価格で選ぶゲーミングムPC

15万以下で選ぶおすすめのゲーミングPC

150000

ゲーミングPCを購入しようと思っている方にいくら位の予算かどうかを聞くと大抵はこの価格帯を挙げる事が多いです。それだけ人気の価格帯になるのでパソコンショップもお得なゲーミングPCを発売している事も多いです。

ゲーミングPCを購入する際にはまずはこの価格帯で探されるのをおすすめします。大抵のゲームで快適に動作する事ができるのでコストパフォーマンスに優れています。

更にグラフィックボードの交換を視野に入れているのであればCPU性能の高いゲーミングPCを選ぶ事で現役期間を延命する事ができるのもこの価格帯のゲーミングPCのメリットです!

15万円以下は人気の価格帯

15万円以下の価格帯はほとんどのゲームが快適にプレイ可能なのでコスパに優れます。

この価格帯で購入出来るグラフィックボードの性能はGTX1060~GTX1070。最新ゲームでも大抵のゲームがフルHD画質の60FPSでプレイ出来ます。

現世代の家庭用ゲーム機の代表格のPS4よりヌルヌル動いて遊べるタイトルも多く、一昔前のゲームなら家庭用ゲーム機よりも高画質でプレイできる恩恵を得られます。

フルHDで60FPSならこの価格帯で十分快適にゲームがプレイできる

なぜこの価格帯が人気なのかというと一般的に普及しているPCモニターの主流が現在だとフルHD(1980×1080)の解像度で、その解像度の上限リフレッシュレートが一般的には60Hzだからです。

モニターにもゲーミングモニターと呼ばれる60Hz以上の120Hzや144Hz駆動のゲーミングモニターもありますが、フルHDの60Hzがまだまだ一般的です。

それでも家庭用のゲーム機だとフルHDには対応しているけど30FPSでしか動作しないというようなタイトルもあるのでフルHDの60FPSでも快適と感じる方も多いでしょう。

性能からコスパを考える

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
GTX1080Ti
27485
GTX1080
21008
GTX1070Ti
19171
GTX1070
17471
GTX1060(6GB)
12656
GTX1060(3GB)
11698
GTX1050Ti
7430
GTX1050
6674

性能は基本的に現在の相場だとGTX1060になります。15万円でギリギリGTX1070も予算に入るかどうかという所でしょうか。

ストレージにSSDが搭載しないなどの構成内容になるのであればGTX1060を搭載したモデルがおすすめです。

GTX1060だとFPS値はどの程度出るのか?

2018/04更新 ゲームをGTX1060搭載機で実際にプレイしてチェック

タイトル解像度設定FPS(平均)
FF151920×1080最高48
FF123840×2160画質重視30
1920×108060※1
GTA53840×2160可能な限り設定最大※639
1920×1080103
METAL GEAR SURVIVE3840×2160可能な限り設定最大29
1920×108060※1
Planet Coaster3840×2160ウルトラ24
1920×108052
PUBG1920×1080ウルトラ58※2
スカイリムSE3840×2160ウルトラ37
1920×108060※1
World of Tanks3840×2160ウルトラ※336
1920×1080115
World of Warships3840×2160ウルトラ※443
1920×108073※5
ニーアオートマタ3840×2160HIGH14
1920×108050
ロケットリーグ1920×1080可能な限り設定最大165
二ノ国23840×2160高水準44
1920×1080105
  • ※1:FPS上限
  • ※2:場所ポチンキ、2018/04/01取得(最低33FPS、最高75FPS)
  • ※3:クライアントタイプ《HD-最高品質》
  • ※4:クライアントタイプ《ウルトラ-最高品質》
  • ※5:MAX76FPS
  • ※6:MSAAと高度なグラフィックスはオフで計測

実機レビューした時に計測したデータになります。基本的なタイトルはフルHD環境ならほぼ網羅できる性能です。

超高解像度のようなタイトルやゲーミングモニターで144Hzのようなプレイは厳しいかもしれませんが、60FPSで快適にPCゲームを動作させたい場合に有効なGPUがGTX1060です。

フレームレート計測には最高設定で全て計測した数値なので設定を下げれば他のタイトルでも60FPSに届く性能を持っています。

ドスパラの15万円以下のゲーミングPC

ドスパラの特徴は配送が迅速で圧倒的に人気を誇るBTOメーカーです。

コスパに優れるミニタワー型

ガレリア DT
OSWindows10
CPUCore i5-8500
グラフィックGTX1060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
マザーボードH310
電源500W

ミニタワー型でコスパに優れたゲーミングPCとして人気があるのがガレリアDTです。ミニタワー型なのでミドルタワーと比較すると拡張性は落ちますが、総合的にバランスの取れた構成内容になっているので価格を抑えたゲーミングPC選びをしていきたい方に最適です。

ドスパラの定番で人気のガレリアXT

おすすめ ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 640GB HDD 1TB
マザーボードH370
電源500W

コスパの高いGTX1060を搭載し、物理6コアの第8世代CPUを搭載しているのがポイントです。15万前後の価格帯で探しているという方におすすめのゲーミングPCです。

ストレージ容量が多くCore i7-8700を搭載しているのでCPU性能は非常に高いです。メモリ16GBだとより多くのPCゲームで快適に動作するのでメモリ16GBで無かったらカスタマイズするのもおすすめです。

ガレリアXTがおすすめな理由

拡張性の高いPCケースなので将来的な増設やパーツ交換をする際に困らないです。ストレージベイも豊富なので後で追加したくなっても対応可能な点が嬉しい。グラフィックボードの交換を視野に入れている方はCPU性能が高い製品がおすすめです。

CPUを交換するとなると買い替えた方が早いです。グラフィックボードの交換をするのであれば電源は700W以上あると安心できる構成です!

G-Tuneの15万円以下のおすすめのゲーミングPC

マウスコンピューター(G-Tune)の特徴はサポートが24時間365日対応かつ対応の質も良いから安心!

コストパフォーマンスに優れる金賞受賞モデルの後継機

おすすめ NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
NEXTGEAR-MICRO im610OSWindows10
CPUCore i5-8500
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
電源500W

価格.comプロダクトアワード2017で金賞受賞した後継機モデルです。価格に対する性能やユーザー満足度の高い製品が選出されるアワードで金賞を受賞したモデルなので、言い換えるのであればコスパが高いゲーミングPCという言い方も可能でしょう。

もちろんこのままの構成でも快適にゲームがプレイ可能なタイトルも多いですが、メモリ16GBにする事でメモリのボトルネックが解消されるので16GBにカスタマイズするのがおすすめです。

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cがおすすめな理由

ケースの品質が高いです!昔ながらのパソコンの雰囲気は一切ありませんね。ミニタワー型でコンパクトなのも嬉しい。スタイリッシュで都会的な雰囲気を感じさせるPCケースになっているのでお部屋のインテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

拡張性の高いPCケースで将来のパーツ交換を視野に

おすすめ NEXTGEAR i690SA1-e-sports
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
電源500W

将来的なパーツ交換や増設をするのであればNEXTGEARのPCケースがG-Tuneではイチオシです。CPU性能が高いのもポイントが高いですね。

NEXTGEAR i690SA1-e-sportsがおすすめな理由

拡張性がG-Tuneの中ではトップクラスに高いです。最上位のMASTERPIECEよりNEXTGEARの方がストレージベイやケースファンの搭載数で勝っています。拡張性の高いケースで将来的に増設やパーツ交換をしていきたい方にはピッタリなゲーミングPCです。

【実機】G-Tune NEXTGEARのPCケースレビュー(i680シリーズ対応)

こちらでケースの詳細については書いているので参考にしてみて下さい。特にSSDが3基とHDD2基積めるのは個人的に嬉しいのでNEXTGEARがおすすめだと思います。パフォーマンスもMICROと比較するとNEXTGEARの方がCPU関係のスコアは出るので実況や配信を視野に入れいてる方はNEXTGEARをおすすめします。

関連記事