ゲーム推奨スペック

『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

オープンワールドアクションアドベンチャー『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の必要スペックと推奨スペック、グラボ別fpsの検証、そしておすすめのゲーミングPCの情報についてまとめています。

おすすめのゲーミングPCをすぐにチェックしたい方は下の目次をご活用下さい。

「サイバーパンク2077」の特徴

  • 大人のためのオープンワールドRPG
  • 作り込まれたサイバーパンクな世界観が魅力
  • 無制限フレームレート
  • 4K / HDR対応
  • ウルトラワイドディスプレイ対応
  • レイトレーシング対応
  • NVIDIA DLSS対応
  • FidelityFX Super Resolution(FSR)対応

サイバーパンク2077は架空の2077年の巨大都市ナイトシティが舞台で、どこに行くのも自由なオープンワールドが採用されています。

近未来世界を描いた圧倒的に作り込まれたサイバーパンクな世界観が魅力です。

フレームレートのアンロックや4K解像度かつHDR対応、21:9のウルトラワイドワイドにも対応しているタイトルです。

「レイトレーシング」対応

最先端のリアルなグラフィックスを実現する「レイトレーシング」にも対応し、画質を損なわずフレーム レートを向上するAIレンダリング技術「NVIDIA DLSS」にも対応しています。

家庭用ゲーム機のスペック

PS5 / Xbox Series X
機能レイトレーシングパフォーマンス
FPS30fps60FPS
解像度4K

サイバーパンクの新世代機のパフォーマンス概要になります。PS5やXbox Series Xでもレイトレーシングに対応しています。

画質も良く60fps動作の滑らかさを求める方はPC版がおすすめです。

必要スペックと推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境ウルトラ
解像度1080p2160p
画質ウルトラ
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i5-3570K
AMD FX-8310
Core i7-4790
AMD Ryzen 3200G
Core i7-6700
AMD Ryzen 5 3600
GPUGTX 780
Radeon RX 470
GTX 1660 SUPER
GTX 1060
Radeon RX 590
RTX 3070
RTX 2080 SUPER
メモリ8GB12GB16GB
ストレージ70GB(SSD推奨)70GB SSD

参考情報:Steamストアページ| NVIDIA公式サイト

サイバーパンク2077の必要スペックと推奨スペックを見ていきましょう。

必要スペックでは快適にプレイ出来ない事が多いので、推奨動作環境以上の性能がおすすめです。

推奨グラフィックスに「GeForce GTX 1660 Super」「AMD Raden RX 590」が追加されています。

4K解像度でプレイしたい方はRTX 3070以上が推奨スペックとなっています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

レイトレーシングの推奨スペック

 RT 最低RT 最高RT ウルトラ
解像度1080p1440p2160p
画質RT 中RT ウルトラ
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i7-4790
Ryzen 3 3200G
Core i7-6700
Ryzen 5 3600
GPURTX 2060RTX 3070RTX 3080
メモリ16GB
ストレージ70GB(SSD推奨)

「レイトレーシング」は光の物理的挙動をシミュレートして最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。

レイトレーシングを本格的に体験したい方はRTXグラフィックスボード搭載のゲーミングPCが必要です。

グラフィックスは『リアルタイムレイトレーシング対応』『NVIDIA DLSS対応』『NVIDIA Reflex対応』になるので、様々なゲームを快適に動作させたい方は最新のRTX30シリーズがおすすめです。

NVIDIA DLSSの推奨設定

解像度DLSS設定
4Kパフォーマンス
WQHDバランス
フルHDクオリティ

NVIDIA DLSSには設定が複数あります。解像度別の推奨設定を調査しました。

NVIDIA DLSSを「自動」に設定した際のフレームレームレートと、任意でそれぞれ設定した際のフレームレートが同じになる設定が以上になります。

4K解像度では「パフォーマンス」、WQHD解像度では「バランス」、フルHD解像度では「クオリティ」が自動的に設定されます

他のレイトレーシング対応タイトルでも同様の設定が推奨されている事が多いです。

以下のレイトレーシングのベンチマーク計測では解像度別に上記の「NVIDIA DLSS」設定になっています。

「サイバーパンク2077」ベンチマーク

「サイバーパンク2077」ベンチマーク

サイバーパンク2077のベンチマークを実行して各解像度でどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。60fpsだと実際にゲームをプレイした際に滑らかに動きます。

では早速見ていきましょう。

フルHD

GPUフルHD(1920×1080)ウルトラ
RTX 3090 Ti
147
108
RTX 3090
128
94
RTX 3080 Ti
131
97
RTX 3080
118
88
RTX 3070 Ti
103
77
RTX 3070
95
71
RTX 3060 Ti
81
61
RTX 3060
66
51
RTX 3050
47
37
GTX 1660 SUPER
43
GTX 1650 SUPER
19

ウルトラ レイトレーシング:ウルトラ

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。当サイトのテスト機を使用:Core i9-12900K | メモリ:32GB | SSD 1TB

画質に関してはプリセット最高画質設定の「ウルトラ」「レイトレーシング:ウルトラ」の2つで計測しています。

RTX 30シリーズは第2世代RTコアを搭載しているので、レイトレーシングの性能を最大限引き出せる特徴があります。

  • フルHDレイトレ最高画質なら「RTX 3060」以上がおすすめです。

「GTX 1660~GTX 1660 Ti」で「サイバーパンク2077」のレイトレーシングを有効にする事は可能ですが、”RTコアを持っていない”ので、レイトレーシングのパフォーマンスに期待する事が出来ません。

NVIDIA DLSSを有効にするにはRTX30/RTX20シリーズが必須です。

WQHD

GPUWQHD(2560×1440)ウルトラ
RTX 3090 Ti
101
91
RTX 3090
87
77
RTX 3080 Ti
87
79
RTX 3080
79
72
RTX 3070 Ti
67
62
RTX 3070
62
57
RTX 3060 Ti
52
49
RTX 3060
41
40
RTX 3050
28
28
GTX 1660 SUPER
25
GTX 1650 SUPER
10

ウルトラ レイトレーシング:ウルトラ

WQHD解像度は4K解像度より重くないのでWQHD解像度モニターを使っているという方も多いかもしれません。

WQHD解像度なら導入コストが下がるのでPCスペックが緩やかになるコスト面のメリットがあります。

  • WQHDレイトレ最高画質なら「RTX 3070」以上がおすすめです。
サイバーパンク2077ウルトラワイド

「サイバーパンク2077」はウルトラワイドモニターにも対応しています。ウルトラワイドモニターは上記の画像のように横長の画面になるので、臨場感や没入感の高さが特徴的です。

「2560×1080」はフルHDよりワンランク上、WQHDよりワンランク下のスペック選びがおすすめです。

「3440×1440」解像度はWQHDよりワンランク上、4K解像度よりワンランク下のスペック選びがおすすめです。

ウルトラワイドモニターにおすすめのゲーミングPC ゲーム用のパソコン(ゲーミングPC)を買いたいけど、普通の人とは違う視点で考えていきたいという方におすすめなのがウルトラワイドです。...

4K

GPU4K(3840×2160)ウルトラ
RTX 3090 Ti
52
64
RTX 3090
44
54
RTX 3080 Ti
44
54
RTX 3080
40
50
RTX 3070 Ti
32
39
RTX 3070
30
38
RTX 3060Ti
25
31
RTX 3060
18
25
RTX3050
12
15
GTX 1660 SUPER
11
GTX 1650 SUPER
1

ウルトラ レイトレーシング:ウルトラ

高解像度で快適に動作させたい場合には高性能なゲーミングPCが必要です。推奨では「RTX 3080」が指定されています。

  • 4Kレイトレ最高画質なら「RTX 3080」以上がおすすめです。

「サイバーパンク2077」におすすめのゲーミングPC

「サイバーパンク2077」におすすめのゲーミングPC

「サイバーパンク2077」が快適に楽しめるおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

「サイバーパンク2077」ではレイトレーシングやNVIDIA DLSSに対応しているのでRTX 30シリーズがおすすめです。

コスパ良く楽しみたい方におすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-R36
CPUCore i5-12400
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-R36」は、筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。「サイバーパンク2077」をレイトレ含めてコスパ良く快適に楽しみたい方におすすめです。

レイトレーシングにおすすめのゲーミングPC

G-Tuneミニタワー

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC
CPUCore i7-12700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」は最新グラフィックスRTX 3060Ti搭載モデルです。RTX 3060Tiは重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

「サイバーパンク2077」でレイトレ最高画質60fpsで快適に使いたい方におすすめです。

【限定】はじめてゲームPCおすすめモデルがマウスコンピューターで販売中! 限定おすすめモデルのページをご覧頂きありがとうございます! マウスコンピューターさんより当サイト限定のおすすめモデルが販売中です。...

限定モデルの詳細な情報はこちらでまとめています。

WQHD解像度にもおすすめの「RTX 3070」搭載

GALLERIAミドルタワー

GALLERIA XA7C-R37
CPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX 3070を搭載したモデルです。本格的にゲームを楽しめる高性能モデルです。

「サイバーパンク2077」でWQHD&レイトレ最高画質60fpsで快適に使いたい方におすすめです。

4K解像度にもおすすめの「RTX 3080」搭載

GALLERIA XA7C-R38
CPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R38」は、ハイエンドグラフィックス「GeForce RTX 3080」を搭載したハイエンドモデルです。「RTX 3080」搭載でパフォーマンスが極めて高いのでおすすめです。

4K解像度でゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

まとめ

  • フルHD&レイトレ最高:「RTX 3060」~
  • WQHD&レイトレ最高:「RTX 3070」~
  • 4K&レイトレ最高:「RTX 3080」~

「サイバーパンク2077」をフルHDで快適に遊びたい方は「RTX 3060~RTX 3060 Ti」がおすすめです。

WQHD解像度でレイトレ含めて快適にプレイしたい方は「RTX 3070」以上がおすすめになります。

4K解像度のレイトレ最高設定は重いので、コストパフォーマンス重視でも「RTX 3080~RTX 3080 Ti」がおすすめです。

こちらの記事で「おすすめのゲーミングPC」「おすすめのゲーミングノートPC」も紹介しているので、合わせてゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。

おすすめピックアップ記事