ゲーミングPCレビュー

【2021年4月】ゲーミングPCのおすすめランキング【選び方も徹底解説】

おすすめのゲーミングPC

ゲーミングPCをいざ買おうと思っても色々な製品があり過ぎて「自分に最適なゲーミングPCが選べない」と感じている方に、厳選したおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

2016年~2020年で約150台以上のゲーミングPCの実機を、各メーカーさんからお借りして実機レビューをしました。最新の実機レビュー記事はこちら

ゲーミングPC選びで重要なスペックについての解説もしています。選び方が分からないという方は参考にしてみて下さい。

用途毎におすすめのゲーミングPCやおすすめランキングをすぐにチェックしたい方は下の目次をご活用下さい。

2021/4/3:更新

ゲーミングPCの選び方

ゲームを快適に動作させるにはCPU、グラフィックスボード、メモリ、SSDが最重要です。このパーツがゲームの快適性に大きく関わってきます。特にグラフィックスボードの役割は大きいです。

グラフィックスボード

グラフィックスボード

グラフィックスボードは描画負荷の高いPCゲーム(重いゲーム)でも快適に動かす為に必要な最重要パーツです。グラフィックスボードが無いと快適に動作させる事が困難なゲームが多いです。

GPU3DMARK TimeSpy(GraphicsScore)
RTX3090
18560
RTX3080
17136
RTX3070
13514
RTX3060Ti
11426
RTX3060
8530
RTX2060
7543
GTX1660Ti
6159
GTX1660 SUPER
5977
GTX1660
5370
GTX1650 SUPER
4648
GTX1650
3427

グラフィックスボードの性能は、3DMarkのベンチマークソフトを参考にしてみましょう。

上記リンクからグラフィックスボード別のベンチマークを取得しているのでゲーム性能もチェック可能です。ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。

また、RTX20シリーズ/RTX30シリーズにはレイトレーシングとNVIDIA DLSSという機能が使えます。しかし、レイトレーシングとNVIDIA DLSSを使用するには対応ソフトが必要になります。

「レイトレーシング」は最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。RTX20/RTX30シリーズで本格対応となります。

NVIDIA DLSSはAIの力を利用してフレームレートや画質を向上させるテクノロジーです。

 RTX30シリーズのベンチマーク

パフォーマンス的な観点や、リアルタイムレイトレーシング対応、NVIDIA DLSS対応になるので様々なゲームを快適に動作させたい方は最新のRTX30シリーズがおすすめです。

レイトレーシングやNVIDIA DLSSが必要なく、コスパよく選びたい方はGTX16シリーズがおすすめになります。

GTX1660~GTX1660Tiはビデオメモリが6GB搭載なのでフルHD解像度の重いゲームも楽しめるコスパが魅力です。

 グラフィックスボードの選び方

CPU

CPU

CPUの性能比較

製品名CINEBENCH R20ベンチマーク比較(マルチ)
Ryzen 9 3950X
9105
Ryzen 9 3900X
7153
Core i9-10900K
6271
Ryzen 7 5800X
6020
Core i7-11700K
5550
Core i9-10900X
5530
Core i7-10700K
4954
Ryzen 7 3700X
4734
Core i7-10700
3603
Ryzen 5 3600
3453
Ryzen 5 3500
2573
Core i5-9400F
2389

Core i9 / Ryzen 9は高いパフォーマンスを持っているのでゲーム、動画編集、写真編集、エンコード時間の短縮、CGレンダリングに強いCPUです。

ゲーム用途のCPU選びは、Core i7 / Ryzen 7を選択するのがおすすめです。ゲームで高FPSを出したいという場合にはCore i7とCore i5だとフレームレートの伸びが違うゲームが多いです。

特にFPSやTPSゲームではCPUの性能が高いとフレームレートが出る事が多いので、Core i7やRyzen 7搭載モデル以上がおすすめです。

 FPS・TPSにおすすめのゲーミングPC

Core i5 / Ryzen 5はフルHD解像度/60fpsでゲームをプレイしたい方におすすめです。

 さらに詳しく

メモリ

メモリ

メモリの容量が不足するとゲームが落ちてしまう場合やカクついたりする場合があります。メモリは16GB以上がおすすめです。

 さらに詳しく

SSD・HDD

SSD/HDD

ゲームのインストール先としてはSSDが推奨です。ゲームのカクつきやロード時間短縮の効果があります。

 さらに詳しく

CPUファン・CPUグリス

CPUファン/CPUクーラー

冷却能力を高める事でパフォーマンスの安定化に繋がるメリットや冷却面の向上の効果が見込めます。長寿命化のメリットもあります。ショップでおすすめされているCPUファンとCPUグリスのカスタマイズもおすすめです。

 さらに詳しく

電源

電源

グラボ交換等を視野に入れている場合には電源容量のカスタマイズもおすすめです。予定が無い方は標準構成がお得です。

 さらに詳しく

PCケース

マザーボードとPCケースは直結しています。これには理由があり、どちらもファームファクターが設定されているからです。ファームファクターは「ATX」「MIcroATX」「Mini-ITX」があります。

ATXMIcroATXMini-ITX
ミドルタワーミニタワースリムPC
NEXTGEARNEXTGEAR-MICROKTCスリムケース
ミドルタワーミニタワースリム
高い ←拡張性→ 低い

製品の仕様に『ミドルタワー / ATX』『ミニタワー / MicroATX』などと表記されています。

ATXはサイズが大きくなりますが、大型のグラフィックスボードを搭載したい場合や、シャドウベイの数などの拡張性はATXケースが有利です。

おすすめスペックまとめ

パーツおすすめスペック
CPUCore i5 / Ryzen 5
性能の低いグラフィックスボードとなら
Core i7 / Ryzen 7
高性能なグラフィックスボードを選択するなら
Core i9 / Ryzen 9
ハイエンドグラフィックスボードを選択するなら
グラフィックGTX1660~GTX1660Ti
コスパ重視の方におすすめ
RTX3060~
快適さを求めるなら【レイトレーシング対応】
RTX3080~RTX3090
4K解像度でゲームをプレイしたい方におすすめ
メモリ16GB以上
SSD最新ゲームなら500GB以上がおすすめ
PCケースミドルタワー or ミニタワー

ゲーミングPC選びで重要なスペックについては以上の表の通りになります。こちらのスペックを参考にしてみて下さい。

ゲーミングPCのおすすめメーカー

ガレリア(ドスパラ)

ガレリア

ガレリアはドスパラのゲーミングPCブランドで豊富なラインアップから自分に最適な構成の1台を見つけやすいのが特徴的です。

拡張性が高く自分で後からカスタマイズしたいという方にも適している印象です。価格のコスパが良く、配送が速いのもドスパラの大きなメリットです。

2020年に新筐体が発表され、7年ぶりにケースデザインがリニューアルされました。

ガレリアの新筐体SKケースはLEDで光り ゲーマーの「相棒-sidekick-」を目指す 『BREAK THE NOMAL』をコンセプトにガレリアが新ケースにリニューアル。GALLERIA新筐体&新プロジェクト記者発表会で...

詳細はこちら 公式はこちら

G-Tune(マウスコンピューター)

G-Tune

マウスコンピューターのゲーミングPCブランドがG-Tuneです。ハイエンドPCブランドとして高級感ある筐体デザインが特徴的です。

ゲーマーの意見を採用し、使いやすさを追求した筐体となっています。筐体は高品質でメンテナンス性も高いです。

セールで大幅値下げモデルを展開しているのでセール開催時は要チェックです。翌営業日出荷サービスを展開しており、配送も早いメーカーです。

詳細はこちら 公式はこちら

どれがオススメ?ゲーミングPCが買えるBTOショップを徹底比較 パソコンを安く買う場合にお得な購入方法がBTOショップでパソコンを購入するという方法になります。 商品の価格という部分で注目すると...

用途別のおすすめ

省スペースのゲーミングPC

ゲーミングの置き場所に困っているという方には出来るだけ部屋を圧迫しないゲーミングPCもおすすめです。

コンパクトな筐体でデスクトップPCのCPUやGPUが搭載している点がメリットです。デメリットは拡張性が低い点です。

G-Tuneミニタワー
G-Tune PL-B
LITTLEGEARCPUCore i5-10400
グラフィックGTX 1650(4GB)
メモリ8GB
ストレージ256GB NVMe SSD
ケースミニタワー
価格9万円台~(税込)

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-TuneのLITTLEGEARの特徴はハンドルが付属している点です。持ち運びに便利なので移動する際に楽です。頻繁に模様替えをされる方や、省スペース性が欲しい方におすすめです。マットな質感もかっこいい。

コスパ重視の方におすすめのゲーミングPC

ガレリアミニタワー
ガレリア RM5R-G60S
ガレリアSKMケースCPURyzen 5 3500X
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー
価格9万円台~(税込)

レビューはこちら公式サイトはこちら

GTX1660 SUPERを搭載したコスパ重視のゲーミングPC。CPUはRyzen 5搭載。フルHD解像度でゲームをコスパ良くプレイしたい方におすすめです。

ミニタワー型なので筐体サイズがコンパクトな点や、斜めのコンソールパネル採用で使いやすいゲーミングPCです。

G-Tuneミニタワー
G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー
価格13万円台~(税込)

公式サイトはこちら

Core i7-10700搭載しているので高fps出してもCPU使用率が低く、FPS/TPSゲームも快適です。HDDも付いているのでお得です。

メンテナンス性が高く筐体の質感も高いスタイリッシュなゲーミングPC

更に安いモデルはこちら

スペック重視の方におすすめのゲーミングPC

ガレリアSK-Premiumケース
ガレリア UA9C-R39
ガレリアミドルタワーCPUCore i9-11900K
グラフィックRTX 3090(24GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミドルタワー
価格46万円台~(税込)

公式サイトはこちら

ドスパラのUシリーズは至高にして究極を目指すラインアップ。ケースがSK-Premium(プレミアム)となっており、外装金属部分に高品質ヘアライン加工を施したアルミ製パーツを纏った高級感のあるデザインが特徴のゲーミングPCです。

4K解像度の重量級ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。トップレベルのCPU&グラフィックス性能を持っています。

「ガレリア UA9C-R38」の実機レビュー RTX3080搭載

G-Tuneフルタワーケース
G-Tune XP-Z
G-TuneフルタワーケースCPUCore i9-10900K
グラフィックRTX 3090(24GB)
メモリ64GB
ストレージ2TB NVMe SSD
4TB HDD
ケースフルタワー
価格49万円台~(税込)

公式サイトはこちら

G-Tuneのフラッグシップモデルはダーククロム強化ガラスとアクセントのヘアライン処理アルミパネルが特徴的な高品質モデル。

最新重量級ゲーム、高解像度のゲームプレイ、動画編集、実況配信などの重いゲームや重い作業にも最高クラスの快適性を持ったゲーミングPCです。

「G-Tune EP-Z」の実機レビュー RTX3080搭載

Fractal Design Define7
PremiumLine
PremiumLineCPU【標準CPU】Intel Core i7-11700K
【標準CPU】Ryzen 7 3700X
グラフィックRTX 3070(最大RTX3090)
メモリ16GB(最大64GB)
ケースミドルタワー
価格27万円台~(税込)

公式サイトはこちら

サイコムのPremiumLineはスウェーデンのFractal Design製PCケースを採用し、妥協なき部材の選定を行った高品質のモデルです。カラーはホワイトとブラックの2色から選ぶ事が出来ます。

カスタマイズも豊富です。スペック重視の方、高級モデルを探している方、大人向けのデザインを探している方にもおすすめです。

サイコムの詳細&Fractal Design Define7について

ゲーミングPCおすすめランキング(デスクトップPC)

ゲーミングPCおすすめランキング

スペック的にはRTX3090が最もパフォーマンスが高いゲーミングPC環境になりますが、価格もその分高価になります。

様々なゲームタイトルを快適に動作させるという観点からはRTX3060以上がおすすめです。

  1. フルHD環境で快適にゲームをプレイする事ができる!(高画質設定:60fps+)
  2. 重量級のゲームでも快適にゲームをプレイする事ができる!(最新の大作PCゲームでもOK)

選定基準としてはフルHD解像度で、最新の重量級ゲームやFPS/TPSゲームで快適にゲームがプレイできる点を重視しています。

フルHD、WQHDを超える解像度だと重量級の場合ハイエンドが選択肢に入ってきます。

筐体の使いやすさ、メーカーのサポート、そして価格やコストパフォーマンスも重視しつつ総合的にランキングの要素として取り入れています。

1位 ガレリア XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-11700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー
価格19万円台~(税込)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-R37」は最新高性能グラフィックスRTX3070搭載。144fpsや240fpsなどの高fpsを出したい方、コストを抑えて高解像度の重量級ゲームのプレイにもおすすめです。

ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

2位 G-Tune XM-B-AF

G-Tune XM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー
価格19万円台~(税込)

公式サイトはこちら

重いゲームの対応力が上がるビデオメモリ8GBのRTX3070を搭載し、CPUにはCore i7-10700搭載でゲームを快適に行えるモデルです。

RTX20シリーズの最上位RTX2080Tiに匹敵するパフォーマンスを持ったRTX3070は性能を重視したい方におすすめです。

ゲーマーの意見を採用した斜めのコンソール部分が使いやすく、筐体サイズがコンパクト。スタイリッシュなデザイン性の高さや、メンテナンス性の高さがおすすめポイントです。

「G-Tune XM-Z」の実機レビュー RTX3070搭載

3位 G-Tune HN-Z-J

G-Tune HN-Z-J(JeSU公認PC)
G-TuneミドルタワーCPUCore i7-11700K
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー
価格24万円台~(税込)

公式サイトはこちら

日本eスポーツ連合(JeSU)公認の第11世代インテルCoreプロセッサー搭載ゲーミングPC。

G-Tune HN-Z-Jは、天板が完全にフラットでダストフィルターを備えている点がメリットです。ホコリの侵入をカットできる点や、拡張性や筐体の質感が高い点がおすすめポイント。

「G-Tune XN-Z」の実機レビュー RTX3080搭載

4位 ガレリア XA7C-R36

ガレリア XA7C-R36
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-11700
グラフィックRTX3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー
価格16万円台~(税込)

公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-R36T」は最新グラフィックスRTX3060搭載モデル。

RTX3060はRTX20シリーズのRTX2060 SUPERと同等クラス、もしくはやや上のパフォーマンスを持ったグラフィックスカードです。最新重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

5位 G-Tune HM-A

G-Tune HM-A
G-TuneミニタワーCPURyzen 7 3700X
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー
価格15万円台~(税込)

公式サイトはこちら

第3世代AMD Ryzenプロセッサー搭載。RTX3060搭載機としてコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

RTX3060搭載なので、最新ゲームやFPS/TPSゲームで144fps出したいゲーマーにもおすすめの性能です。

6位 LEVEL-R059-117-RBX

LEVEL-R059-117-RBX
パソコン工房ミドルタワーCPUCore i7-11700
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー
価格16万円台~(税込)

公式サイトはこちら

ミドルタワー型の拡張性の高いケースを採用したCore i7-10700×RTX3060搭載モデルです。

パソコン工房のミドルタワーはコンソールパネルが前面上部にあり使いやすいのが特徴です。レッドのアクセントカラーや背面塗装もされており、質感も高いモデルとなっています。

7位 ガレリア ZA9C-R38

ガレリア ZA9C-R38
ガレリアミドルタワーCPUCore i9-11900K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー
価格29万円台~(税込)

公式サイトはこちら

ハイエンドで人気のガレリアのZシリーズ。RTX3080搭載機としてコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

RTX3080は圧倒的高パフォーマンスのハイエンドグラフィックスです。重量級ゲームも4K解像度や高画質設定で楽しめるハイエンドモデル

8位 G-Tune EP-Z

G-Tune EP-Z
G-TuneフルタワーCPUCore i9-10900K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
4TB HDD
ケースフルタワー
価格30万円台~(税込)

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新のRTX3080を搭載したハイエンドゲーミングPCです。4K解像度の重量級ゲームも快適な性能を持っています。

4K解像度の他にも240fpsなどの高fpsを出したいFPSゲーマーの方、本格的な実況・配信を行いたい方にもおすすめです。

9位 G-Tune PM-B-AF

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー
価格13万円台~(税込)

レビューはこちら公式サイトはこちら

GTX1660 SUPER搭載の「G-Tune PM-B-AF」。CPUは高い性能のCore i7搭載、グラフィックスにGTX1660 SUPER搭載のコスパモデル。

人気FPS/TPSゲームも設定を下げれば3桁fpsを出せるのでおすすめです。

レイトレーシングは必要なく、フルHD重量級が視野に入る高いパフォーマンスが欲しいけれど価格は抑えたいという方におすすめのゲーミングPCです。

10位 ガレリア RM5R-G60S

ガレリア RM5R-G60S
ガレリアミニタワーCPURyzen 5 3500X
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー
価格9万円台~(税込)

レビューはこちら公式サイトはこちら

リーズナブルな価格で気軽にゲームをはじめたいという方に「ガレリア RM5C-G60S」はおすすめです。

GTX1660 SUPER搭載で人気ゲームも楽しめる高コスパが魅力。全体的に買い得感が高い『コスパ重視なゲーミングPC』です。

まとめ

おすすめのゲーミングPCを用途毎や人気ランキング形式でご紹介しました。どれも品質や評価の高いゲーミングPCです。

ゲーム用途の場合GTX1660 SUPER(ビデオメモリ6GB)以上を選んでいくのがおすすめです。様々なフルHD重量級ゲームを快適にプレイするにはRTX3060以上がおすすめです。

CPUはCore i7 / Ryzen 7以上、GPUはGTX1660 SUPER以上(レイトレーシングの下限はRTXシリーズのグラフィックスカードが必要)、メモリは16GB以上(ストレスフリーな実況予定なら32GB)、ストレージの容量はSSD 500GB以上というのが現在のゲーミングPCの最適な構成になります。

設定次第で軽くなるのがPCゲームですが、将来的な部分や美麗な画面でゲームをしたい場合、FPSで勝ちに行く場合などスペックはある程度あると安心してPCゲームを楽しむ事が可能です。

予算や利用用途に応じて最適な一台をゲットしましょう。

【2021年4月】ゲーミングノートPCのおすすめランキングゲーミングノートPCのおすすめをランキング別にコスパ重視で厳選して紹介しています。...
ゲームタイトル別推奨スペック早見表 このページでは、ゲーミングPCを購入する時に自分がプレイしたいタイトルのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成し...
情報は執筆時点のものになります。商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。ゲーミングPCは構成内容の変更があるので公式サイトの情報が間違い無いです。
おすすめピックアップ記事