価格で選ぶゲーミングムPC

15万以下で選ぶおすすめのゲーミングPC

150000

ゲーミングPCを購入しようと思っている方にいくら位の予算かどうかを聞くとこの価格帯を挙げる方も多いです。人気のミドルレンジの価格帯なので一般的なおすすめとしての価格帯になります。

ゲーミングPCを購入する際にはまずはこの価格帯で探されるのをおすすめします。大抵のゲームで快適に動作する事ができるのでコストパフォーマンスに優れています。

更にグラフィックボードの交換を視野に入れているのであればCPU性能の高いゲーミングPCを選ぶ事で現役期間を延命する事ができるのもこの価格帯のゲーミングPCのメリットです。

15万円以下は人気の価格帯

15万円以下の価格帯はほとんどのゲームが快適にプレイ可能なのでコスパに優れます。

この価格帯で購入出来るグラフィックボードの性能はGTX1060~RTX2060。RTX2060だと最新ゲームでも大抵のゲームがフルHD画質の60FPSでプレイ出来ます。

現世代の家庭用ゲーム機の代表格のPS4よりヌルヌル動いて遊べるタイトルも多く、一昔前のゲームなら家庭用ゲーム機よりも高画質でプレイできる恩恵を得られます。

フルHDで60FPSならこの価格帯で十分快適にゲームがプレイできる

なぜこの価格帯が人気なのかというと一般的に普及しているPCモニターの主流が現在だとフルHD(1980×1080)の解像度で、その解像度の上限リフレッシュレートが一般的には60Hzだからです。

モニターにもゲーミングモニターと呼ばれる60Hz以上の120Hzや144Hz駆動のゲーミングモニターもありますが、フルHDの60Hzがまだまだ一般的です。

それでも家庭用のゲーム機だとフルHDには対応しているけど30FPSでしか動作しないというようなタイトルもあるのでフルHDの60FPSでも快適と感じる方も多いでしょう。

画質設定を下げて運用し、高リフレッシュレートのゲーミングモニターを組み合わせて描画の滑らかな『勝ちにこだわる環境』を構築する事が出来るのもメリットです。

性能からコスパを考える

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
RTX2080Ti
32929
GTX1080Ti
28590
RTX2080
27106
RTX2070
21920
GTX1080
21829
GTX1070Ti
19524
RTX2060
19096
GTX1070
17974
GTX1660Ti
16113
GTX1060(6GB)
12924
GTX1060(3GB)
12232
GTX1050Ti
7430
GTX1050
6836

性能は基本的に現在の相場だとGTX1060~RTX2060になります。なので性能的に言えば現在15万円以下で狙うべきポイントはRTX2060一択です。GTX1660Tiが発売されたのでレイトレやDLSSが必要無いという方はGTX1660Tiも視野に入れるのがいいでしょう。

GeForce RTX RTX20シリーズのスペック・性能ベンチマーク比較【RTX2080Ti / RTX2080 / RTX2070 / RTX2060】 GeForce RTX 20シリーズのRTX2080Ti、RTX2080、RTX2070、RTX2060でベンチマーク含めて比較しま...

NVIDIAの『Turing(チューリング)』アーキテクチャーを採用したRTX20シリーズについてはこちらの記事でまとめています。

GeForce GTX 1660Ti搭載のおすすめゲーミングPC GeForce GTX1660TiはRTX20シリーズと同じアーキテクチャのTuringを採用したミドルクラスのグラフィックカードに...

GTX1660Tiに関してはスペック含めてこちらの記事でまとめています。

また、実機でベンチマークも取得しているので気になる方はチェックしてみて下さい。

実ゲームでの快適性のチェック

現在の推奨スペックとしてはフルHD×60FPSというのが基準になります。公式が発表する推奨スペックというのが1920×1080という解像度で設定はタイトル毎ですが、60FPSで動作するというのが快適にゲームを楽しむ指標となっております。

Ghost Recon Wildlands(ゴーストリコンワイルドランズ)

解像度GTX1060GTX1660TiGTX1070RTX2060
4K
3840×2160
17 FPS23 FPS25 FPS27 FPS
WQHD
2560×1440
29 FPS40 FPS41 FPS45 FPS
フルHD
1920×1080
38 FPS52 FPS52 FPS58 FPS 

画質設定:ウルトラ、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2060×Core i7-8700、Core i7-8700×GTX1070、Core i7-8700×GTX1660Ti、Ryzen 5 2600×GTX1060(6GB)

ゴーストリコンワイルドランズは極端に最高設定のウルトラが重いゲームになります。それでもRTX2060の性能であればフルHD×60FPSという基準は満たせます。

Assassin’s Creed ODYSSEY(アサシンクリード オデッセイ)

解像度GTX1060GTX1660TiGTX1070RTX2060
4K
3840×2160
16 FPS25 FPS26 FPS26 FPS
WQHD
2560×1440
29 FPS36 FPS42 FPS46 FPS
フルHD
1920×1080
37 FPS53 FPS49 FPS60 FPS 

画質設定:最高、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2060×Core i7-8700、Core i7-8700×GTX1070、Core i7-8700×GTX1660Ti、Ryzen 5 2600×GTX1060(6GB)

アサシンクリードオデッセイは超重量級のオープンワールドゲームです。こちらでもRTX2060の性能であればフルHD×60FPSをクリアします。

ファイナルファンタジー XV(FF15)

解像度GTX1060GTX1660TiGTX1070RTX2060
4K
3840×2160
20 FPS27 FPS28 FPS32 FPS
WQHD
2560×1440
36 FPS50 FPS51 FPS58 FPS
フルHD
1920×1080
48 FPS69 FPS69 FPS80 FPS 

バージョン1.2、画質設定:高品質設定、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2060×Core i7-8700、Core i7-8700×GTX1070、Core i7-8700×GTX1660Ti、Ryzen 5 2600×GTX1060(6GB)

FF15の場合にはGTX1660Ti、余裕を持つならフルHDの場合にはRTX2060くらいの性能があればより快適に動作します。

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

シャドウオブザトゥームレイダー
解像度GTX1060GTX1660TiGTX1070RTX2060
4K
3840×2160
17 FPS26 FPS26 FPS31 FPS
WQHD
2560×1440
33 FPS52 FPS50 FPS58 FPS
フルHD
1920×1080
50 FPS78 FPS75 FPS87 FPS 

TAA,Direct X12、画質設定:高品質設定、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2060×Core i7-8700、Core i7-8700×GTX1070、Core i7-8700×GTX1660Ti、Ryzen 5 2600×GTX1060(6GB)

DirectX 12で計測した数値なのでフルHDでGTX1660TiがGTX1070に数値で勝っています。

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

解像度GTX1060GTX1660TiGTX1070RTX2060
4K
3840×2160
27 FPS37 FPS40 FPS42 FPS
WQHD
2560×1440
57 FPS75 FPS81 FPS87 FPS
フルHD
1920×1080
85 FPS112 FPS118 FPS120 FPS 

画質設定:最高設定、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2060×Core i7-8700、Core i7-8700×GTX1070、Core i7-8700×GTX1660Ti、Ryzen 5 2600×GTX1060(6GB)

FF14の場合にはフルHDだとGTX1060程度あれば十分でしょう。GTX1660TiだとWQHDが視野に入りますね。

Forza Horizon 4

解像度GTX1060GTX1660TiGTX1070RTX2060
4K
3840×2160
36 FPS50 FPS52 FPS56 FPS
WQHD
2560×1440
55 FPS74 FPS74 FPS79 FPS
フルHD
1920×1080
69 FPS94 FPS89 FPS96 FPS 

画質設定:ウルトラ、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2060×Core i7-8700、Core i7-8700×GTX1070、Core i7-8700×GTX1660Ti、Ryzen 5 2600×GTX1060(6GB)

フルHDならGTX1060程度でクリアし、4KとなるとRTX2060~RTX2070で快適に動作するレベルになります。DirectX 12のゲームなのでGTX1660Tiの方がフルHDでGTX1070を超えるフレームレートを記録しています。

Fortnite(フォートナイト)

解像度GTX1060GTX1660TiGTX1070RTX2060
4K
3840×2160
26 FPS25 FPS39 FPS38 FPS
WQHD
2560×1440
54 FPS71 FPS76 FPS84 FPS
フルHD
1920×1080
81 FPS106 FPS117 FPS130 FPS 

画質設定:エピック、3D解像度は100%に変更済み、場所:ダスティディボット。RTX2060×Core i7-8700、Core i7-8700×GTX1070、Core i7-8700×GTX1660Ti、Ryzen 5 2600×GTX1060(6GB)

シューティングゲームになるのでフルHD×ゲーミングモニター(144Hz)と組み合わる事を想定してもRTX2060程度の性能があれば十分快適に動作します。設定を下げて運用する場合にはGTX1060でも十分なレベルでしょう。

GTX1660Tiに関してはVRAMの関係でGTX1070に劣るという部分もありますし、DirectX 11に関してはGTX1070の方が上というのが分かりますね。ただそこまで大きな差では無いのでGTX1660TiはGTX1070級という認識で良いでしょう。

Turingアーキテクチャーを採用したRTX20シリーズ、GTX1660TiはTimeSpyでの伸びが良い=DirectX 12のゲームと相性が良くフレームレートが伸びやすいです。Pascal世代に関してはDirectX 11等のエンジンが古いゲームタイトルとの相性が良いです。

言い換えると最新ゲームやるならTuring世代という事でRTX2060、GTX1660Ti搭載のゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの15万円以下のゲーミングPC

ドスパラの特徴は配送が迅速で圧倒的に人気を誇るBTOメーカーです。

PCゲーマーのメインストリーム

RTX2060搭載でPCゲーマーのメインストリームフルHD×60FPSを快適に

ガレリア XV
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックRTX2060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 2TB
マザーH370
性能目安フルHD:重量級

NVIDIAがメインストリームと言い放つ性能を持ったRTX2060。慣例として×60番台というのがミドルという位置づけでしたが、その概念はRTX2060で覆されました。

GTX1070TiはPCゲーマーのメインストリームと言える性能なのでこの価格帯で実現出来たコストパフォーマンスという意味で非常におすすめのゲーミングPCです。

人気ゲーミングPCがリニューアル!ミドルの新定番

ドスパラのGTX 1660Ti搭載のゲーミングPC

ガレリア XT
ガレリアKTケース外観OSWindows10 Home 64ビット
CPUCore i7-8700
グラフィックGeForce GTX1660Ti(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 1TB
マザーボードH370
性能目安フルHD:中~重量級

第8世代CPUのCore i7-8700と最新のグラフィックボードのGTX1660Tiを搭載したモデルになっています。フルHDの重量級が視野に入るパフォーマンスが魅力で、人気ゲーミングPCの定番モデルがリニューアルしました。

ガレリアのKTケースがおすすめな理由

拡張性の高いPCケースなので将来的な増設やパーツ交換をする際に困らないです。ストレージベイも豊富なので後で追加したくなっても対応可能な点が嬉しい。グラフィックボードの交換を視野に入れている方はCPU性能が高い製品がおすすめです。

CPUを交換するとなると買い替えた方が早いです。グラフィックボードの交換をするのであれば電源は700W以上あると安心できる構成です。

G-Tuneの15万円以下のおすすめのゲーミングPC

マウスコンピューター(G-Tune)の特徴はサポートが24時間365日対応かつ対応の質も良いから安心!

拡張性の高いPCケースで将来のパーツ交換を視野に

NEXTGEAR i690SA1-e-sports
OSWindows10 Home 64ビット
CPUCore i7-8700
グラフィックGeForce GTX 1060(3GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB HDD 2TB
マザーボードZ390
性能目安フルHD:中量級

将来的なパーツ交換や増設をするのであればNEXTGEARのPCケースがG-Tuneではイチオシです。CPU性能が高いのもポイントが高いですね。

NEXTGEAR i690SA1-e-sportsがおすすめな理由

拡張性がG-Tuneの中ではトップクラスに高いです。最上位のMASTERPIECEよりNEXTGEARの方がストレージベイやケースファンの搭載数で勝っています。拡張性の高いケースで将来的に増設やパーツ交換をしていきたい方にはピッタリなゲーミングPCです。

【実機】G-Tune NEXTGEARのPCケースレビュー(i690シリーズ対応) マウスコンピューターのゲーミングPCブランドの「G-Tune」から販売されているNEXTGEARのPCケースの詳細について実際に実機...

こちらでケースの詳細については書いているので参考にしてみて下さい。特にSSDが3基とHDD2基積めるのは個人的に嬉しいのでNEXTGEARがおすすめだと思います。パフォーマンスもMICROと比較するとNEXTGEARの方がCPU関係のスコアは出るので実況や配信を視野に入れいてる方はNEXTGEARをおすすめします。

関連記事

おすすめピックアップ記事