RTX2070 SUPER
9757
RTX2070
8534
RTX2060 SUPER
8413
RTX2060
7543
GTX1660Ti
6151
GTX1660
5370
GTX1650
3427

スペック重視の方は3DMarkのベンチマークソフトのGraphicsスコアを参考にしてみるのが良いでしょう。実機レビューで取得したスコアになります。

メインストリームな性能としてはRTX2060になります。現在はRTX2060 SUPERが登場しているのでRTX2060 SUPERを基準に選ばれるのがおすすめです。

ゲーミングPCのおすすめメーカー

ガレリア(ドスパラ)

ガレリアはドスパラのゲーミングPCブランドで豊富なラインアップから自分に最適な構成の1台を見つけやすいのが特徴的です。代表的なのが『ゲーミングPCの定番:ガレリアXシリーズ』と『ワンランク上の性能:ガレリアZシリーズ』です。

どちらもガレリア専用 KTケース (ATX)を採用しており、拡張性が高く自分で後から自己責任でカスタマイズしたいという方にも適している印象です。

価格のコスパが良くセールを頻繁に開催していたり、モデルによっては無料アップグレードでお得にゲーミングPCを購入出来ます。配送が速いのもドスパラの大きなメリットです。注文してから大体2日で届きます。

ドスパラではゲーミングアシストサービスも展開しているのでグラボを交換したり、ゲーミングPCの買い替え時にお得に運用する事も可能です。

ガレリアの詳細はこちら

ガレリア ゲームマスター(ドスパラ)

「GALLERIA GAMEMASTER」は日本eスポーツ連合(JeSU)初の公認PCです。ゲーミングPCのラインアップの中でも『トップハイブランド』に位置します。価格は少し高いですが、その分サポートは充実しており、冷却性能、長時間のゲームに耐えうるド安定感、PCケースのメンテナンス性、デザイン性の高さなど製品のクオリティが極めて高いのが特徴的です。

タワーモデル

日本eスポーツ連合(JeSU)初の公認PC

CPUCore i7-8700
グラフィックGeForce RTX2080Ti
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB+HDD 1TB
電源700W
性能目安4K:重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

ガレリアのゲームマスターはこんな方におすすめ

  • 初心者の方でパソコンがよく分からないという方(サポートが充実している)
  • 日本eスポーツ連合(JeSU)初の公認PC(製品の信頼性が高い)
  • 筐体のデザイン性が高くオシャレでカッコいいゲーミングPCが欲しい方
現状ですとラインアップが少ないので同等の品質にしたい方はガレリアX/ZシリーズにCPUクーラー・CPUグリス・電源を高品質な製品に、静音にこだわる方は付属しているファンを山洋 12cm 静音FANにカスタマイズする方がコスパ良く済ませられるでしょう。

G-Tune(マウスコンピューター)

マウスコンピューターのゲーミングPCブランドがG-Tuneです。ハイエンドPCブランドとして高級感ある筐体デザインが特徴的です。2018年に『MICROシリーズ』と『NEXTGEARシリーズ』のデザインが刷新されています。

サポートは24時間365日、72時間以内で修理対応、長野県飯山市の国内生産になります。工場見学のレポートはこちら。格安モデルも販売されていますが、G-Tuneの評価としてはハイブランドな位置付けでしょう。高級な商品を購入した時のような丁寧な梱包に驚かされます。

G-Tuneの詳細はこちら

用途別のおすすめ

省スペースのゲーミングPC

例えば大学生の一人暮らしの方や家族がいる方で書斎はあるけど狭くて置き場所に困っているという方などには部屋の狭さやテーブルの狭さが悩みの種だと思うので出来るだけ部屋を圧迫しないゲーミングPCがおすすめです。

ガレリア SV

縦置き、横置き両方に対応するスリム型ゲーミングPC

CPUCore i7-9700F
グラフィックGeForce RTX 2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 2TB
性能目安WQHD:重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

省スペースだけどスペックも欲しいという方はドスパラのスリムモデルがおすすめです。縦置きでも横置きでも対応しているので設置場所を選ばないというのがメリットになります。

ミニ・スリムの価格・詳細一覧ページはこちら

こちらから一覧でガレリアのミニ・スリムタイプのゲーミングPCをチェック可能です。

LITTLEGEAR i330SA4-SP

高級感のあるマットな質感が特徴なミニタワー型ゲーミングPC

CPUCore i7-9700
グラフィックGeForce GTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
性能目安フルHD:中~重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

G-TuneのLITTLEGEARの特徴はハンドルが付属している点です。持ち運びに便利なので移動する際のストレスが少なくなります。頻繁に模様替えをしたり省スペース性が欲しい方におすすめです。指紋が付きにくいマットな質感も評価が高い。

ゲーミングノートPCのおすすめ

最新のゲーミングノートPCなら最新ゲームもノートPCで快適にプレイ可能です。価格的にデスクトップPCと比較した場合に高価に見えますが、ディスプレイとキーボードが付いているという大きな特徴を備えています。

ガレリア GCR1660TGF-QC-G

国内最軽量クラスのゲーミングノートPC

CPUCore i7-9750H
グラフィックGeForce GTX1660Ti(6GB)
液晶15.6インチ
重量約1.87Kg
性能目安フルHD:中~重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gはドスパラとインテルが共同設計したゲーミングノートPCです。実際触った感想としては、本体が軽く極薄ベゼルで指紋が付きにくいのが評価ポイントが高いです。

ゲーミングノートPCとして国内最軽量クラスの重量とスリムデザイン。そしてゲーミングノートPC最長クラスの駆動時間(最大10時間)、画面占有率94.5%の極薄ベゼルでリフレッシュレート144Hz対応。

RGB-LEDライトも搭載し次世代無線LAN規格 Wi-Fi 6も実装されています。RTX2070搭載モデルも販売されているので予算や用途に合わせて選択可能です。高品質なゲーミングノートPCが欲しい方に極めておすすめな一台です。

NEXTGEAR-NOTE i5565

ナローベゼル採用のGTX1660Ti搭載15.6インチノートPC

CPUCore i7-9750H
グラフィックGeForce GTX1660Ti(6GB)
液晶15.6インチ
重量 約 2.2kg
性能目安フルHD:中~重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

NEXTGEAR-NOTE i5565シリーズはナローベゼル採用で15.6インチのIPSパネルのGTX1660Tiを搭載したモデルです。高リフレッシュレート搭載ではありませんが、144Hzのゲーミングモニターと接続すればFPSゲームでも快適に使えます。

NEXTGEAR-NOTE i7941

RTX2070搭載のハイスペックノートPC

CPUCore i7-9750H
グラフィックGeForce RTX2070(8GB)
液晶17.3インチ
重量約 2.6kg
性能目安フルHD:重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

NEXTGEAR-NOTE i7941シリーズは17インチではあるものの、ベゼルが薄いので従来の15インチの感覚で扱えて重量も重くないのでおすすめです。

ノートPCの場合にはデスクトップPCより少し性能面で劣るのでノートのRTX2070のパフォーマンスがデスクトップPCのメインストリーム級(RTX2060)の性能より少し上になるので重量級を快適にプレイしたい方におすすめです。

人気ゲーム(フォートナイトなど)を中心にプレイされる方は買い得感の高いGTX1660Ti搭載機がおすすめになります。

低価格・コスパを最重視する方におすすめのゲーミングPC

ガレリアXT

価格.comプロダクトアワード2018の銀賞受賞モデル

CPUCore i7-9700
グラフィックGeForce GTX 1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 1TB
マザーボードB365
性能目安フルHD:中~重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

価格.comのプロダクトアワード2018ではガレリアZZが金賞・大賞を受賞しました。しかし、ハイエンドになるので購入者が限定されてしまう点を考慮すると一般的なコストパフォーマンスの観点で選ぶなら銀賞を受賞したガレリアXTがコスパの高いゲーミングPCと言えるでしょう。

搭載パーツがリニューアルされ、GTX1070に匹敵するパフォーマンスを持つGTX1660Tiがミドル帯で購入できるコストパフォーマンスは高いです。

「価格.comプロダクトアワード」は、ユーザーのレビュー評価をベースに「その年、ユーザーにもっとも支持された(満足度の高い)製品」を選出するという集計方法を採用したアワードです。「売れ筋ランキング」や「評論家(オーソリティ)によるアワード」と異なり、価格に対する性能やユーザー満足度の高い製品が選出されるアワードです。

更に価格の安いモデルをお探しの方はこちら

実況・配信重視の方におすすめのゲーミングPC

ガレリア AXZ

12コア24スレッドでゲーム配信を快適に

CPURyzen 9 3900X
グラフィックGeForce RTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
SSD1TB Gen4 NVMe SSD
HDD2TB
マザーボードX570
性能目安4K:重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

ゲーム実況や配信に特化したゲーミングPCにおすすめなのがCPU性能が高いRyzen 9 3900Xです。RTX2080Tiとの組み合わせとしては単純にゲームに特化であればCore i7-9700Kも合格点ですが、Core i9-9900K(F / S)が最適解になります。(ゲーム単体ではインテルが概ね強い)

Ryzen 9 3900Xの場合には12コア24スレッドですのでゲーム実況・配信に特化して快適さを求める方におすすめになります。CPU使用率が低くなり配信向きです。

ガレリア AXF

Ryzen 7 3700Xの8コア16スレッドが魅力

CPURyzen 7 3700X
グラフィックGeForce RTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
SSD512GB NVMe SSD
HDD2TB
マザーボードX570
性能目安4K:中量級(-)

レビューはこちら価格・詳細はこちら

Ryzen 7 3700XとRTX2070 SUPERを組み合わせたモデルです。8コア16スレッドなのでクリエイティブに強みがあり、ゲームでも極端なフレームレートの差は無いタイトルが多いのでコストパフォーマンスを求める方におすすめになります。

スペック重視の方におすすめのゲーミングPC

最強ゲーミングPCの利用用途

  • 重量級の高画質ゲーミング(4Kゲーミング含む)
  • 本格的なゲーム実況(Core i9-9900K(F) / RTX 2080Ti構成はゲームにも配信にも強い構成)

これらを快適にしたい場合にはスペックを最重視してゲーミングPCを選定すると満足度が高くなるでしょう。RTX2080Tiとの組み合わせのCPUとしてはCore i9-9900K(F / S)が最適解になります。

4K用のおすすめゲーミングPC 4Kゲーミングは今までのゲームのプレイよりより高精細な画面でプレイする事が出来るので、ゲーム体験そのものが体感でアップする事が可能で...

ガレリア ZZ

ガレリアのウルトラハイエンドゲーミングPC

CPUCore i9-9900KS
グラフィックGeForce RTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390
性能目安4K:重量級

レビューはこちら価格・詳細はこちら

RTX2080Tiを搭載したガレリア ZZ i9-9900Kはハイスペックが欲しい方におすすめのモデルです。ワンランク上の性能を望む『Zシリーズの最上位モデルがガレリアZZ』です。

構成内容と価格を考えるとガレリアZZは価格も決して高く無くコスパも良いので最新ハイエンド構成が欲しい方におすすめです。

GeForce RTX 2080Tiのベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2080Tiのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。...

RTX2080Tiのベンチマークはこちらで取得しています。

MASTERPIECE i1640PA2-SP2

G-Tuneのフラグシップモデルのハイエンドフルタワー

CPUCore i9-9900K
グラフィックGeForce RTX 2080 Ti(11GB)
メモリ32GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 3TB
マザーボードZ390
性能目安4K:重量級

価格・詳細はこちら

RTX2080Ti搭載で最新の第9世代CPUのCore i9-9900Kを採用したフルタワーのMASTERPIECEです。

G-TuneのMASTERPEACEはガラスパネルにカスタマイズすると利便性もアップ G-Tuneから販売されているMASTERPIECEですが、執筆時だとPCケースのカスタマイズで【G-Tune】MASTERPIEC...

カッコいいPCケースなのでサイドパネルのカスタマイズが可能な状況なら検討してみてもいいと思います。拡張性で考えたい方はNEXTGEARをおすすめします。

おすすめランキング

スペック的にはCore i9-9900K(F/S)&RTX2080Tiの組み合わせが最もパフォーマンスが高いゲーミングPC環境になりますが、価格もその分高価になります。

なのでその中間層のCore i7-9700 / Core i7-9700KRTX2060 SUPER~RTX2070 SUPERがおすすめのスペックになります。よりスペックを確保しておきたい方はハイエンドもおすすめです。

メモリは16GBあればゲーム用途では大丈夫です。実況・配信も視野に入れているのであれば32GBにカスタマイズも検討してみて下さい。

  • フルHD環境で快適にゲームをプレイする事ができる!(最高設定:60fps)
  • 重量級のゲームでも快適にゲームをプレイする事ができる!(最新の大作PCゲームでもOK)

価格も重視していますが、選定基準の優劣としてはこちらを満たしているかどうかが最も重要になります。フルHD、WQHDを超える解像度だと重量級の場合ハイエンドが選択肢に入ってきます。

1位 ガレリア XF

ガレリアの新定番!RTX2070 SUPER搭載のハイスペックモデル

ガレリア XF
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
マザーボードB365
性能目安4K:中量級(-)

第9世代CPUのCore i7-9700K(8コア8スレッド / 最大4.9GHz)と最新のグラフィックボードのRTX2070 SUPERを搭載したモデルになっています。ガレリアXFはドスパラの人気ランキングの上位をキープしているので構成内容のアップグレードも豪華で、コスパに優れる一台です。

Core i7-9700Kは特にFPSゲームなどで設定を下げて高フレームレートを出す際に有利になります。RTX2070 SUPERは、最新ゲームやDXRやDLSS対応タイトルでのパフォーマンスに期待出来るのでこれからの重量級ゲームに備えるのにおすすめな性能です。

GeForce RTX 2070 SUPERのベンチマーク GeForce RTX 2070 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

2位 NEXTGEAR i690GA4-FG

RTX2070 SUPER搭載のハイスペックモデル

NEXTGEAR i690PA4-SP-FG
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 512B HDD 3TB
マザーZ390
性能目安4K:中量級(-)

第9世代のCore i7-9700KとRTX2070 SUPERを組み合わせたハイスペック構成になります。NEXTGEARを選ぶメリットとしては天板が完全にフラットで、ダストフィルターを備えているのでホコリの侵入をカットできる点や天板前面のインターフェースにHDMI端子が装備されているのがポイントになります。

3位 ガレリアZG

最新!RTX2080 SUPER搭載のハイエンドモデル

ガレリア ZG
OSWindows10
CPUCore i9-9900KF
グラフィックRTX2080 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 512GB HDD 3TB
マザーZ390
性能目安4K:中量級(+)

最新の第9世代CPU Core i9-9900KFを搭載しRTX2080 SUPERを搭載したハイスペック構成です。重量級ゲームでも快適に、競技性の高いゲームでは画質も良く144FPSを出せるゲームは多いです。

RTX2080Tiは高いと感じている方で4K解像度は設定次第で重量級も視野に入るので超高解像度を試してみたいという方にもおすすめです。

【ドスパラ】ガレリアZGの実機レビュー( i7-9700K RTX2080 ) ドスパラさんからガレリアZG(Core i7-9700K / RTX2080 )の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ガレ...

4位 NEXTGEAR i690PA5-SP-FG

RTX2080 SUPER搭載のハイエンドモデル

NEXTGEAR i690PA5-SP-FG
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2080 SUPER(8GB)
メモリ32GB
ストレージM.2 SSD 512B HDD 3TB
マザーZ390
性能目安4K:中量級(+)

第9世代のCore i7-9700KとRTX2080 SUPERを組み合わせたハイスペック構成になります。RTX2080 SUPER搭載なのでRTX2080より上のパフォーマンスになります。

4Kでも設定を落とす事で50fps~60fpsも視野に入るタイトルもあるので個人的には価格を考慮するとRTX2080 SUPERはおすすめです。フルHDで最新ゲームをバリバリプレイしたい方にもおすすめです。

メモリ32GB搭載しているのでゲーム実況の動画作成やマルチタスク時などで活躍してくれるでしょう。

GeForce RTX 2080 SUPERのベンチマーク GeForce RTX 2080 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

5位 ガレリア ZV

最新!RTX2060 SUPERでビデオメモリ8GB搭載が魅力

ガレリア ZV
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
マザーボードZ390
性能目安WQHD:重量級

第9世代のCore i7-9700KとRTX2060 SUPERを組み合わせたモデルです。この構成内容と価格は買い得感が高いです。

フルHD重量級の対応力は十分高く、FF15のベンチマークではWQHD高品質設定で快適評価が出せるパフォーマンスが魅力的です。NVIDIA DLSSやレイトレーシングにも対応しているので最新ゲームを中心にプレイしていきたい方におすすめな一台です。

GeForce RTX 2060 SUPERのベンチマークを20タイトル以上で計測 RTX2060 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 計測し...
【ドスパラ】ガレリア XV 2060Superの実機レビュー( i7-8700 RTX2060 SUPER ) ドスパラさんからガレリア XV 2060Super(Core i7-8700 / RTX2060 SUPER )の実機をお借りしたの...
【G-Tune】NEXTGEAR i690SA2-SPの実機レビュー( i7-9700K RTX2060 SUPER ) マウスコンピューターさんのゲーミングPCブランドG-Tuneから『NEXTGEAR i690SA2-SP』の実機をお借りしたのでレビ...

6位 ガレリアZZ

ガレリアのウルトラハイエンドゲーミングPC

ガレリア ZZ
OSWindows10
CPUCore i9-9900KS
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 500GB HDD 3TB
マザーZ390
性能目安4K:重量級

最新の第9世代トップの性能のCore i9-9900KF、最新のRTX20シリーズでトップの性能のRTX2080Tiを採用したウルトラハイエンドゲーミングPCです。

ゲームに完全に特化しているので4Kゲーミングを価格を考慮しながら狙えます。TITAN RTXというPCゲーム用途としては価格度外視のGPUやその上となると物理的に2枚のRTX2080Tiを用いてのSLIもあるのですが、トップ層としてはRTX2080Tiを価格面や性能面からおすすめします。

7位 ガレリア XT

価格.comプロダクトアワード2018 銀賞受賞

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 1TB
マザーボードB365
性能目安フルHD:中~重量級

前世代のGTX1070に匹敵するゲーム性能を誇るGTX1660Tiを搭載し、CPUには第9世代の8コア8スレッドで最大4.7GHz駆動のCore i7-9700を搭載した最新ミドルのゲーミングPCになります。

GTX1660とRTX2060の性能差が非常に大きいのでその間に位置します。フルHD重量級が視野に入る高いパフォーマンスが欲しいけれど価格は抑えたいという方におすすめのゲーミングPCです。

メモリは16GBだとより多くのPCゲームで快適に動作するのでメモリ16GBで無かったらカスタマイズするのもおすすめです。

GeForce GTX 1660Tiのベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce GTX 1660Tiのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。...
【ドスパラ】ガレリア ZTの実機レビュー( i7-9700K GTX1660Ti ) ドスパラさんからガレリア ZT(Core i7-9700K / GTX1660Ti )の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ...

8位 ガレリア RT5

6コア12スレッドのマルチスレッド性能が魅力的なミドルレンジモデル

ガレリア RT5
OSWindows10
CPURyzen 5 2600
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
マザーAMD B350
性能目安フルHD:中~重量級

Ryzen 5 2600はミドルクラスCPUでありながら6コア12スレッドで最大3.9GHz駆動のミドルCPUです。マルチスレッド性能が魅力的なコスパが際立つCPUになります。

ゲーミングPCにとってハイスペックになればなるほどCPU性能は重要な要素ではありますが、ミドルクラスであれば価格を重視して割り切ってしまうのも手。全体的に買い得感が極めて高い『コスパ重視なゲーミングPCになります。

ガレリア RT5の実機レビュー(Ryzen 5 3600 GTX1660Ti) ドスパラさんからガレリア RT5の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ガレリアRT5の特徴はCPUがRyzen 5 360...

更新:2019/11/15

まとめ

用途を明確にするのが後で後悔の無いゲーミングPCの購入方法です。選べないという方には総合ランキングでおすすめのゲーミングPCを紹介しているのでこだわりが無ければそちらをチェックしてみて下さい。

ゲーム用途の場合はGTX1660Tiを最低ラインとして選んでいくと後悔が無いゲーミングPC選びが出来ると思います。基準値としてはRTX2060がメインストリーム級です。

最新のゲームやこれから発売される大作PCゲームをやりたいのであればRTX2060 SUPER / RTX2070 SUPERだと更に快適にPCゲームを楽しむ事が可能です。バリバリのPCゲーマーの方ならRTX2080 SUPER / RTX2080Tiがおすすめです

CPUはCore i7以上、GPUはGTX1660Ti以上(レイトレーシングの下限はRTX2060)、メモリは16GB以上(ストレスフリーな実況予定なら32GB)というのが現在のゲーミングPCの最適な構成になります。

設定次第で軽くなるのがPCゲームですが、将来的な部分や美麗な画面でゲームをしたい場合、FPSでガチで勝ちに行く場合などスペックはある程度あると安心してPCゲームを楽しむ事が可能です。

【まとめ】ゲーミングPCの選び方 失敗しないゲーミングPCの選び方は人気ランキングをチェックする事です。特にドスパラの人気ランキングをチェックするのがおす...
5分で分かる初心者におすすめのゲーミングPCの選び方 「お、このゲーム面白そうじゃん」 と思ってオンラインゲームを始めようとして、カクカクしたりフリーズしたりして 「できないじゃん」...
情報は執筆時点のものになります。商品の詳細や価格については詳細ページにて必ずご確認下さい。ゲーミングPCは構成内容の変更があるので公式サイトの情報が間違い無いです。
おすすめピックアップ記事