MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

【PC】ウィッチャー3の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
ウィッチャー3の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

ウィッチャー3はオフラインゲームで、三部作の最終章となるオープンワールドRPGです。

ボリュームのある飽きないメインストーリーは、クリアするだけで50時間以上あり、サブストーリーも膨大な数があります。

それらを普通にこなすだけでも50時間以上、高難易度で挑めば倍以上の時間がかかります。

それだけではなく、各地に眠る財宝や最強装備やアイテムを求めたりすればさらなるボリュームになるでしょう。

そんな大作オープンワールドRPG『ウィッチャー3』の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCについてまとめています。

また、実機を用いてグラフィックスボード別のフレームレートも計測しているのでゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。

目次

CS版とPC版の違い

CS版とPC版の違い

PS4やXboxとPC版の違いは下着が着用されているかいないかの違いがあります。

PS4版をプレイした限りだと、ストーリー上の主要なキャラクターはもちろん一般的な住民に至るまで、女性キャラクターに下着が着用しているという点が大きいでしょう。

PC版とCS版の違いとしてはCS版は処理落ち(フレームレートが低い)とかあるのですが、規制という部分で下着着用が一番大きな要素だと思います。

ウィッチャー3というゲームはかなり性表現という部分では突っ込んだ作品だと言えるので、PC版だと規制無しで本来のウィッチャー3は”こういう表現がしたかったんだな”という製作者の意図が一番伝わりやすい表現で作品と向き合う事が出来ると思います。

また、MODに関してもPC版では扱えます。『ウィッチャー3 ワイルドハント用MODエディター』も開発中で、2024年にPC版『ウィッチャー3 ワイルドハント』を持っている方なら、誰でも無料で利用可能とされています。

新世代機向けアップデートについて

新世代機向けアップデートについて

「ウィッチャー3」の新世代機向けアップデートが無料で2022年12月14日に配信開始されました。

以下ではPC版の特徴的なアップデート内容についてまとめています。

  • レイトレーシングが追加(グローバルイルミネーション/レイトレース反射/レイトレースシャドウ/アンビエントオクルージョン)
  • 開発チーム製のModに加えコミュニティ作成の人気Modも収録
  • ゲラルト、イェネファー、トリス、シリ、エレディンなどのキャラクターのテクスチャーを4Kにアップスケール
  • PC版のグラフィック設定に、ゲームのビジュアル再現度を大幅に向上させる「最高+」が追加
  • DLSS 3サポート
  • AMD FidelityFX Super Resolution (FSR) 2.1が追加

ウィッチャー3の推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 (64ビット)
Windows 8(8.1) (64ビット)
Windows 10 (64ビット)
Windows 11 (64ビット)
CPUIntel Core i5-2500K (3.3GHz)
AMD A10-5800K APU (3.8GHz)
Intel Core i5-7400
AMD Ryzen 5 1600
GPUNVIDIA GeForce GTX 660
AMD GPU Radeon HD 7870
NVIDIA GeForce GTX 1070
AMD Radeon RX 480
メモリ6GB8GB
ストレージ50GB50GB
注意事項2024年1月1日(PT)以降、SteamクライアントはWindows 10以降のバージョンのみをサポートします。
ウィッチャー3の必要/推奨スペック

参考情報:The Witcher3: Wild Hunt(Steamストアページ)

最低でもGTX 660が必要という事なのでミドルスペックのゲーミングPCが無いと厳しいです。

GTX 660で動かしてもフルHDなら設定を下げてFPSでいうと30~40前後なので快適とまではいきません。

推奨ではGTX 1070を指定していますが、最高設定で快適にという所を目指すとハイスペックなゲームPCが必要になります。

ゲーミングPCで重要なCPUとメモリとストレージの選び方については以下でまとめています。

ウィッチャー3の画質比較

レイトレ最高画質最高画質
レイトレ最高画質
最高画質

画質は最高+が反映された新しいグラフィックス機能でレイトレーシング最高画質と通常の最高画質で比較しています。

  • RTXグローバルイルミネーション:没入感のあるライティング
  • レイトレースアンビエントオクルージョン:光を遮蔽するオブジェクトの陰影が改善
  • レイトレースシャドウ:影の鮮明度や忠実度、視認性の向上
  • レイトレース反射:水面などの反射における精度と品質の向上

レイトレーシングを有効にする事で以上のグラフィックス品質が向上します。

ウィッチャー3のグラボ別fps

ウィッチャー3でどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。では早速見ていきましょう。

スクロールできます
ウィッチャー3
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090202 FPS220 FPS219 FPS
RTX 4080162 FPS218 FPS217 FPS
RTX 4070Ti112 FPS166 FPS208 FPS
RTX 4070101 FPS149 FPS198 FPS
RTX 4060 Ti66 FPS113 FPS166 FPS
RTX 3060 Ti70 FPS95 FPS96 FPS
RTX 406055 FPS95 FPS141 FPS
RTX 306054 FPS75 FPS85 FPS
RTX 305037 FPS52 FPS61 FPS
GTX 1660 S18 FPS55 FPS59 FPS
GTX 1650 S3 FPS28 FPS53 FPS

計測場所:「大祭司広場」| 最高画質設定&DLSS品質:自動 / FSR2品質:自動 | CPU:Core i9-12900K、メモリ:32GB。RTX 40シリーズはフレーム生成を有効。NVIDIA DLSS / FSRオン。

ウィッチャー3の『大祭司広場』にて特定のコースで周回した時のフレームレートになります。

RTXグラフィックスはDLSSを有効にして計測しています。GTX 16シリーズはDLSSを有効に出来ないのでFSRを有効にしています。RTX 40シリーズはフレーム生成(DLSS 3)を有効にしています。

DLSSもFSRも超解像度技術です。フレームレートを向上する機能なので、有効にするのがおすすめです。

ゲーミングPCのグラフィックスボードの選び方

DLSSやFSRについてはこちらの記事で書いているので参考にしてみて下さい。

おすすめグラフィックス
  • フルHD解像度:RTX 3050以上がおすすめ
  • WQHD解像度:RTX 3060以上がおすすめ
  • 4K解像度:RTX 3060 Ti以上がおすすめ

ウィッチャー3におすすめのグラフィックス性能はこちらになります。

レイトレーシングのグラボ別fps

スクロールできます
ウィッチャー3
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090114 FPS113 FPS115 FPS
RTX 408095 FPS112 FPS115 FPS
RTX 4070Ti80 FPS105 FPS115 FPS
RTX 407066 FPS87 FPS113 FPS
RTX 4060 Ti19 FPS58 FPS93 FPS
RTX 406017 FPS44 FPS69 FPS
RTX 3060 Ti17 FPS28 FPS38 FPS
RTX 306018 FPS23 FPS32 FPS
RTX 30508 FPS15 FPS26 FPS

計測場所:「大祭司広場」| 最高画質設定(RTウルトラ) | CPU:Core i9-12900K、メモリ:32GB。レイトレーシング&NVIDIA DLSS:自動オン

レイトレーシングプリセット最高画質で計測しています。レイトレーシングにDLSSを入れてもかなり重いです。

設定は細かく調整可能なので画質設定を調整するか、RTX 40シリーズで利用出来るNVIDIA DLSS 3(フレーム生成)を有効にしてプレイするのがおすすめになります。

NVIDIA DLSS 3(フレーム生成)を有効にすると重さがかなり低減されて快適にプレイ可能です。

4K解像度に関してはビデオメモリの関係で8GBを超えてくるので、ビデオメモリ容量の多いRTX 4070以上のグラフィックスがおすすめです。

おすすめグラフィックス
  • フルHD解像度:RTX 4060以上がおすすめ
  • WQHD解像度:RTX 4070以上がおすすめ
  • 4K解像度:RTX 4070以上がおすすめ

ウィッチャー3のレイトレーシングにおすすめのグラフィックス性能はこちらになります。

おすすめのゲーミングPC

ウィッチャー3におすすめのゲーミングPC

ウィッチャー3におすすめのゲーミングPCを紹介します。

G-Tune DG-I7G6T

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
強化ガラスサイドパネル

「G-Tune DG-I7G6T」は、当サイト限定モデルでお得な価格が魅力です。インテル第13世代CPU「Core i7-13700F」&高性能グラフィックス「RTX 4060 Ti」搭載。

ゲームから動画編集や実況配信までマルチに対応可能な高性能ゲーミングPCです。

G-Tune DG-I7G70

スペック
CPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 4070(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
強化ガラスサイドパネル

「G-Tune DG-I7G70」は、CPUに「Core i7-13700F」を搭載し、ゲームで重要なグラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce RTX 4070」を搭載。当サイト限定モデルでお得な価格になっています。

WQHD解像度の重量級ゲームも快適に楽しめる性能で、タイトルによっては4K解像度でゲームも楽しめます。

「G-Tune DG-I7G70」はマウスコンピュータースタッフもおすすめする超目玉パソコンです。

GALLERIA RA7C-R47T

スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 Ti(12GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA RA7C-R47T」は、CPUに性能重視モデル「Core i7-14700F」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070Ti」を採用。

FPS / TPSゲームを高fpsで楽しみたい方や、DLSS活用の4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R47T(RTX4070Ti搭載)の実機レビューはこちら

GALLERIA ZA7C-R48

ガレリアミドルタワー
スペック
CPUCore i7-14700KF
グラフィックRTX 4080(16GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA ZA7C-R48」は、CPUに「Core i7-14700KF」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4080」を採用。

4K解像度のゲームプレイ、4K動画編集、実況配信などの重いゲームや重い作業も快適な強力なパフォーマンスを発揮するゲーミングデスクトップパソコンです。

GALLERIA ZA9C-R48の実機レビュー RTX 4080搭載

GALLERIA ZA9C-R49

ガレリアミドルタワー
スペック
CPUCore i9-14900KF
グラフィックRTX 4090(24GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA ZA9C-R49」は、インテル第14世代の最上位クラス「Core i9-14900KF」&最新のハイエンドグラフィクス「RTX 4090」搭載。4K解像度の重量級ゲームも快適に楽しめる性能を持っています。

あわせて読みたい
『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC オープンワールドアクションアドベンチャー『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の必要スペックと推奨スペック、グラボ別fpsの検証、そしておすすめのゲーミングPC...
あわせて読みたい
エルデンリングの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 「エルデンリング(ELDEN RING)」はダークファンタジーの世界を舞台にしたアクションRPGです。 広大なフィールドとダンジョンがシームレスに繋がるオープンフィールド...
目次