CPUベンチマーク

Core i9-11900Kをベンチマークで性能比較

インテルの第11世代Coreプロセッサの「Core i9-11900K」のベンチマークと、他のCPUとの性能比較をしています。

Core i9-11900Kのスペック

まずはスペックを確認してみましょう。

製品名Core i9-11900KCore i9-10900K
コア数 / スレッド数8 / 1610 / 20
動作クロック3.5GHz3.7GHz
最大クロック(TB時)5.3GHz
対応メモリDDR4-3200DDR4-2933
グラフィックスIntel UHD
Graphics 750
Intel UHD
Graphics 630
キャッシュ16MB20MB
TDP125W
対応ソケットLGA1200

Core i9-11900Kは、8コア16スレッドで最大5.3GHzで動作するスペックとなっています。また、Core i9-11900Kは「Adaptive Boost Technology」に対応しています。

通常アクティブなコア数が多くなると最大クロックは下がりますが、環境次第で動作クロック低下を抑止する効果があるようです。

検証機材のスペック

今回の検証に当たっての機材は以下の表の通りとなっています。

 検証環境
CPUCore i9-11900K
CPUクーラー水冷CPUクーラー(280mm)
CPUグリスダイヤモンドグリス 親和産業 OC7
グラフィックRTX 3080(10GB)
RTX 3070(8GB)
メモリ32GB(DDR4-3200)
マザーボードZ590

RTX 3080、RTX 3070の私物とCore i9-11900Kでデータを取得し、過去の実機レビューで取得したデータと合わせて比較していきます。

CINEBENCH R20

Core i9-11900K

Core i9-10900K

CINEBENCH R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。マルチの性能差は若干Core i9-10900Kの方が高い結果になりました。ただ、シングルのスコア差はかなりありますね。

製品名CINEBENCH R20(マルチ)
Ryzen 9 3950X
9105
Ryzen 9 3900X
7153
Core i9-10900K
6271
Core i9-11900K
6122
Ryzen 7 5800X
6020
Core i7-11700K
5550
Core i9-10900X
5530
Core i7-10700K
 4954
Ryzen 7 3700X
4734
Core i9-9900K
4577
Core i7-9700K
3678
Core i7-10700
3603
Ryzen 5 3600
3453
Ryzen 5 3500
2573
Core i5-9400F
2389

当サイトで計測したCINEBENCH R20のマルチスコアのベンチマーク比較になります。

マルチのスコアで比較するとCore i9-11900Kは2コア少ないけれど、Core i9-10900Kに近いスコアとなりました。

3DMARK

3DMARKのTimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
Core i9-11900K
RTX3080
16296
Core i9-10900K
RTX3080
16079
Core i7-11700K
RTX3080
15928
Core i7-10700K
RTX3080
15465
Ryzen 7 5800X
RTX3080
15289
Core i7-10700
RTX3080
14938
Core i9-11900K
RTX3070
13431
Core i9-10900K
RTX3070
13213
Core i7-11700K
RTX3070
13085
Core i7-10700K
RTX3070
12794

Core i7-11700K以外は実機レビューで取得した数値です。

ハイエンド構成になるとCPU性能の差が出やすくなるのでハイエンドモデル(RTX3080)の場合にはCore i9 / Ryzen 9搭載の構成がおすすめです。

RTX3070だとコストと性能のバランスに優れるCore i7がおすすめです。

Core i9-11900KはCore i9-10900Kより高いパフォーマンスが出ています。

FF15ベンチマーク

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。12,000スコアで非常に快適になります。

構成スコア
Core i9-11900K
RTX3080
15356
Core i9-10900K
RTX3080
14672
Core i7-11700K
RTX3080
14586
Ryzen 7 5800X
RTX3080
13922
Core i7-10700K
RTX3080
13449
Core i9-11900K
RTX3070
12971
Core i7-11700K
RTX3070
12655
Core i9-10900K
RTX3070
12577
Core i7-10700
RTX3080
12475
Core i7-10700K
RTX3070
12197

解像度はフルHD(1920×1080)、高設定で比較。

Core i9-11900KはCore i9-10900Kより高いパフォーマンスが出ています。

FF14ベンチマーク

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。7,000スコアで「非常に快適」評価となります。

設定FPS
Ryzen 7 5800X
RTX3080
24841
Core i9-11900K
RTX3080
23852
Core i9-10900K
RTX3080
23383
Core i7-11700K
RTX3080
22872
Core i9-11900K
RTX3070
22382
Core i7-10700K
RTX3080
21804
Core i9-10900K
RTX3070
21434
Core i7-11700K
RTX3070
21339
Core i7-10700
RTX3080
21153
Core i7-10700K
RTX3070
20315

解像度はフルHD(1920×1080)、最高設定で比較。

Core i9-10900Kと比較するとCore i9-11900Kはパフォーマンスの向上を確認できます。

まとめ

前世代のCore i9-10900Kから順当にゲーム性能が進化しているので、Core i9-11900Kはゲーム用途としておすすめのCPUです。

性能だけでなく、PCI Express Gen 4.0の対応、DDR4-3200メモリの対応などのメリットもあるので、インテル第11世代搭載モデルをチェックしてみて下さい。

第11世代インテルCPU搭載のおすすめゲーミングPC

最新の第11世代インテルCoreプロセッサー搭載のおすすめゲーミングPCもご紹介します。

ドスパラ

ドスパラ

公式サイトはこちら

ドスパラ(ガレリア)では第11世代インテルCoreプロセッサー搭載モデルのゲーミングPCが登場。

ガレリアのゲーミングPCは商品ラインアップが多く、価格のコストパフォーマンスにも優れるモデルが多数。配送も速いので人気が極めて高いBTOメーカーです。

マウスコンピューター

G-Tune

公式サイトはこちら

マウスコンピューター(G-Tune)では日本eスポーツ連合(JeSU)公認の第11世代インテルCoreプロセッサー搭載モデルのゲーミングPCが登場しています。

 G-Tune HN-Z-J(JeSU公認PC)

コストパフォーマンスに優れるモデルが多く、品質やサポートにも定評があり人気が高いBTOメーカーがマウスコンピューターです。

パソコン工房

パソコン工房

公式サイトはこちら

パソコン工房さんでも第11世代インテルCoreプロセッサー搭載モデルのゲーミングPCが登場しています。

コストパフォーマンスに優れるモデルが多く、商品ラインアップも豊富です。人気も高いBTOメーカーがパソコン工房です。

おすすめピックアップ記事