ベンチマーク

ゲーミングPCのベンチマークデータまとめ

当サイトで取得した実機レビューのベンチマークデータをまとめた記事になります。ゲーミングPCのパフォーマンスはグラフィックボードの性能で決まると言っても過言では無いです。

特に高解像度(4K)や高画質設定(ゲーム内最高画質設定)の場合にはより顕著になります。

また、CPU性能も重要になります。高解像度で高いCPU性能が推奨スペックとして記載される事が多いです。

更に、CPUは高fps(144fps/240fps/360fps)を出す際にグラフィックボードの性能を引き出して上げるイメージもあります。

こちらでゲームのパフォーマンスに関してチェックしたいポイントをまとめているのでゲーミングPCの選びの参考にしてみて下さい。

3DMark TimeSpy

GPU3DMARK TimeSpy(GraphicsScore)
RTX3090
18560
RTX3080
17136
RTX3070
13514
RTX2080Ti
13380
RTX2080 SUPER
11359
RTX2080
10799
RTX2070 SUPER
9757
RTX2080(N)
9665
GTX1080Ti
9221
RTX2070
8534
RTX2060 SUPER
8413
RX 5700
7740
RTX2070(N)
7725
RTX2070 SUPER(N)
7710
RTX2060
7543
RTX2070 MAX-Q(N)
7231
GTX1080
7112
GTX1080(N)
6752
GTX1070Ti
6701
RTX2060(N)
6524
GTX1660Ti
6151
GTX1070
6041
GTX1660 SUPER
5977
RTX2060(N)
5717
GTX1660Ti(N)
5461
GTX1660
5370
GTX1070(N)
5333
GTX1650 SUPER
4648
GTX1060
4165
GTX1650Ti(N)
3636
GTX1060(N)
3579
GTX1650
3427
GTX1650(N)
3411
GTX1050Ti
2318
GTX1050
1842
GTX1050(N)
1681
GeForce MX250(N)
1174

3DMark TimeSpyは3Dゲームのパフォーマンス(DirectX 12)を計測する定番ベンチマークソフトです。

数値は当サイトの実機レビューで計測した参考値です。構成内容や、使用する環境、その他の要因によって測定結果は変動します。目安として確認してみて下さい。

FF15ベンチマークFF14ベンチマーク

他にもFF14やFF15のベンチマークも取得しているので参考にしてみて下さい。FF14はCPUの性能も含めてチェックがおすすめです。FF15はダイレクトにグラフィックカードの性能が出ている印象です。

デスクトップPC
RTX30シリーズ
RTX 3090RTX3080
RTX 3070
RTX20シリーズ
RTX 2080TiRTX2080 SUPER
RTX 2080RTX2070 SUPER
RTX 2070RTX2060 SUPER
RTX 2060 
GTX16シリーズ
GTX1660TiGTX1660 SUPER
GTX1660GTX1650 SUPER
GTX1650 
ノートPC
RTX20シリーズ
RTX2080RTX2070 SUPER
RTX2070RTX2070 Max-Q
RTX2060 
GTX16シリーズ
GTX1660TiGTX1650Ti
GTX1650 

各グラフィックカードのグラボ別のベンチマークを取得しているので大体どの程度ゲームで快適にゲームがプレイ出来るのか?という部分を明確にしてゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。

グラボ別おすすめのゲーミングPC

コストパフォーマンスに優れるおすすめのゲーミングPCについてはこちらの記事でまとめているので参考にしてみて下さい。

CPUのベンチマーク

CPUに関しては高fps出してゲームをプレイしたい方はCore i7 / Ryzen 7以上のCPUがおすすめです。

フルHD/60Hz液晶を使用している方はCore i5 / Ryzen 5搭載モデルもコストパフォーマンスに優れているのでおすすめです。

【2020年12月】ゲーミングPCのおすすめランキング【選び方も徹底解説】おすすめのゲーミングPCを人気ランキングで厳選して紹介しています。ゲーミングPCのスペックの選び方、おすすめのメーカー、性能目安についての解説や用途別でもご紹介しています。...
おすすめピックアップ記事