価格で選ぶゲーミングムPC

20万以下で選ぶおすすめのゲーミングノートPC

20万円以下で選ぶゲーミングノートPCの場合は、無理なく最新のグラフィックボードが搭載されているゲーミングノートPCを選択する事が可能になります。

価格帯的にはミドルレンジの定番のGTX1060~ハイスペックのGTX1070がギリギリ狙える価格帯になります。

20万円以下で狙うべきグラボはGTX1060以上

グラフィックボード性能比較(3Dmark)Graphic Score(Graphics score)
GTX1080
21744
GTX1070
16721
GTX1060
12347
GTX1050Ti
7954
GTX1050
6035

G-TuneのノートPCのグラボ性能比較によると以上のような性能差があるという結果が出ていますね。

3DmarkのFirestrike(Graphics Score)ベンチマークテストはゲーム性能の目安になります。単純に数値が高ければ高いほど高性能という事です。

スコアをよく見てみるとGTX1050TiとGTX1060の差は約4000差、GTX1060とGTX1070も約4000差という事で順当に性能は価格に比例して上がっているというのが読み取れます。

20万円以下だとギリGTX1070が射程圏内でGTX1060だと予算的には余裕が生まれるのでメモリをカスタマイズしたりストレージの容量を増やしたりという事が可能です。

GTX1060とGTX1070どっちを選ぶべき?

基本的には性能の高いGTX1070を狙っていくのがベストです。性能差というのはゲームをプレイする上でやっぱり何かしらのタイミングで感じてしまう部分になるのでここは妥協しない方がいいとは思います。

とは言え20万円という予算で最善手を狙う場合にはGTX1060でメモリの容量を16GBにしてSSDを500GB、またはM.2 SSDを500GBにするというカスタマイズには賛成です。

FF14ベンチマークの実例

NEXTGEAR-NOTE i5550の実機レビューから抜粋です。ノートPCでもMMORPGとかでも快適に動作するのがGTX1060ですね。

CPUはCore i7 7700HQ、GTX1060の組み合わせてスコアが10,000前後出ます。これがGTX1050Tiの場合は7,000前後なのでFF14だとギリギリ「非常に快適」のラインです。もちろんプレイには支障が無いとは思いますが、フレームレートが突発的に下がったりすると若干の不安があります。

そういう意味でもFF14の最高画質で10,000前後出せるGTX1060の性能というのはひとまずPCゲームにおいては鉄板なのでこの価格帯であればGTX1060以上を狙いたい所です。

GTX1070だと更に快適にプレイ可能なのでFPSをプレイする方はGTX1070搭載機がおすすめになります。この価格帯だと厳しいので20万以上で選ぶおすすめのゲーミングノートPCで紹介しています。

20万以下のおすすめゲーミングノートPC

ドスパラの最新CPU搭載&GTX1060搭載ゲーミングノートPCが狙い目

写真はこの機種のでは無いのですが、公式サイトを見てみるとバックライトキーボードの有無という部分でかなり似ていたので実機レビューから抜粋しています。

重量を見てみると公式サイトには約2.3kg(バッテリー含む)との記載がありました。これは軽いですね。

ガレリア GCF1060GF
OSWindows10 
CPUCore i7-8750H
グラフィックNVIDIA GeForce GTX1070 8GB
メモリ8GB
SSD250GB(M.2)
HDD1TB
液晶15.6 インチ 非光沢ワイドリフレッシュレート120Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)

ドスパラのゲーミングノートPCの中で最新CPUが搭載されたGTX1060搭載機です。

価格が安いから前世代を狙っていきたいという方は以下もおすすめ

PU性能やGPU性能などが高いのでノートPCで性能が高いゲーミングノートPCが欲しいと考えている方におすすめです。メモリは16GBにカスタマイズするとなお快適になります。

GALLERIA GKF1060GF
OSWindows10 Home 64bit
CPUCore i7 7700HQ
グラフィックGTX1060(6GB)
メモリ8GB PC4-19200 (8GB×1)
SSD250GB
HDD1TB
液晶15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
重量約 2.35kg

CPUが1世代古いのでそこの部分でこだわりが無いという方におすすめになります。価格もガレリア GCF1060GFより安くなっていますね。