ゲーム推奨スペック

「Minecraft with RTX beta」 の最低スペックとグラボ別FPSとおすすめPC

リアルタイムレイトレーシングを体験できる「Minecraft with RTX beta」をプレイするのに必要なスペックの情報と実際に実機で取得したグラボ別のフレームレートの比較、そしておすすめPCの紹介もしています。

Minecraft with RTX betaの最低要件

構成最低
OSWindows 10(64ビット)
CPUIntel Core i5 以上
GPUNVIDIA GeForce RTX 2060以上
メモリ8GB以上
ストレージ2GB

参考情報:NVIDIA公式サイト

CPUの使用率はCore i7-9700Kを使用している事もありますが、それでもかなり低めです。メモリは8GBあれば足りそうですが、これから購入の方は16GB搭載機がおすすめです。

「Minecraft with RTX beta」はビデオカードの性能が最も重要です。GeForce RTX GPU(RTX20シリーズ)のビデオカードを搭載したゲーミングPCが必要になります。

GTX1660Tiで試してみる

試しにGTX1660Tiでプレイしてみると「DirectX Ray Tracing」の表示が来ないです。

やっぱり「Minecraft with RTX beta」はGeForce RTX GPUが必要になります。

Minecraft with RTX betaのグラボ別FPS

フルHD(1920×1080)

GPUフルHD(1920×1080)
RTX2080Ti
60
RTX2080 SUPER
60
RTX2080
60
RTX2070 SUPER
60
RTX2070
60
RTX2060 SUPER
60
RTX2060
57

WQHD(2560×1440)

GPUWQHD(2560×1440)
RTX2080Ti
60
RTX2080 SUPER
60
RTX2080
60
RTX2070 SUPER
60
RTX2070
54
RTX2060 SUPER
52
RTX2060
47

4K(3840×2160)

GPU4K(3840×2160)
RTX2080Ti
58
RTX2080 SUPER
47
RTX2080
45
RTX2070 SUPER
42
RTX2070
35
RTX2060 SUPER
31
RTX2060
25

計測設定や方法など

計測環境は執筆時最新のWindows10、最新ドライバー、Core i7-9700K、メモリ16GB、SSD搭載機になります。

計測場所は「Color, Light and Shadow RTX by PearlescentMoon」の初期地点で計測。解像度は一度ゲームを終了させた後にWindowsのディスプレイ設定から解像度を変更しています。設定は初期設定のままです。

■Ray Tracing View Bobbling ■Upscaling ■DirectX Ray Tracing ■Ray Tracing Rander Distance:8 chanks

60FPS以上出ない?

60FPS以上出すにはゲーミングモニターを使用する事で出す事が可能になります。

計測環境が4K液晶モニターを使用している関係で4K/60Hzなので60FPSが上限となっています。

フルHD/144Hzなどのゲーミングモニターを使用すれば60FPS以上出ます。

クリックで拡大。見ずらいのはごめんなさい。右上の黄色で囲った場所にRTX2070 SUPERの記載が確認できるでしょうか?。そして左下の黄色で囲った場所には85FPSと記載されています。

なので144Hzのゲーミングモニターを使用している時は85fps出ているという事になります。

マインクラフトで高FPSが必要かどうかという点と、設定によっては重くなるので高FPSを出すのが中々難しいという点はひとまず置いておき、使用しているモニターによっては高FPSを出す事も可能です。

Minecraft with RTX betaおすすめのゲーミングPC

フルHD~WQHD解像度で楽しみたい方におすすめ

ガレリアの新筐体!RTX2070 SUPER搭載モデル

ガレリア XA7C-R70S
CPUCore i7-10700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-R70S」は最新構成の人気モデルです。高いコストパフォーマンスとゲームでのパフォーマンスの高さからおすすめしたい一台。

【当サイト限定】RTX2070 SUPER搭載モデル

G-Tune HN-Z-AF
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
マザーボードZ390

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のRTX2070 SUPER搭載モデル。レイトレーシング対応。ビデオメモリは8GB搭載。筐体のメンテナンス性や使い勝手が良いモデルです。

4K解像度で楽しみたい方におすすめ

ガレリアのハイエンドゲーミングPC

ガレリア ZA9C-R80T
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。RTX2080Ti搭載機としてコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

G-Tuneのフラッグシップモデル

G-Tune HP-Z
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
ケースフルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

マウスコンピューターのフラッグシップモデルがMASTERPIECEです。グラフィックボードのカスタマイズに対応しRTX2070 SUPERからRTX2080Tiも選択可能です。フルタワー型で水冷CPUクーラーが標準搭載。

Minecraft with RTX betaの始め方

  1. 最新のWindows 10アップデートをダウンロードしてインストールします(設定更新とセキュリティ更新プログラムのチェック)
  2. Minecraft with RTX Game Ready Driverをインストールしてください。(GEFORCE EXPERIENCEで更新を行って下さい。関連:ゲーミングPC買ったら入れておきたいおすすめのソフト
  3. Minecraft for Windows 10を所有している事が前提となります。持っていない方は購入して下さい。Minecraft for Windows 10のストアページはこちら
  4. Windows 10 PCでストアアプリにアクセスします。
  5. Xbox Insider Hubアプリを検索します。
  6. Xbox Insider Hubをダウンロードしてインストールします。(18歳以上である必要があります)
  7. Xbox Insider Hubを起動します。
  8. インサイダーコンテンツ > Minecraft Beta に移動します。
  9. 「参加」ボタンをクリックします
  10. 「同意する」をクリックします
  11. ストアに戻るとダウンロードが始まり「Minecraft with RTX beta」がプレイできるようになります。

実際の手順に関しては以上の通りです。10番の後にエラーになってしまう場合には時間を置きましょう。

またレイトレーシングに対応した6つのワールドを無料でマーケットプレイスから入手できます。

注意点

Minecraft with RTX ベータ版に参加している間に開いたワールドは、後日発売される Minecraft with RTX のベータ版以外の完全版、または Java版のMinecraftで開くことができません。

一度Minecraft with RTX betaに移行すると、以前のバージョンのワールドに戻ることはできません。バックアップを作成する事を推奨します。

まとめ

マイクラ×レイトレーシングの「Minecraft with RTX beta」をはじめるにはRTX20シリーズを搭載したゲーミングPCが必要です。グラフィックは凄い!

マインクラフトPC版のMODを入れても快適な推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 全世界で2億本以上売れている大人気のサンドボックス型ゲームのマインクラフト。 PC版は他と何が違う?何でみんなPC版をおすすめする...
おすすめピックアップ記事