価格で選ぶゲーミングPC

15万円以下のおすすめゲーミングPC

15万以下で選ぶおすすめのゲーミングPC

15万円以下のゲーミングPCのおすすめを紹介します。

15万円以下でも重量級と呼ばれるとても重いゲームでも設定を下げればプレイする事も可能なので、初心者の方やコストを落としてゲームを楽しみたい方におすすめの価格帯です。

グラフィックスボードの性能比較

GPU3DMARK TimeSpy(Graphics Score)
RTX 3060
8530
GTX 1660 Ti
6159
RTX 3050
6095
GTX 1660 SUPER
5977
GTX 1660
5370
GTX 1650 SUPER
4648
GTX 1650
3427

DirectX 12の定番ベンチマークソフトが3DMARKのTimeSpyになります。15万円以下ではGTX 1660 SUPERやRTX 3050搭載モデルが選択可能です。

実ゲームでのパフォーマンス比較

 解像度:1920×1080 | 情報元:RTX30シリーズのベンチマーク

  • 重量級レイトレにはRTX 3070/RTX 3060Tiがおすすめ
  • RTX 3060で重量級も快適
  • RTX 3050でも画質を少し落とせば60fpsが狙える

高画質な美麗グラフィックスが際立つレイトレーシングを本格的に楽しむにはRTX 3070程度の性能がおすすめです。コストを落とすならRTX 3060Tiがおすすめです。

RTXシリーズとGTXシリーズの違いは何?

RTXシリーズとGTXシリーズの違いをざっくりと簡潔に書きます。

  • RTXシリーズの特徴:レイトレーシング&NVIDIA DLSS対応
  • GTXシリーズの特徴:レイトレーシング&NVIDIA DLSS非対応

RTXシリーズは、レイトレーシングやNVIDIA DLSSに対応しています。GTXシリーズでは基本的に対応していません。RTXグラフィックスで本格対応となります。

GTX 1660以上のグラフィックスボードではレイトレーシングが一部使えるタイトルもあるのですが、パフォーマンスの観点からRTXグラフィックス搭載のゲーミングPCがおすすめです。

ゲーミングPCのグラフィックスボードの選び方

レイトレーシングやDLSSについてはこちらの記事で書いているので参考にしてみて下さい。

15万以下のおすすめゲーミングPC

15万円以下のおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

Magnate MT

Magnate MT
Lightning AT5CPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB  NVMe SSD
ケースミニタワー
価格124,980円(税込)

公式サイトはこちら

Magnate MTは重量級ゲームも視野に入る性能が魅力のGTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCです。グラフィックスボードのカスタマイズに対応しているので、RTX 3050も選択可能です。

『Magnate MH』の実機レビュー

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-13400F
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB  NVMe SSD
ケースミニタワー
価格149,980円(税込)

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」は筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。コンソールパネルの質感が良く、USBが4つ接続出来ます。斜めになっていてアクセスしやすいです。

「ガレリア RM5R-G60S」の実機レビュー

LEVEL-M06M-124-NAX

LEVEL-M06M-124-NAX
パソコン工房CPUCore i5-12400
グラフィックRTX 3050(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB  NVMe SSD
ケースミニタワー
価格144,800円(税込)

公式サイトはこちら

パソコン工房はコストパフォーマンスの良さと豊富なラインアップが魅力のBTOメーカーです。RTX 3050は重量級も視野に入る性能が魅力です。

商品の価格は更新時点になります。現在の価格については詳細ページにてご確認下さい。

価格別のおすすめゲーミングPC

おすすめピックアップ記事