PCゲームの推奨スペックから選ぶ

【PC】ウィッチャー3を快適に遊ぶ為のおすすめPCスペック

ホワイト・オーチャード_1_R

ウィッチャー3はオフラインゲームで、三部作の最終章となるオープンワールドRPGです。

非常に濃くボリュームのある飽きないメインストーリーはクリアするだけで50時間以上で、難易度を上げれば100時間以上かかるかと思います。

サブストーリーも膨大な数があり、それらを普通にこなすだけでも50時間以上、高難易度で挑めば倍以上の時間がかかります。

それだけではなく、各地に眠る財宝や最強装備やアイテムを求めたりすればさらなるボリュームになるでしょう。

CS版とPC版の違い

PS4やXboxとPC版の違いは下着が着用されているかいないかの違いがあります。

PS4版をプレイした限りだと、ストーリー上の主要なキャラクターはもちろん一般的な住民に至るまで、女性キャラクターに下着が着用しているという違い以外は感じられませんでした。

PC版とCS版の違いとしては処理落ちとか、スペックが足りていないという部分もあるのですが、規制という部分で下着着用が一番大きな要素だと思います。

ウィッチャー3というゲームはかなり性表現という部分では突っ込んだ作品だと言えるので、PC版だと規制無しで本来のウィッチャー3はこういう表現がしたかったんだなという製作者の意図が一番伝わりやすい表現で作品と向き合う事が出来ると思います。

CS版だと普通の服でも下着がはみ出しているので美的感覚的に拒絶反応を起こす人もいるかもしれません。そこまでいかなくても何らかの違和感があります。

もちろん気にしなければいいのですが、友達の服からブラジャーがはみ出している状況で、普通に会話するかなみたいな違和感です。

前作を遊ぶには?

ウィッチャー3というくらいなので三部作となっています。もともとウィッチャー1はPC専売として発売されたのでSteam等で購入してプレイする事が可能です。もちろん今作からプレイしても意味がわからないという事にはならないとは思います。

登場人物を絡めたサブストーリーが豊富にあるのでどんな人物かというのは大体わかると思います。

前作や前前作のストーリーがどうしてもきになるという方は「ウィッチャー2 ストーリー まとめ」などで検索すればヒットするかと思います。

ウィッチャー3の評価

メタスコアでもかなりの好評価です。

ウィッチャー3の推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7、Windows 8(8.1)、Windows 10 (64ビット)
CPUIntel Core i5-2500K@3.3GHz
AMD CPU Phenom II X4 940
Intel Core i7-3770@3.4GHz
AMD CPU AMD FX-8350 4 GHz
GPUNVIDIA GeForce GTX 660
AMD GPU Radeon HD 7870
NVIDIA GeForce GTX 770
AMD GPU Radeon R9 290
メモリ6GB8GB
HDD35GB以上

参考情報:The Witcher3: Wild Hunt(Steamストアページ)

最低でもGTX660が必要という事なので最低でもミドルスペックのゲーミングPCが無いと厳しいです。GTX660でも設定を抑えめにしてFPSでいうと30~40前後なので快適とまではいきません。

推奨ではGTX770を指定していますが、最高設定で快適にという所を目指すとハイスペックなゲームPCが必要になります。

GTX1060、GTX1070、GTX1080の比較

GTX1060/GTX1070/GTX1080の比較動画になります。設定はウルトラで解像度は1920×1080(フルHD)との記載がありました。GTX1070以上が60FPSを動作させる為に必要なスペックという事が言えるでしょう。

ウィッチャー3のフルHDベンチマーク

解像度GTX1060GTX1660TiRTX2060RTX2070
最高49 FPS71 FPS85 FPS95 FPS
65 FPS92 FPS106 FPS118 FPS
105 FPS148 FPS164 FPS174 FPS 

解像度:フルHD(1920×1080)、RTX2070×Core i7-9700K、Core i7-8700×RTX2060、Core i7-8700×GTX1660Ti、Ryzen 5 2600×GTX1060

ウィッチャー3の『大祭司広場』にて特定のコースで周回した時のフレームレートになります。GTX1660TiはGTX1070に匹敵するパフォーマンスを持つグラフィックカードなのでウィッチャー3におすすめです。

ウィッチャー3が快適にプレイ可能なおすすめのゲーミングPC

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 1TB
マザーボードH370

前世代のGTX1070に匹敵するゲーム性能を誇るGTX1660Tiを搭載し、CPUには第8世代の6コア12スレッドで最大4.6GHz駆動のCore i7-8700を搭載した最新ミドルのゲーミングPCになります。

ウィッチャー3の4Kベンチマーク

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
最高36 FPS47 FPS52 FPS65 FPS
47 FPS54 FPS66 FPS87 FPS
71 FPS82 FPS100 FPS130 FPS 

解像度:4K(3840×2160)、RTX2080Ti×Core i9-9900K、Core i7-9700K×RTX2080、Core i7-9700K×RTX2070、RTX2060×Core i7-8700

ウィッチャー3の『大祭司広場』にて特定のコースで周回した時のフレームレートになります。画質をある程度抑えてプレイする場合にはRTX2080が最適でしょう。

4Kでウィッチャー3が快適にプレイできるおすすめのゲーミングPC

ガレリア ZG
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX2080 8GB
メモリ16GB
SSDSSD 500GB
HDDHDD 3TB
マザーボードZ390

ウィッチャー3を4Kで高設定~中設定程度で快適にプレイできるパフォーマンスを誇る性能をRTX2080は持っています。

NEXTGEAR i690PA3-SP
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2080(8GB)
メモリ16GB
ストレージM.2SSD 512GB HDD 3TB
マザーZ390

マウスコンピューターの主力級のゲーミングPCがNEXTGEARです。拡張性の高いマザーボードを採用し、拡張性の高いPCがケースが採用されている魅力際立つゲーミングPCになります。

i7-9700K×RTX2080でウィッチャー3の4Kをプレイ

3840×2160

RTX2080で58fps

画質設定は最高設定ですが上記場所において58fps出ているのでプレイ自体には支障は無いでしょう。60fpsを常時ですと画質設定を少し落としてプレイするとより快適にプレイ可能です。

おすすめピックアップ記事