バトルフィールド4の推奨スペック

公開日: : 最終更新日:2018/08/29

Pocket

construction_1p_1920x1080_R

バトルフィールド4ではAMDのMantleに対応しています。フレームレートも上がるのでバトルフィールド4ならGeForceよりRADEONに軍配が上がります。

ただ、GeForceの方が他のゲームの事など総合的に考えた場合はおすすめになります。

バトルフィールド4の推奨スペック

  動作環境 推奨環境
OS WINDOWS VISTA SP2 32-BIT (KB971512) WINDOWS 8 64-BIT
CPU AMD ATHLON X2 2.8 GHZ / INTEL CORE 2 DUO 2.4 GHZ AMD SIX-CORE CPU / INTEL QUAD-CORE CPU
メモリ 4 GB 8 GB
グラフィック AMD RADEON HD 3870 / NVIDIA GEFORCE 8800 GT AMD RADEON HD 7870 / NVIDIA GEFORCE GTX 660
グラフィックメモリ 512 MB 3 GB
ハードディスク 30 GB 30 GB

SnapCrab_NoName_2015-5-3_0-6-49_No-00_110215_043715_PM_R

メモリが推奨で8GBと多いように感じますが、実際マルチプレイでバトルフィールド4を動かしてみると6.5GB程度使われるので、4GBだとはやり少ないです。16GBは多い気がしますが、裏で配信をするなどといった事を視野に入れている場合は、メモリの容量は注意が必要です。

推奨がGTX660という事で現在主流のゲーミングPCなら間違い無く快適に動作します。

BF4のフレームレート参考動画

GTX1050

フルHD/60FPSを目指せるラインがGTX1050です。場所によっては60FPSを割っている場面も見受けられます。プレイできない事は無いですが設定を下げる必要はあるかもしれません。

GTX1050Ti

フルHD/60FPSに最適ラインがGTX1050Tiです。平均的に60FPSを超えています。

GTX1060

フルHD/80~120FPS出ているので高リフレッシュレートのゲーミングモニターと組み合わせて快適に動作するラインと言えます。コストパフォーマンスを考慮するとGTX1060が最適でしょう。

BF4の推奨スペックまとめ

当時は重かったですが、現在最新のグラフィックボードなら快適に動作する事が可能なので他ゲーを含めて快適にと考えるならGTX1060以上の構成がおすすめになります。

BF4におすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
NEXTGEAR-MICRO im610 OS Windows10
CPU Core i5-8500
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 240GB HDD 1TB
マザーボード B360
電源 500W
ガレリアXT
ガレリアKTケース外観 OS Windows10
CPU Core i7-8700
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 640GB、HDD 1TB
マザーボード H370
電源 500W
Pocket

🔺TOP