PCゲームの推奨スペックから選ぶ

Apex Legendsの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC(エーペックスレジェンズ)

Apex Legendsは基本プレイ無料のバトルロイヤルゲームです。最大60人で参加し、3人でスクワッドを組み他のチームと戦います。レジェンドと呼ばれる固有のアビリティを持つキャラクターを選択するという特徴もあります。

そんなApex Legendsが快適にプレイできるスペックの情報とおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の必要・推奨スペック

Apex Legendsの必要動作環境

OSWindows 7 64ビット版
CPUIntel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
RAM6GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7700
GPU RAM1GB
ストレージ30GB以上の空き容量

最低スペックとしてはCore i3-6300 / GT 640 / メモリ6GBが下限になります。

Apex Legendsの推奨動作環境

OSWindows 7 64ビット版
CPUIntel i5 3570Tおよび同等品
RAM8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
GPU RAM8GB
ストレージ30GB以上の空き容量

推奨スペックとしてはCore i5 3570T / GTX970 / メモリ8GBが推奨スペックになります。

参考情報:Apex Legends公式

Apex Legendsのスペックについて

CPU

 i3-6300FX-4350i5 3570T
コア/ スレッド2 / 44 / 44 / 4
ベース / TB時3.8GHz 4.2GHz / 4.3GHz 2.3GHz / 3.3GHz

リアル4コアで最大3.3GHzが推奨となっています。CPUの選び方としてCPU性能が高いと設定下げ運用の場合にはフレームレートが出てきます。また、ビデオカードの交換を想定している場合にはCPU性能が高いとビデオカードの性能を引き出す事も可能ですので性能の高いCPUもおすすめです。

メモリ

NEXTGEAR-MICRO am560SA2の実機レビュー

画質設定を上げるとビデオメモリが8GB必要と出ているので6GB搭載機の場合には超過してしまう場合があるので設定調整をおすすめします。ビデオメモリはそこまで意識しなくても設定を下げれば劇的に減るので大丈夫でしょう。

メインメモリに関しては16GB搭載機の方がより安心で快適だと実際にプレイしていて感じますのでメモリは16GBがおすすめです。

Apex LegendsのPCの追加機能とオプション

  • キーボードのキー割り当てはすべて再設定可能
  • マウス加速: オフ / オン
  • ストリーマモード: オフ / キラーのみ / すべて
  • エイム時マウス感度倍率スライダー: 0.2~20.0
  • コントローラー入力にも対応し、様々な構成や感度を設定可能
  • ボイスチャット録音モード: プッシュトゥトーク / オープン
  • オープン設定時のマイク録音開始音量
  • 受信ボイスチャットの音量
  • 受信テキストを音声で再生: オフ/オン 
    (現在、英語のみ対応)
  • 音声入力をチャットテキストに変換: オフ/オン 
    (現在、英語のみ対応)

PC用の設定オプションにて画質設定に関しての調整も可能です。

最高スペックのPCを用意しても、ゲームのビジュアル・パフォーマンス設定の変更が必要な場合もあります。そのため、PCゲーマーの皆様にはさまざまな設定項目を用意しました

と公式サイトに記載がありますが、設定項目が多いのでプレイが厳しいという方はアドバンスの設定を左に全て設定してみましょう。

Apex Legendsが重いと感じた方はビデオ設定から設定を最低値まで下げる事でフレームレートを確保する事が出来ます。画質を上げたい方は設定を最大にしたり、解像度の高いモニターでプレイしたり、勝利にこだわる方はゲーミングモニターと呼ばれる高リフレッシュレートのモニターを用意しましょう。

144FPS上限が解除可能

Originのプロパティに+fps_max unlimitedと打ち込む。

もしくはゲーム内で垂直同期を適用型(1/2レート)にする事でFPSを解除できるようです。

144fps以上を生かすには240Hz対応のモニターが必要になります。

GeForce 436.02 DriverでUltra-Low Latency Mode実装

NVIDIAさんによると最大33%レイテンシが低減されるようです。ゲーム中の操作遅延の低減の効果が見込めて、60FPS~100FPSが最も効果を発揮するそう。

設定はNVIDIAのコントロールパネルを開き、「Low Latency Mode」をウルトラに設定します。ウルトラに設定する事で「ジャストインタイムでGPUがフレームを取得してレンダリングを開始する」との事です。

Apex Legendsの画質比較

画質設定最大

画質設定最小

シューティングゲームなので画質設定を最大まで下げてフレームレートを確保するというも手です。要求スペックがそこまで高いゲームでは無いのでスペックに余裕がある方は画質設定を上げてフレームレートも出して快適にゲームをプレイするのが良いでしょう。

計測機材や方法

NVIDIA GeForce RTX20シリーズのスペック・性能ベンチマーク比較 GeForce RTX 20シリーズのRTX2080Ti、RTX2080、RTX2070 SUPER、RTX2070、RTX2060...

検証ビデオカードの詳細はこちらで確認する事が出来ます。

検証機材のスペック

ベンチマークPC構成
OSWindows10 Home
CPUCore i7-9700K
CPUクーラーサイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000
CPUグリスAINEX シルバーグリス [AS-05]
マザーボードASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
メモリCarsair CMK32GX4M2A2666C16
ストレージCulucial MX500 CT500MX500SSD1
Seagate ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]
電源ユニットANTEC NeoECO Gold NE750G
PCケースProjet-M 日本製 検証用まな板 PM-TESTBOARD

計測設定

設定
画質最高(設定を最大)
スクリーンモードフルスクリーン
垂直同期オフ
計測場所スカルタウンに降下した際のフレームレート
計測ツールFraps
ドライバーGEFORCE GAME READY DRIVER 431.60

Apex Legendsのグラフィックボード別fps

基本的には60fpsが出ていれば快適とされています。ゲーミングモニター運用の場合には144Hz=144fps対応の製品ですと更に描画が滑らかになりより快適性が上がります。144FPS上限で計測したフレームレートになっています。

一番気になる最低設定にしてフレームレートの上限を解除した際のフレームレート比較になっています。計測方法は上述の通りです。

GTX1660Tiでも平均で130fps出ていたのでコスパでGTX1660Ti搭載機も買い得感が高いのでおすすめです。144Hz液晶と組み合わせて快適にプレイできそうですね。

GTX1070Ti / RTX2060~だと余裕がある感じです。

Apex Legendsをプレイするのに最適なゲーミングPC

価格.comプロダクトアワード2018 銀賞 受賞

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 1TB
マザーボードB365

前世代のGTX1070に匹敵するゲーム性能を誇るGTX1660Tiを搭載し、CPUには第8世代の6コア12スレッドで最大4.6GHz駆動のCore i7-8700を搭載した最新ミドルのゲーミングPCになります。

i7-9700K×RTX2070×Z390搭載の最新モデル

NEXTGEAR i690GA4-FG
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX2070 SUPER 8GB
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 512GB HDD 3TB
マザーボードZ390

レビューは前世代になります。CPU性能が高いモデルとなっており、ゲーム用途では現状ベストな性能と価格が魅力のCore i7-9700K、グラフィックカードにはRTX2070 SUPERを搭載し、メモリは16GBを搭載しています。

総合的に高いパフォーマンスが期待出来て拡張性の高いPCケースのNEXTGEAR採用なので価格を重視しつつ性能も担保したいPCゲーマーの方におすすめの一台です。

おすすめピックアップ記事