用途・目的別

FPS・TPSにおすすめのゲーミングPC

FPS・TPSにおすすめのゲーミングPC

シューターゲームに代表されるFPSやTPSと言った競技性の高いタイトルでも快適に遊べるゲーミングPCの選び方とおすすめなゲーミングPCをご紹介します。

FPSと言えば大会などが開かれるほどのスポーツに近いジャンルです。なので「パソコンのスペックが低くてカクいてしまう…。」というのは避けたい事態ですよね。

カクついている間に敵にバンっと撃たれて負けてしまう事になりますから…。

なのでスペックは高いに越した事はありません。最低でもグラフィックボードは最新世代のミドルレンジクラス以上を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

よりハイスペックなゲーミングPCであればあるほどFPS/TPS用としては適しています。

FPS・TPSではハイスペックを活かす事が可能

FPS・TPSではハイスペックを活かす事が可能

FPS/TPSでは低スペックだとカクカクしたりしてまともに敵を狙えないのでハイスペックなゲーミングPCが有利です。スペックが高いゲーム用のパソコンだと滑らかに描画され、敵を補足しやすくなります。

後はゲーミングモニターと呼ばれる高リフレッシュレートの製品の性能をフルに活用できるのもPCゲームのメリットです。

300fpsも出せる

 フレームレート上限の横に300と記載があります。

PCゲームの場合は144FPS以上出せます。例えばオーバーウォッチは300FPSまで出せます。

よく分からないという方に簡単に説明すると、ゲームの描写はパラパラ漫画です。PCゲームだと144回や240回など増やす事が可能です。

つまりフレームレートを稼がないと常時144FPSなどは出せないので、高性能なゲーミングPCが必要になってきます。

これに144Hz対応のモニターや240Hz対応のモニターで運用すると高いフレームレートで常時快適にシューターゲームを楽しむ事ができるというメリットがあります。

 PCゲームでFPSを表示させる4つの方法

PCゲームではフレームカウンターと呼ばれるフレームレートをプレイ中に確認する事ができます。リアルタイムで今どの程度の快適性なのかが分かる指標ですのでこちらの記事も合わせてチェックしてみて下さい。

 ゲーミングPCのグラフィックボードの選び方

グラフィックボードについて分からないという方はこちらの記事もチェックしてみて下さい。

FPS・TPSはCPU性能も重要

ゲーミングPC=グラフィックボードが搭載されているパソコンという認識で間違いないです。

グラフィックボードの性能が高ければフレームレート(1秒あたりのフレーム数の事)を稼ぐ事が可能なのですが、実はCPU性能も画質設定下げ運用になるとかなり効いてきます。

画質設定を一番軽くして、とにかく敵に勝つことだけを追い求めるという時にグラフィックボードの性能が高ければフレームレートが出るのですが、グラフィックボードだけでは無くPCゲームはCPUも両輪の関係です。

GPUボトルネック(性能限界)が解消されると次に来るのがCPU性能です。CPU性能が高ければそれだけFPS値の底上げが可能なので、常に144FPSや240FPSでゲームをプレイしたいなどの環境の場合にはCPU性能も最上位クラスを選択するのがベストです。

基本的にはBTOで購入する場合はCPUもそれに合わせて最適化してある製品が多いので、そこまで気にする必要はありませんが、購入する際にはCPUの性能を気をつけて製品を選ぶのがいいと思います。

 ゲーミングPCのCPUの選び方

CPUについてはこちらでも書いています。競技性の高いタイトルでは、設定下げ運用がベターになります。するとCPU性能というのが極めて重要な要素になってきます。

FPS・TPSゲーマーならデスクトップPCがおすすめ

FPS・TPSゲーマーならデスクトップPCがおすすめ

FPSに限っては基本的にはデストップPCがおすすめです。

キーボードとマウスで瞬時に敵を判断したり、臨機応変な対応に追われるFPSでは本気で向き合う必要が出てきます。

性能的に最近のノートPCの性能は格段に上がっていてデスクトップPC並みに近づいている製品もあります。

しかし、デスクトップPCの方が性能が高くて安価で購入出来るのは間違いないので、FPSをやるのであればライトユーザーの方でもヘビーユーザーの方でもデスクトップPCがおすすめです。

CPUの性能に関してはデスクトップPC用とノートPC用では差があり、フレームレートを稼ぐという意味においてはデスクトップPC用CPUが極めて優れています。

安定したパフォーマンスを生み出す環境が重要

また、安定したPCデスクとPCチェアの環境に慣れていると、自分のパフォーマンスが今どの程度なのかという事を認識する事が難しいですが、違う環境でプレイすると安定したパフォーマンスを発揮できていない事を認識します。

PCデスクとPCチェア、自分にしっくり来るマウス、キーボード、サウンド周りは安定したパフォーマンスを生み出す環境です。

ですが、ノートPCしか置けない環境の方というのもいらっしゃると思いますのでその場合には工夫して自分にとってベストな安定した環境を構築する事をおすすめします。

FPS・TPSゲーマーなら最小フレームレートも割り込ませないのがベター

一瞬の勝負が重要では無いゲームでは、平均フレームレートで60FPS出ていれば合格点をあげられると思います。

しかし、FPSゲームの場合ほんのささいなフレームレートの低下でもその時重要な場面だとカクつきに対応出来ず、試合に負けてしまうなんて場合もあります。

最小フレームレート基準で考えた場合には常に余裕のあるフレームレートで挑むのが理想です。余裕を持った選び方をするのがおすすめな理由がココにあります。

  • フォートナイトで建築合戦をしている時にフレームレートが低下して試合に負ける。
  • PUBGで一瞬の勝負でカクついて試合に負ける。

こういう事態にならない為に、最小FPS値基準でも常に余裕のあるパフォーマンスを維持し続けるのが最適なFPSにおけるゲーミング環境になります。

有名FPSタイトルの推奨スペック一覧

CPUグラボメモリ
Counter-Strike: Global Offensive (CS: GO)Intel Core 2 Duo E6600VRAM 2GB2GB
BF5Intel Core i7 4790GeForce GTX 1060 6GB12GB
BF5(DXR)Intel Core i7 8700GeForce RTX 208016GB
BF44コアCPUGeForce GTX 6608GB
ApexLegendsIntel i5 3570TGeForce GTX 9708GB
PUBGIntel Core i5-6600KGeForce GTX 1060 3GB16GB
オーバーウォッチIntel Core i5GeForce GTX 6606GB
レインボーシックスシージIntel Core i5-2500KGeForce GTX 9608GB
CoD:BO4Intel i5-2500KGeForce GTX 1060 12 GB
CoD:BO4(競技用)Intel i7-8700GeForce GTX 108016GB
CoD:MWCore i5-2500KGeForce GTX 166012GB
CoD:MW(競技用)Core i7-8700KGeForce RTX 2070 SUPER16GB
CoD:BOCWCore i5-2500KGTX 1660 SUPER12GB
CoD:BOCW(競技用)Core i7-8700KGeForce RTX 307016GB
VALORANTCore i5-4460GeForce GTX 1050Ti4GB

以上の結果からGTX1660 SUPERがあると推奨スペックは満たせます。高フレームレートを出してゲーミングモニターでプレイする場合には、より性能要求が高まるので上位グレードのCPUとグラフィックボードが搭載されたゲーミングPCがおすすめです。

GTX1660TiでFPSゲームの快適性を検証!【ゲーム別fps付き】 今回はPCゲームの中でも人気が高いジャンルである『FPS』『TPS』と言ったシューターゲームに焦点を当ててGTX1660Tiの性能は...

FPSにおすすめなゲーミングPC

G-Tune HM-B-AF

G-Tune HM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-AF」は最新グラフィックスRTX3060搭載モデル。人気FPSゲームでも高fpsが出せるゲーミングPCです。

ガレリア XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-11700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ガレリア XA7C-R37は「RTX3070」を搭載しているので高fps出してFPS/TPSゲームで快適に使いたい方におすすめです。正面部分がLEDで光るのが新筐体のガレリアの特徴的な部分です。

人気ゲームで高画質144fps、画質調整して240fpsでプレイ出来ます。重量級FPSゲームのプレイにもおすすめです。

G-Tune PP-Z-3070Ti

G-Tune PP-Z-3070Ti
G-Tune XP-Z-LCCPUCore i9-11900K
グラフィックRTX 3070Ti (8GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
4TB HDD
ケースフルタワー

公式サイトはこちら

最新のRTX3070Tiを搭載し、CPU性能が高いCore i9-11900K搭載。メモリは重量級ゲームでも快適な32GBを搭載しています。

動画編集、実況・配信、高fpsを出してのFPS/TPSにおすすめのゲーミングPCです。

 「G-Tune EP-Z」の実機レビュー RTX3080搭載

ガレリア ZA9C-R38T

ガレリア ZA9C-R38T
ガレリアミドルタワーCPUCore i9-11900K
グラフィックRTX 3080Ti(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

公式サイトはこちら

トップレベルのCPU&グラフィックス性能を持つ「ガレリア ZA9C-R38T」。本格的に高フレームレートを出したい方におすすめのハイエンドモデルです。

 「ガレリア UA9C-R38」の実機レビュー RTX3080搭載

おすすめのゲーミングノートPC

ガレリア XL7C-R36

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36CPUCore i7-10875H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)
動作時間約 5.8時間
重量約 2.0kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

高性能なCore i7-10875HとRTX3060を搭載し、144Hz対応の高速リフレッシュレート採用モデル。FPS/TPSゲームも楽しめるゲーミングノートPCです。

G-Tune H5

G-Tune H5
g-tune-h5CPUCore i7-10870H
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(240Hz)
動作時間約 11.5時間
重量約 2.23kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune H5はグラフィックスボードにGeForce RTX3070が搭載し、圧倒的滑らかさの240Hz液晶搭載モデル。より本格的なモデルが欲しい方におすすめのゲーミングノートPCです。

プロゲーマー推奨モデルもおすすめ

マウスコンピューター

マウスコンピューター

マウスコンピューターのゲーミングPCブランドG-Tuneは日本eスポーツ連合(JeSU)の正会員です。

実際に実機レビューをしていますが、ハイスペックモデルはスペックが高くほとんどのゲームで快適にプレイ可能です。

YouTuberの方でもG-TuneのゲーミングPCを使用されている方もいたり、プロゲーマーの方も使っている方もいます。

G-Tune(マウスコンピューター)の実機レビュー このページではマウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」の製品レビューをまとめたページになります。また、G-Tun...

プロゲーマーモデルを見る

パソコン工房

パソコン工房

パソコン工房ではeスポーツ コラボゲーミングPC を展開しています。プロゲーミングチームとのコラボモデルも充実しています。

パソコン工房のゲーミングPCの特徴は、コストパフォーマンスが良い点です。特におすすめはミドルタワー型のモデルがおすすめです。

eスポーツ コラボゲーミングPCを見る

ドスパラ

ドスパラ

ドスパラのゲーミングPCはeスポーツ大会にも採用されているゲーミングPCです。

ドスパラのゲーミングPCはコストパフォーマンスが高く、モデルによっては配送が速いので、欲しいと思ったらすぐに自宅に届くのがドスパラの大きな特徴です。

YouTuberの方でもガレリアを使用されている方もいたり、プロゲーマーの方も使っている方もいます。

ドスパラ(ガレリア)の実機レビューまとめ このページでは実機レビューしたドスパラのゲーミングPCブランド「ガレリア」のゲーミングPCやゲーミングノートPCをまとめたページにな...
ガレリアの新筐体SKケースはLEDで光り ゲーマーの「相棒-sidekick-」を目指す 『BREAK THE NOMAL』をコンセプトにガレリアが新ケースにリニューアル。GALLERIA新筐体&新プロジェクト記者発表会で...

ドスパラのゲーミングPCを見る

おすすめピックアップ記事